2019年02月13日

先週末は連休を利用して、尾勝谷塩沢へ行ってきました。当初は3人で戸台川下流域に行く予定だったが、1名ドタキャンを喰らい、加藤氏と二人になったんで、二人なら一泊でも塩沢イケるかとなって、急遽変更。年末山行で、装備担当がテント忘れという大失態を演じ、八ヶ岳へ転戦し、グダグダな冬合宿となったリベンジ的な意味合いがあった。

日にち:2019/2/10-11
メンツ:岡田・加藤

2/10 晴 
朝5時出発。中央道に入ると雪が出てきて、スピードダウン。岡谷JCTからはドライに。伊那ICで下りて、順調に到着。工事小屋ができてた。1カ月半ぶりに、またここへ戻ってくるとは(-_-メ)

テントOK(-。-)y-゜゜゜

まず確認した。1泊とはいえ荷物が軽くないなあ。橋を渡って林道を行くが、すぐに崩壊地。基本電柱を目指して渡渉すればいいだけ。未舗装だが、凍ってて、たまに滑る。30分ほどで大堰堤。最初気づかず左岸をいってしまい戻る。アイゼン着けたってゆー記録があったが、そのまま登れた。基本手すりとプラの取っ手を掴んで登るんで、やたら疲れる(>_<)
101-P2101122
 
下降も全く一緒。ふう。これまでと同じように、崩壊した河原を何回か渡渉して、1時間ほどで塩沢出合。102-P2101131

最初塩沢右岸を行くが、登山道は100mほどで終わり河原歩きが始まる。行きやすい所をテキトーに。何度も渡渉。1時間弱で側壁ルンゼに到着。
103-P2101135
氷が見えるが、日が当たってグサグサなかんじで登れそうにない。つーかそこまで行くのが面倒くさそーだった。ヘタクソなんで、氷が光って見えませんが、ちゃんとありました。

その後雪が出てきて、トレースを追い、着きそーで着かないことにイライラし、ペースもガタ落ち(-_-メ) ほとんど沢登りなんで、ちいさなアップダウンが多く、大変削られた。二俣50m手前でテン場跡があったんで、そこに即決する。いやー遠いわ(>_<)

BC設営して、さっそく左股へ行く。トレースがあったが、うちらの足取りは重い(-_-メ) 15分のトコに水場があったんで、帰りはここで水汲もう。結構登って、やっとF1到着。
104-P2101146
10mほどか。準備してフリーで越える。すぐにF2が現れる。 
105-P2101150
キャッホー。でかいぞう(^_^)/ 見栄えもしてすばらしい一品です。

F2 加藤リード 45m -級 
106-P2101156

吾妻不動滝をワンランク難しくしたかんじ。結構硬かった。これは面白い!

少し歩いてF3。ここからはトレースなし。 
107-P2101163

立ってるって話だったが、スカート部分が多く、正味25mか。しかもそんなに立ってない(-_-メ) うむう。期待外れじゃ。スカートはフリーで登って、そこから登る。

F3 岡田リード 25m +級 
108-P2101166
80度くらいか。アッとゆー間に終わってしまった。ちと消化不良(-_-メ)

いい時間なんで、予定通りこれでシューリョー。2-3回懸垂+クライムダウンでF1下まで。途中で水汲んで、BCに戻る。よく頑張った1日だった。

夜は久しぶりに加藤氏と二人。まー梅酒にやっつけられました(>_<) おでんで結構腹がきつくなり、オレの夕飯のペヤングを二人でやっつけてシューリョー。他に誰もいないんで、やりたいようにやって、大変酔っ払い、どー寝たかは覚えてない(-_-メ)

2/11 曇ときどき小雪

気付いたら明るくなってた。大変良く眠れました。んが、完全な二日酔い(>_<) うむう、辛い。とりま水をがぶ飲み。加藤氏はいつも通りラーメン完食。岡田は・・・。

8時に出発。うちららしい重役出勤です(-_-メ) 右俣に入ってトレース発見。昨日か一昨日なかんじ。左俣より近いはずだが、気持ち悪くてはかどらす、左俣とおんなじタイムでF1到着。
201-P2111180
のんびり準備。汗かいたんで、いくらか体調が戻ってきた。出だし10mが急でその後は延々ナメ。フリーで登る。まあまあ歩いてF2。 
202-P2111184
でかい。3段構成だが、下段はフリーで登って、2段目から取付く。

