2021年05月11日

会の岩講習でまた黒岩にいってきました。

  • 日にち:2021年5月9日(日)
  • 山域:榛名山・黒岩
  • メンバー:政・岡田・山田・K氏・内海・他1
  • 天気:晴れ

当初は有笠山にする予定だったけど、急遽体験参加1名が加わって黒岩に行くことにする。4日ぶり…

岡田さん宅に集合して、高崎のセブンで待ち合わせたT氏と合流して駐車場へ到着。車は先週よりも大分少ない。

簡単に紹介を済ませて岩場へ。

午前は2手に分かれて登ることにする。初心者のT氏を政と岡田さんで見る。

  • 西稜 元蕁Г覆鵑久しぶりに登った気がする。T氏は出だしで苦労した模様。

Dscn2591

TRのほうが良いんじゃない?ってことでオケラ5.8に移動。それぞれ登って夏子5.8をやってランチ。
山田たちは、18番ルンゼ・西稜・ヤンキー稜と登ったみたい。

午後は、T氏には見学しててもらって、ひっくり返しの大岩でFIXロープを張って宙吊りからの自己脱出(ロープ登高)の練習をしました。
ビレイヤーの脱出まで出来なかったけど、理屈は一緒なんで、またの機会にやりましょう!

Dscn2592

講習っぽいことをやった後は、またそれぞれ登る。

  • 黒岩老眼鏡 5.10b/c
  • 岳友会 5.9
  • 5.7
  • ツル 5.11b

16時までやってシューリョーとなりました。
急遽ガイド役をお願いすることになってしまった岡田さん、色々とありがとうございましたm(__)m



(16:30)

2021年05月08日

合宿から帰って翌日、唯一の晴天日なんで、クライミングに行ってきました。

  • 日にち:2021年5月4日(火)
  • 山域:榛名山・黒岩
  • パーティ:政・岡田
  • 天気:晴れ

前日まで古賀志に行こうと思っていたが、帰りの渋滞が分からないんで、急遽黒岩に変更する。

駐車場に着くと8割ほど。水が無いことに気づき榛名湖まで買いに行く。

2人なんでいつものとこよりも下に陣取ったが、通り道だったらしい…

  • 岳友会 5.9:相変わらずアップにならず本気。
  • 夏子 5.8:濡れてそうに見えたが核心は大丈夫だった。
  • ツル 5.11b:岡田さん奮闘。
  • 柿ドロボー 5.10b:ムズイ。上部の核心でギブ。選手交代

ランチタイム。久しぶりのサラスパ旨し!岡田さんは湯をこぼしてペヤングにポカリ混ぜてた(笑)

Img_0306

  • 柿ドロボー 5.10b:気合を入れたが、上部の核心越えられず。
  • キョンシー 5.10c:岡田さんRP
  • オケラ 5.8:もう手が残ってなかった。

早く体重落とさないと本数だせましぇ〜ん(>_<)



(18:00)

春合宿の報告です。

  • 日程:2021年5月2日(日)〜3日(月)
  • 山域:北ア・鹿島槍ヶ岳東尾根
  • パーティ:政・山田・加藤・西妻・内海
  • 天気:雨のち雪

5/2
本庄(4:00-7:00)大谷原(8:37-13:00)1890m尾根上泊

5/3
1890m尾根上(8:13-10:10)大谷原〜大町温泉郷・食事〜15時本庄

GWは、ず〜っと天気予報とにらめっこして頭抱えてました(+_+)

4日以外全部悪い(-_-メ)当初予定していた剱岳は中止して、一縷の望みを賭けて鹿島槍ヶ岳東尾根に行くことに。

朝から雨(-_-メ)全然行く気になれないが、1日悪いんで、早めに出て早めに幕営して、濡れたものを乾かそうという算段で出発。

Dscn2581
稜線は雲の中。

取付きから早速の藪漕ぎであっという間にビショビショになる。

Dscn2583

1500m過ぎまで雨で、雪に変わると風が強まってきた。一の沢の頭から先まで行くと風を避けられないので、手前の1890m尾根上に整地してテントを張りました。

翌日も午後から悪い予報。鍋を食べてまあまあに飲んで就寝。

翌朝、5時に起きる。明るくなったけど上部は相変わらず。ラーメン食べながらみんなで相談するが、翌日は晴れるから予備日を使って抜ける選択肢もあるけど、5日も悪い予報。帰ることにしました。

Dscn2585

下山中3パーティ上がっていったが、果たして登れたのだろうか?

取付きまで降りて振り返ると、相変わらず稜線は雲の中で、後ろ髪を引かれることはなかった。

大町温泉でゆっくり汗を流して、今回唯一の収穫「テンカラ」でランチしました。過去2回営業してなかったり満席で入れなかったりで初めて行けました。生姜焼き定食は美味しかった(^^)/西妻が信じられない量のチキンカツカレー大盛をペロリと平らげてた。若いっていいな…

帰ってきたら、GWの山岳遭難が多かったみたいですね。

教訓:寒気入ってるときにお天道様に逆らってはいけない。

皆さんお疲れ様でした。



(16:00)

2021年05月06日

GW。近場組で古賀志へ行ってきました。

日にち:2021/5/2 晴時々曇り・ちょい雨
メンツ:岡田・荒川・K


道は順調。Pは空いてたが、前泊の人が有料に止めていた。珍しいね。体調不良ではないのに、やたらアプローチが長く感じる。
202105-IMG_2016

・水漏れ 
・ウルトラマン
・クウ
・競技会直上
・鼻カンテ
 

ランチタイム。なーんとなく雲行きが怪しくなったんで、荷物は片付けておく(-_-メ)

・粉や
をやってたら、雷が鳴り始める。雨もポツポツ。午後から荒れるとの予報通り。Kが登り切るのを待って、撤収。


空は明るくなったりしたが、降られるのは嫌だったんで、迷いなく下山した。道中、基本晴れてるんだけど、特に後悔はなし。時間つぶしでボルダージムへ行くことにする。いい筋トレになりました。

(17:00)

2021年04月27日

日曜日は、3年連続で八ヶ岳東面に行ってきました(^^)/

  • 日にち:2021年4月25日(日)
  • 山域:八ヶ岳・権現岳東稜
  • パーティ:政・山田・K・内海
  • 天気:晴れ時々雪

本庄(3:00-5:00)美し森P(5:10-7:15)出合小屋(7:30-8:15)東稜取付き(9:15-12:45)バットレス取付き(13:00-15:55)稜線(16:15-18:00)ツルネの頭(18:10-20:00)出合小屋(20:00-22:00)美し森P

春合宿のプレ山行ということで計画しました。4回目の計画です(+_+)二度中退してるんで、三度目の正直なるか?

3時にK氏が来て出発。緊急事態宣言の影響か?道はガラガラで5時前に着いた。現地集合の2人は既に到着していて、準備してすぐに出発する。

Dscn2567
シカの骸骨に地獄谷入口。悪趣味じゃない?(+_+)

出合小屋まで雪は皆無。それでもキッチリ2時間かかる。何度来ても長い…(+_+)

権現沢左俣に入っても雪が少ない。踏み抜かないようにルーファイしながら詰め上がる。

Dscn2569
権現沢二股。雪が…

Dscn2571

途中内海さんが体調が悪いらしく、3人汗だくなのに1人だけ寒いと言う。ゴルジュを出て東稜の取付きルンゼにも雪が無い。前回少しでも標高を稼ごうと色気を出してザイルを出す羽目になったんで、ルンゼの右寄りから稜に上がった。内海さんに体調確認すると大丈夫そうだということで、続行。

前回ここからラッセルに苦しみ時間を喰ったが、今回は雪も締まっていて歩きやすい。でもバットレスはまだ遥か上(>_<)

Dscn2573
ヒーコラ登ってようやくナイフリッジ。雪が無いんで、政がフリーで行くが、後続が不安なんで山田にザイルを出して登って来てもらう。

やっとバットレス基部に着いた!去年より2時間早いが、それでも13時。ヘッデン下降はもはや想定内ってことで、いざクライムオン!