F2 加藤リード 45m +級
203-P2111189
出だし核心で上部は簡単。一番氷結のいい左から登る。真ん中から右は水滴。我慢できれば右は+級あるでしょう。

ちょっと歩いてF3。 
204-P2111190
せいぜい85度くらいで氷結イマイチ。水が滴ってる。

F3 岡田リード 35m -級 
205-P2111191

氷結のいいど真ん中から登る。ややシャンデリアでスクリュー決めづらかった。

ナメを歩いたが、一旦ザイルをたたんで、F4をフリーで越え、F5。 
206-P2111195
カッコいーね(^_^)/右にも氷が張り付いてて、上部にもあるとかないとか。

F5 岡田リード 45m 元

簡単な出だしに打ったスクリューがクソで、全然はいらん(>_<) 仕方なくレーザーを打って疲れる。左折点からは70度くらいで快適。

またザイルをたたんで、ナメとかF6〜F8をフリーで越える。たぶんF7が寝てるが30mとでかい。で、やっとF9。 
211-P2111203
なかなかでかい。

F9 加藤リード 50m -級 
210-P2111206

越えると100m先にF10が見える。 
212-P2111209
ぶっ立てるねー(^_^)/ この谷のハイライトで核心だ。ヒーコラ歩いて滝下まで。 

213-P2111211
ほぼ垂直。左右の凹角状が弱点だが、水流ががが(>_<) ほぼシャンデリア状だが、ど真ん中の上部がしっかりしてるんで、ど真ん中から登ることにする。

F10 岡田リード 35m +級
下部は見た目通り小さなクラゲからシャンデリア。スクリューもプアでキンチョーものだったが、2-3本目はバチ効きで思い切って登れた。上部も見た目通りしっかりしていたが、その分硬く消耗した。加藤氏をビレイ中、数分風雪にさらされるが、じきに収まって助かった。上には雪原とナメが見えた、昨日?のPは上に抜けたもよう。

さーここから懸垂祭りの始まり。何回懸垂しただろう。クライムダウンも。トポでは1時間半とあったが、全然無理。結局、BCまで3時間かかってしまう。

戻ってすぐにBC撤収。もうヘッデン確実だが、やり切ったんで満足じゃ(-。-)y-゜゜゜

しばらくは雪があってトレースを追うだけで良かったんだけど、雪が消えてから難渋した。基本沢沿いを行けばいいだけなんだけど、何度も崖に行く手を阻まれる。こんなに地形が複雑だったっけ?と思いながら、行きつ戻りつを繰り返す。何度かGPSで確認し、だいぶ塩沢出合に近づいてきたが、右岸は崖続き。あと100m位のはずってとこで、右岸に水平道らしきを発見し、ダメもとで上がって見ると、ビンゴ。100m歩いて、無事出合に到着した。二俣から2時間半以上かかった(-_-メ) いやーまいった。

あとは林道いくだけ。車を止めた作業小屋の灯りがついてて、いい目印になった。結局往きより時間がかかり、4時間弱で車に戻った。もうクタクタだった。

やっと塩沢に行けた。はっきり言ってトポとはちょっと違った。でも面白いものは面白い。特に右俣は大きい滝が5本あり、登り応えもあった。次回は2泊以上で来て、F5右俣を登ってみたいなあ。アプローチが長いが、その価値がある谷である。

戸台・P(8:40-9:40)尾勝谷出合(9:50-10:40)側壁ルンゼ(10:40-12:20)二俣=BC設営(13:00-13:30)左俣F1(13:45-15:45)F3(15:55-17:15)二俣

二俣(8:00-8:30)右俣F1(8:50-9:05)F2下(9:15-10:00)F3下(10:05-10:55)F5下(11:00-12:05)F9下(12:15-13:15)F10上(13:35-16:40)二俣=BC撤収(17:20-20:05)尾勝谷出合(20:15-21:15)戸台・P

(01:00)

この記事へのコメント

1. Posted by buntak24    2019年02月13日 03:32
加藤@深谷山岳会です。
早速の投稿、ありがとうございます。
本当、いい山行になりました。これで「冬合宿完了」ですね。
後で、写真送ります。
buntak2

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。