Dscn2574
1P目 元蕁40m 政オールリード
出だしのバンドトラバース5mでザイルが屈曲して、超重たかった。手袋外してガチモードになる。

Dscn2577
2P目 検棔45m
出だしのちょいハングが面白い。K氏は初のアイゼンクライミングで浮石に苦戦。

3P目は2,3手岩を登ってあとはほぼ歩き。実質2.5ピッチのルートですね。

ロープを畳んで、20分ほど登ると縦走路に出た。山頂に出るのではないのね(+_+)

時間は16時。補給だけ済ませて下山にかかる。ツルネの頭を目指して、まずは旭岳へ登りの下山。

北面の下降も雪が氷化してなく、アイゼン無しで下るが、K氏が不安そうなのでアイゼンを着けてもらう。

18時ようやくツルネの頭で休憩。ヘッデン準備して東稜を下る。途中で100mほどトラバースして尾根を踏み替えるとこがあり、ここを明るいうちに通過できたんで良かった。樹林帯に入ると何か所か氷化していたが何とか上ノ権現沢出合まで降りて休憩。装備を解く。

後は消化戦。黙々と歩くのみ。途中で携帯の電波が入ったので、会に下山遅れの連絡を「みんな元気です」と入れるが、林道では全員終始無言で棒になった足と各々戦ってた(T_T)

22時懐かしの愛車を見て体中の力が抜けた。

山田と内海さんと別れて帰路へつく。眠くて途中仮眠を取ろうかと思ったが、何とか24時過ぎに無事に帰宅した。

実に17時間行動。やっと登れた権現岳東稜だけど、やり切った充実感よりも「終わったし、もう来ない」という、呪縛から解放された感のほうが正直なとこである。まだ旭岳東稜を残してるけど、忘れたころにまた来よう。付き合ってくれた皆さん、大変お疲れさまでした。

 

 



(17:30)

2021年04月20日

先週末は黒岩へ行ってきました。

日にち:2021/4/18 晴
メンツ:岡田・K

快晴だが前日雨はしっかり降った模様でのんびり9時発。黒岩に着くと先行3台。心配してた状態だが、
基本乾いていたが、何か所か滝が流れていた。いつものとこに陣取り、いつものように上へ向かう。

・西稜 アップ。風があって寒かったが、止むと暖かい。
202104IMG_1991 (002)

ヤンキーは一部濡れてたんで却下。18Rは言わずもがな。下に降りるも、オケラは外人Pが占領、岳友会は濡れてて、夏子も水没。で、もっと下へ降りたら空いてた。

・チェス 相変わらずムズくて疲れる。K奮闘(-。-)y-゜゜゜激しく消耗したようだが、超楽しいと言っていた。

ランチタイム。控えめに。。。

・老眼鏡 やっぱこれ5.10bcではないよ。簡単だもん。KはFL逃す。

・隣の5.7 KがMOS。岡田は直上やったが3回落ちて激しく消耗。諦めて左から抜ける。

帰るにはちょっと早いから、やるのねーかなーと物色して、岳友会やるかと悩んでると、他Pが登り始めてしまい、寒かったんで、帰ろうかとなる。のんびり片付けてたら15時になり、ちょうどいいや(-。-)y-゜゜゜

もっと暖かいと思っていたが、風はあるし、太陽も結構隠れてて寒かった。フリーは防寒大事ですな。まー触れただけでよかったです(^^♪


(18:00)

2021年04月15日

連ちゃんでフリーです。

  • 日にち:2021年4月11日(日)
  • 行先:古賀志山
  • メンバー:政・岡田・K・内海
  • 天気:晴れ

前夜の酒が効いてて、完全な二日酔い。全く頭も回らずうだうだ準備して10分ほどみんなを待たせてしまった(>_<)申し訳ございません。

駐車場に着くとすでに満車(>_<)初めて下の有料¥300に停める。準備して出発すると神社で何やら祈願祭をやっていた。

不動滝の広場に着くと何とかいつものとこに陣取れたが、後から続々とやってきて大盛況だ。

のっそりと準備するが頭が痛い。空いてるとこしか登れないんで、競技会でアップ。岡田さんにヌン掛けお願いする。するとK氏が粘って見事にOS!ちっと目が覚めました。

  • 競技会ルート 5.9:RP。
  • 若人返し 5.10ab:RP。内海さんが奮闘するも乗越越えられず(T_T)
  • ウィズアウト・ユー 5.11a:岡田さん奮闘。 

Dscn2561

Dscn2562

ランチ後、簡単なのが空いたんでやる。

  • 水濡れ伸介 5.8:K氏がMOS。内海さんまた奮闘。
  • 鼻カンテ 5.10b:手順覚えてないとムズイ。
  • 死亡遊戯 5.11a:岡田さん奮闘。
  • 粉屋の娘さんルート 5.9:内海さんがTRで登るが落ちてからルートに戻れず下から引っ張ったりして大騒ぎで面白かった。
  • 沙羅ちゃん 5.8:粉屋のTR回収便。

Dscn2566

うちらにしては珍しく16時過ぎまでやってシューリョー。




(18:30)

2021年04月14日

週末はフリーに行ってきました(^^)/

  • 日にち:2021年4月10日(土)
  • 山域:有笠山
  • メンバー:政・岡田
  • 天気:晴れ

久しぶりの週末晴天。朝起きると寒い(+_+)

岡田さんを乗せて高速へ。順調に偏屈岩へ到着すると貸し切りでした(^^)/

F1で準備するが寒い。

  • ハローミッチエル 5.10a:岩が冷たすぎて指の感覚が無い。
  • 大統領 5.10b:1テン
  • 掟破り 5.10d:岡田さんがヌン掛けして、2便目で見事RP。
  • 全国平均の男 5.10b:ヌン掛けして、2便目でRP。
  • ハッピーマンデー 5.10a:クリップ怖いしホールドが痛い。グレードよりムズイよ。
  • 有笠2000 5.10c:岡田さんRP。

Dscn2558 

Img_0292

ランチはF2のいつもの広場でポカポカでした。


 



(17:00)

2021年03月22日

先週、通行止めが解除されたんで早速行ってみる。

日にち:2021/3/20 曇ときどき小雨
メンツ:岡田・吉松・アラリバ氏

Pには4台。空いてるねー。気温は6℃。予想以上に寒いなー。いつものとこに陣取り、上に行く。


・西稜 動く岩がさらにグラグラになっていた。寒いんで、上で待つのは嫌だってことでTRにする。岩が冷たい(=_=)
・18番ルンゼ 核心部がネットリしてるかんじ。岩が冷たい(=_=) なんか顔に水分を感じる(-_-メ)
・ヤンキー これって小雨じゃね?

ランチタイム。陣地に戻ると荷物がしっとり濡れていた。マジか(>_<) あったかいラーメンを流し込むが、寒いし濡れてるしで帰りたくなる。が、まだ飲み屋はやってないんで、ここからは時間つぶし。

・夏子 完全ガスの中に入ったようで、何もかもシットリしている。アルパインじゃねーんだから。
202103-IMG_1942
アラリバ氏が時間を稼いでくれて、14時半になったんでシューリョー。急いで支度して車に戻る。いやー寒かった!道路も少し濡れてた。こんな天気でよくがんばりました。

下界は降ってない模様(-_-メ)

(20:00)

2021年03月18日

日曜日は1年ぶりの二子山に行ってきました(^^)/

  • 日にち:2021年3月14日(日)
  • 山域:秩父・二子山
  • パーティ:岡田CL・政・K
  • 天気:晴れ&強風

上里(8:00-9:30)二子山P(9:40-10:00)中央稜取付き(10:20-13:00)西岳山頂(13:10-13:40)又峠〜祠エリア〜(15:00-15:30)二子山P〜上里16時半

土曜日は、ジムでクライミング。雷も鳴り響く荒れ模様。アガリで飲んでるときに岡田さんがレーダーで調べると二子近辺はほとんど降ってないとのことで決行した。

できるだけ乾いてから登りたいってことで、8時にゆっくり集合。岡田さんと政は完全に二日酔い(>_<)

順調にいくが道路はWET(+_+)神流を超えるとだんだんと乾いてきた。

駐車場に着くとすでに満車で大盛況!仕方なく路駐する。又峠まで15分ほどの登りで頭がガンガン痛くなり気持ち悪い。岡田さんも同様。

取付きにつくと風が吹いて寒い。全くやる気が出ず岡田さんにリードをお願いする。

Dscn2549
思っていたよりも岩は乾いていたが、冷たい(>_<)

Dscn2552

Dscn2554
3ピッチ目 久しぶりのフォローだしフリー突破なんて思いもあったが、全然そんな体調じゃ無かった。

Dscn2557_20210318115501

終始強風にさらされて寒いし指も感覚が無かった。岡田さんオールリードお疲れ様でしたm(__)m
最後は岡田さんが初めてという直登ラインを登ってシューリョー。

山頂も風が強くさっさと降りて祠エリアでランチ。こちらは風も無く日が当たり天国でした。

話がピーマン5.10bcを1本ずつ登ってあがりました。

 

 



(14:53)

2021年03月11日

 2年ぶりの冬の谷川に行ってきました(^^)/

  • 日にち:2021年3月7日(日)
  • 山域:谷川岳・一ノ倉沢左方ルンゼ
  • パーティ:政・山田
  • 天気:晴れ

本庄(2:00-3:30)ベースプラザ(4:00-5:30)一ノ倉沢出合(5:45-6:30)左方ルンゼ取付き(6:30-11:00)F5上部(11:00-13:00)雪壁2ピッチ目〜同ルート下降〜16時一ノ沢出合(16:00-17:00)ベースプラザ〜19時本庄

今回は絶好の天気に恵まれたので、前回悪天候で敗退した左方ルンゼに決定。大明神も一緒だし(^^)/

2時に集合して出発。コンビニ寄って高速へ。こんな時間なのに車が多い(>_<)自粛は終わった模様…

ロープウェイPに着くと1階はほぼ満車だった。準備して出発。

Dscn2533
出合に着くとすでに登り始めているヘッデンが多数見えた。1パーティ3スラか?本谷筋に2パーティ先行が加藤さんたちか?中央稜基部にも1パーティいた。盛況ですな。

うちらは一ノ沢を詰める。珍しく先頭に立ったがすぐに抜かれる。

Dscn2537
前回来た時よりもこちらは少ない感じだった。

Dscn2538
久しぶりの雪に脹脛が悲鳴を上げた。取り付きにつくとどうやら貸し切りの模様。他はみんな東尾根だった。

登攀準備して山田リードでクライムオン(^^)/F1の取付きの一歩がシュルンドでハング気味のスタートになるんで、一応ロープを出した。

Dscn2539
F2も傾斜が緩く氷も柔らかく簡単。

Dscn2540
F3山田リード。一番立ってるとこが最も脹脛が楽だった。

Dscn2543
F4上部雪面 政リード。途中まで雪面歩き。チムニー滝まで突っ込もうと思ったがロープスケールを見誤りクライムダウンしたりして時間を食ってしまった(>_<)

Dscn2546
チムニー滝 山田リード。支点さえ取れれば意外と難しくない。

上部雪壁を2ピッチ伸ばして、時間は13時。中間稜までまだ結構ある。そして政は脹脛がすでにパンパン(>_<)

山田と相談し、降りることにする。

有名なルートだし毎年数パーティ入っているはずだが、全く支点が取れない。2人でハーケン3枚。捨て縄5本出し合って取り付きまで戻りました。

今回はアイスルートということもあり、縦爪アイゼンで行ったが失敗(>_<)絶対に平爪がいいです!これノコ沢の時にも学んだはずなんだけど忘れてました。アイスセクションは概ね簡単。でも雪壁やら草付きやらでとにかく脹脛を喰われました。

ドピーカンで最高の尾根歩きを逃してしまいましたが、また来たいと思います。



(15:00)

2021年03月01日

先週で終わった感のあったアイスだが、週末まで平年並みの冷え具合。フリーって決めていたが、ちと寒いかんじなんで、しょーがなしにアイスしてきました。行先は先週の画像があった鏡岩。

日にち:2021/2/28 晴
メンツ:岡田・K


朝7時出。もーそんなモチベーションです(-_-メ) 結構冷え込んだなあ。2時間弱で到着。前回登った左から2番目が大丈夫そう。あとは厳しいね。

雪は皆無でホント春の様相。早速滝へ行き登る。
202102-01IMG_1914

しばらく続く緩傾斜でふくらはぎが悲鳴を上げる。核心部はだいぶ細くなってしまい、ルートは限定。氷自体は問題ないが、所々溶けたようで、いちいちハング気味になった。

ランチをはさんで数回登り撤収。風のない晴天でアイスも終わりやねー(-。-)y-゜゜゜



(20:00)

2021年02月24日

先週末は尾白川下流域に行ってきました。寒気が続かず、暖気と交互する変な陽気。先週に続き20℃、しかも3日連続な予報。さすがにモチが下がってきた。なわけで、外れても後悔しない範囲を考えたら、ここができてました。初めてだし、アプローチ近いし、なんなら宴会山行ってかんじ(-。-)y-゜゜゜

日にち:2021/2/20-21 晴 暑い!
メンツ:岡田・政・山田

林道途中に20mほどの大崩壊地。砂地でズルズルなかんじ。1時間10分ほどで宿泊地の東屋に到着。テント3張り。そこがガンガノ沢で錦滝が目の前にあった。

202102-01IMG_1865

一見、ダメだこりゃと思った。とりま、幕営準備。で、平田か岩間へ行こうとなる。

5分かからず最初のルンゼ。100m近く上に氷が見えた。これが平田か?確証はないが、氷までの歩きが嫌だったんで、さきへ行く。また5分かからずプチ崩壊地と氷。どこだんべえ?

202102-02IMG_1872

まだ場所はわかってないが、10m4級なら登るでしょ!

山田リード。すぐに終わってTRかと思っていたら、ほぼザイルいっぱいまで伸ばす。おいおい変なとこ登らすなよーって思ってたら、ナメ床が続いてた。

先にも立ってる氷が見えたんで、さらに50m歩くと、ゴルジュに小さいのがかかってた。
202102-03IMG_1882

ここで岩間ルンゼと気が付く。なるほど、ちゃんと凍ればトポと一致するなあ。山田続けてリード。出だしが3mの垂直だが、引っ掛け穴が空いてて楽勝。上のCSには氷がないってことで、TR設置。登ってみて、4+級なかんじ。2回ほど遊んでシューリョー。クライムダウンと懸垂1回で取付へ戻る。

それにしても暖かい。待ってても全然寒くないと、アイス的にはモチはだだ下がりなのだ。15時前だがこれでシューリョー。5分でテントに戻った。焼肉でおっぱじめる。

翌朝。7時前に起床。翌朝の錦滝はさらにダメになってた。結局11時下山。なんか崩壊地は来た時より悪くなってた。下界は春の陽気。

もう気持ちがアイスには戻らないと思ふ(-。-)y-゜゜゜



(09:22)

2021年02月16日

どっかの公園で泊まった翌日。当然の二日酔いの3人にKが加わった。ちょっとだけ相談し、犬殺しは無理となり、歩きの少ない神津牧場へ行くことにする。

日にち:2021/2/14(日) 晴
メンツ:岡田・政・山田・K

先客2台。その後2P到着し大盛況。30分ほどダラダラして準備。だるい体を引きずっていく。広場は混んでるだろうから、久しぶりにまだ氷の見えたナバホへ行く。

入門の砦。ギリギリやね。
202102-01IMG_1829
元気なKをよそにダルダルな3人。気を使って山田がリード。待ってる間、周りからの自然落石が多かった。



小滝を2つ越えてナバホ。
202102-02IMG_1831

35m4級。
直前にゲロを吐いた山田リード。体が軽くなったか?
202102-03IMG_1834
ここは下部のみ。いくらかシブいてるようで、独り言を言いながら登ってたが、柔らかいらしく、バイルはほぼ一発で決まっていた。イチョウー最上段まで登ってTR設置。

202102-04IMG_1839
Kは最上部まで登ったが、岡田と政は下部のみ。もー十分です(-_-メ) Kがもう1本登り、最後に山田が回収してシューリョー。


懸垂2回で戻り、ランチ。あとはテキトーに入門の砦を回してるシューリョー。もう、ここも終わりですね。道の駅で解散しお開き。下界は18度とな。やばい、モチが下がってきた(-_-メ)


(20:00)
先週末は泊りで近場の西上州で遊んできました。

日にち:2021/2/13(土) 晴
メンツ:岡田・政・山田

初日は政たっての希望で、昇天の氷柱。朝7時出。遅いけど、この気温じゃ氷がつながってるとは思えなかったんで、それなりの出発だった。道中も雪はほとんどなく、諦めムード全開(-_-メ) 車3台あったが、全部登山だろう。のんびり準備。寒くねーなあ。

一人だけ気合の入ってる政はザック置いてくとのこと。ヤツのここまで気合の入った姿は初めて見た。でも、言われるまでヘルメットを忘れてたのは、やっぱアホだなあと思ふ(-。-)y-゜゜゜

道は北面に氷下した雪がついてて面倒だった。稜線にでてからのアップダウンに閉口するも、風のない晴天にホッコリする。一杯水まで一気に行き休憩。これが政の気合(*'▽') すでに準備OK!
202102-01IMG_1781

ここからトラバース。トレースないんで、当然一番乗りだと思っていたら、後ろからすごい勢いの男女が着いてきた。バイル背負ってるんで声をかけると、「昇天」とのこと。少し行くとトレースばっちりになって、今シーズン結構な人数が入ってる模様。FIXもあり、9年前とは隔世の感。メジャーになったんだね。到着すると、どーやら2番手の模様。

1Pはよく凍ってました。これは想像通り。待たせちゃ悪いんで、早速準備してく登り始める。敬意を表して、政のオールリード。

1P 30m 4+級(プラス6級クラスの洞穴抜け)
202102-02IMG_1789
下部は80度ほどのスッキリとした氷。柔らかくて登りやすい。んが、問題は2段目にある洞穴。先行Pも抜けてたんで、大丈夫とタカをくくっていたが、どーにもならんらしい。で、動かなくなったりして、なかなか時間かかって突破。

202102-03IMG_1791

セカンドは山田。岡田も後に続く。で、問題の洞穴。
202102-04IMG_1799

こりゃー狭い!体的に山田が一番太いんで、とてつもなく難渋してた。ザックはもちろん、ガチャも全部外して、ぶら下げてなんとか突破。状況によるだろうが、左の凹角から抜けられるみたいで、残置もあった。で、岡田もバンザイして突っ込み、動くとこ全部ちょこちょこ動かしてなんとか突破した。いやー疲れた。あとは5m登ってシューリョー。氷の記憶は全部すっ飛び、洞穴くぐりだけが記憶に残った。後続Pは泥まみれで左の凹角を登ってきた。何なんだ、この面白いピッチは!9年前と水流れが変わっていた。

2P 30m 3+級 右岩を登って戻って氷に取り付く。前回と全く一緒。あとは簡単なナメ。
202102-05IMG_1801

3P下に着くと、先行は敗退とのこと。

3P 25m 4+級
202102-06IMG_1806
氷が柔らかい上に穴ぼこだらけで拍子抜けでした。おかげで落氷も少なく快適(^^♪


4P 25m 4級
202102-07IMG_1814
完璧な逆お椀に感動(T_T) 前はちっこい円盤だったのに。それにしてもでかいなあ。直径2mか。厚みも十分で壊すのは不可能だから右端が壊してあった。右壁のボルトは氷の中か?抜けたあと、氷が少なく簡単なMIX。


ふう、無事完登。ぜーんぜん寒くなかった。風もないし。ガチャ整理して下山。

9年ぶりの昇天の氷柱だったが、気温といい氷の状況といい、別物であった。柔らかい氷に穴ぼこだらけ。入山者も多いのだろう。以前も感じたことだが、トポほど難しくはない。ルート図も違ってて未だに初登時のものを使ってるし(-_-メ)

内山峠(845-955)一杯水(1010-1035)取付(1055-1455)山頂台地(1515-1635)内山峠


(18:00)

2021年02月08日

昨日は2年ぶりに日光雲龍渓谷に行ってきました。雲龍瀑はいーかんじに凍って、登られてるようだが、前日と当日の高温で溶けてると思い、あきらめていた。

日にち:2021/2/7 晴
メンツ:岡田・政・K・他1

朝4時半と久しぶりに超早出(-_-メ) 日光は遠いのう。明らかに気温が高い。うむう、氷あるんだろうか?洞門岩で一服。長いなあ。川に降りると鉄骨で渡渉するようになってた。地形が変わったね。そのまま渡渉なく左岸尾根へ。

やっと渓谷に到着。溶けかけていたが、氷はあった。
202102-01IMG_1758
2段ナメはOK。燕岩の氷柱はムリ。雲龍瀑を見ると登ってるPあり。よくこんな日に登るなあ。2P目は氷自体は大きいが、でっかい穴が空いてて不可。でも、あと20分で1P目も太陽が当たるだろう。

2段ナメの上流の滝。もうちょっと太ければ。
202102-03IMG_1766

2段ナメの下流。下部に氷がない。
202102-04IMG_1767

なことで、予定通り2段ナメを登る。政リード。
202102-02IMG_1764
30mで4+級。雪が着いてなくスッキリしている。TRで右の氷柱から登ってみるが、出だしが大変デリケート。壊さないようにそっと登ると消耗した。


あとはひたすら回したが、とにかく観光客が多く、落氷に気を使った。最初はよかったが、すぐに日陰になり、風もあったんで結構寒い。雲龍瀑は途中で断念した?

午後も回して14時過ぎに終了。観光客は全くいなくなってて、静かなもんである。風が止んだと思ったら、小雪が降ってきた。帰りもやっぱり暑かった。いっぱいだった車はほんの2-3台。

もう雲龍渓谷は終わりかなあ。現状維持が精一杯な雰囲気です。

ゲート前(645-750)洞門岩(800-845)雲龍渓谷(1450-1630)ゲート前

(20:00)

2021年02月02日

先週末は倉渕の天衣の滝へ行ってきました。


日にち:2021/1/31 晴
メンツ:岡田・政・K・他1

当初予定の吾妻不動滝。F1まだまだ。F2はつながってない。
202101-01IMG_1738


ハシゴする予定だった世立八滝へ移動したものの、先行Pありでうちらが行ったら迷惑かなあと思い諦める。ちなみに大仙の滝。

202101-02IMG_1739

さーどーすべ?綾織へいってもいいが、せっかくだからと、お初の天衣の滝へ行ってみることに。数年前ちゃんと調べたんで、だいたいはわかる。林道を行くが途中からなかなかのガタ道。合ってるとは思うが、なかなか着かない。どこまで行けんだろと不安になりつつも、車が通った跡があるんで突っ込むと、急に現れました。


202101-04IMG_1741


40mくらいか。上部がつながってないが、下部はなんとかなりそ。

政リード 20m 

202101-03IMG_1744

見た目より厚みがあり、安心して登れた。上部のつららは届いてはいるものの、体を預けられる代物ではない。TR設置して遊ぶ。ドラツーもどきもできて楽しいかった。アピローチゼロなんでうちら向きですな(-。-)y-゜゜゜

(18:00)

2021年01月26日

先週は中津川の鏡岩へ行ってきました。

日にち:2021/1/24(日)雪のち雨
メンツ:岡田・政・山田・西妻・K

出発時、雨。秩父に入ってやっとこ雪。中津川を曲がると一面新雪(^o^)丿

で、これ。

202101-01IMG_1726


202101-02IMG_1728

お目当ての滝は登れないけど、左から2番目はまあまあ。てことで、そこで遊びました。雪・雨対策でタープを張ったが、これ大正解でした。

202101-03IMG_1724
寝てるように見えますが、上部は80-90度です。気温が高く、心配してたとーり、午後から雨となりました。全身びしょ濡れです。

冷え込めば、まだまだ成長するでしょう(-。-)y-゜゜゜



(17:46)

2021年01月14日

連荘で神津牧場へ行ってきました。

日にち:2021/1/11 晴
メンツ:岡田・政・廣瀬・K

8時過ぎにP。先行なくラッキー。氷が心配だが、相沢が凍ってるんで大丈夫だろう。アプローチが悪くなってました。雨で削られたのか、スタンスがなく、急なドロ道一辺倒。FIX掴んで下りるレベルです。

途中でナバホと入門が凍ってるのが見えた。登れるかは?雪はなく枯れ葉のみ。で、広場。
202101-01IMG_1682

まあ、登れるくらいには凍ってました。

シャイアン 政+岡田リード 4+級
二日酔いでのっそりリード。落ち口の左折が氷少なくトリッキーなんで、選手交代。左岩をチョン足使いして無事突破。水が滴るアパッチへ移動し両方にTR設置。

あとはひたすら登るだけ。アパッチはもう少し太ってほしいかんじ。左側を登ったら、落氷すごくて諦めました。4人で回したが、だんだん消耗してきて、順番が早くかんじる始末(-_-メ)

15時半には撤収し、これまたFIXを掴んで登り、Pに戻った。

・チェロキー 氷が切れてる部分があるけど登れる。
・リトルインディアン 下部が繋がってない。

(19:00)
相沢の大氷柱を登ってきました。

日にち:2021/1/10 晴
メンツ:岡田・政・他1

登山口830発。10時に滝下着。登山道を外れてからテープがいっぱい付けられてた。すでに先行がTR設置済。エイプリルフールにもすでに6人いるとのことで、右側を快く譲っていただく。太田の方々ありがとうございましたm(_ _)m この時期としては大変良く凍ってます(^o^)丿

政リード 45m 5-級
202101-01IMG_1666
だいぶゆっくり登り、「弾切れ〜」とか宣うんで、喝!軟らかかったり硬かったり、シャワーだったりしたが、氷結は良好。例年より難しいかなあ(-。-)y-゜゜゜

たいして寒くはなく快適に登れました。



(18:00)