サイアム系で行こう! タイの音楽・映画・夜遊び情報

極私的バンコク・レビュー。大好きなタイ音楽やタイ映画、最新のクラブ情報などを気ままに紹介していきます。

ProgramDHasan

FBページにも書いたのですが、あまりにも衝撃的だったのでブログの方にも。

先ほど、こんな写真が「タイに関するお役立ち情報」グループから流れてきました。

バンコクの老舗日系旅行代理店「プログラムDインターナショナル」がこんなことになっていたようです。
まさかあのプログラムDが倒産するとは……。

実は今回の一時帰国ではここで発券していました。倒産が2カ月早かったら日本に帰れなかったかも。

日本帰国時は基本的にANAを利用している(東京と札幌の両方に寄った場合の料金が安い)のですが、プログラムDで買うとANA直で買うよりだいぶ安い場合があったりして非常に便利な上、対応が迅速で丁寧なので、日本に帰る時は2回に1回くらいの割合で利用してたのですが……。とてもショックです。

次回からはどこを利用しよう。

WHYSOSERIOUS

先程の記事に関連して。SINGHAの死からちょうど1カ月を迎える8月29日、追悼イベントが開催予定。彼の生前の姿を写した写真を展示するフォト・エキシビションとアコースティック・ライブで彼を偲びます。

会場ではSINGHAが作っていたTシャツやCDを販売するほか、入り口で寄付を募ります。物販の収益と募金は彼のためにタムブンするそう。

■SINGHA Sqweez Animal追悼イベント「Why So Serious?」
日時 8月29日 15時〜22時
場所 CHO why(MRTフアラムポーン駅下車、ヤワラート方面に歩き、ソイ・ナナで右折。ソイ・ナナを入って100m右手)
料金 入場無料(入り口で寄付を募ります)
HP https://www.facebook.com/chowhybkk

ちなみに会場があるソイ・ナナは最近おしゃれなバーやカフェ、ギャラリーが次々とできていて、新たなカルチャー・スポットになっているエリア(スクムビット通りのソイ3とか4と同じ名前ですが、雰囲気はまったく違います)。このイベントに行きがてら、または別の日でも周辺を散歩してみると面白いですよ。

RIPSINGHA01

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

8月23日の放送は、ちょうど8月に一時帰国しているということで、FMノースウェーブのスタジオにおじゃましての収録となりました。ノースウェーブのオフィスに行くのは8年ぶり。

前回は初の北海道取材に行ったタイ人スタッフがメインで喋っていたので、僕がスタジオ内で喋るのはこれが初めて。本格的な機材に囲まれて、けっこう緊張してしまいました。

今回のトークはまず、先月29日深夜に起こった、ロック・デュオ「Sqweez Animal」のギタリスト、SINGHA(シン)の飛び降り自殺について。

こういう暗い話を日本にいるライトなタイファンに対して話すべきかどうか迷ったのですが、今年を代表する音楽ニュースとなりそうだったので、あえてお話しました。

8月23日の放送内容はこちら!

当日の番組ブログはこちら!

番組で紹介した曲はこちら!

IMGP0522

こんにちは。1年ぶりの日本一時帰国を終えてバンコクに戻ってきた私です。今回は9日間(札幌6日間、東京3日間)での帰国だったのですが、相変わらず濃厚な滞在でした。

今回特筆すべきは、なんと言っても日本の夏フェスに初参戦できたこと!

例年だと仕事のスケジュール上、夏フェスの時期よりちょっと遅れての帰国になるので、今までなかなか参加できなかったのですが、今回はわが地元・北海道を代表する夏フェス「ライジングサン・ロックフェス2015」にタイのブースが初出展する上、Perfumeもかなりいい時間に出る、ということもあって、やや強引にこの時期での帰国を敢行しました。

日本の夏フェスに初めて参加して思ったのはなんと言っても「楽しすぎる!」ということ。

日本の観客もタイに負けず劣らずノリが良くて、初参加&出演アーティストについてほとんど知らない私でも、盛り上がることができました。周りが楽しそうにしている、ただそれだけでこっちも楽しくなれるもんです。

そのほかに気が付いたことをちらほら書きます。

_饐譴広すぎて死ねる!
これはライジングサンならではの特徴かもしれませんが、とにかく会場が広くて、ステージ間を移動したり、お目当てのブースに行ったりするのに10分以上は歩かないといけません。

そのため、どの時間にどのステージを観るかは、移動時間込みでかなり余裕をもって移動しないといけませんでした。結果、観られるアーティストの数は結構絞られるので、事前に「どこでなにを観るか」を練り込んでおいたほうがよさそうです。

一方、タイのフェスだとステージ間の距離がそれほど遠くないので、その場その場で移動先を決めてもよく、その場のノリで移動出来る感じです。

2015-08-15-10-36-52


こんにちは。ただ今一時帰国中の私です。

昨日、今日と地元・北海道を代表する夏フェス、ライジングサン・ロックフェスティバルに参戦しております。

生まれて初めての夏フェス、めちゃくちゃ楽しーー!!!

いつもはこの季節は北海道でもクソ暑いのであまり帰りたくないのですが、今回はぜひとも帰りたい理由がありました。

それは、タイ最大級の野外音楽フェス、ビッグマウンテンとライジングサンとの初コラボ。

このふたつのフェスが提携していくことで合意、1年目となる今年は、手始めにお互いのブースを出すことになりました。

2015-08-15-10-37-02


写真の4人はBMMFを運営するゲーレー・チームの皆さん。丸一日、踊れるタイポップを流しながら踊りまくっております。

僕は会場をうろうろしながら、ちょくちょくこのブースに顔を出しているんですが、地元の広々としたフェス会場で聴くゆるゆるタイポップはなかなかいい感じです。

タイ料理店のマンゴーツリーも初出店。ガパオライスが予想以上に本格的な味でビビりました。

2015-08-15-10-37-12


2日目は朝まで会場にいてみようと思います。

image


ただ今1年ぶりの日本帰国中。今日はたぶん7、8年ぶりにFMノースウェーブのオフィスに行ってスタジオで収録しました。

いつもは電話とかエカマイにあるディレクターさんの自宅スタジオなどで収録していて、ちゃんとしたプロ機材が揃ったスタジオで喋るのは初めてなので、意外に緊張しました。

明日から2日間はライジングサン・ロックフェスに参戦して来ます。タイ関係の色んな人も来るみたいなので楽しみです。

Two Million Thanks

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

8月9日の放送では、ちょうどこの8月21〜24にかけて、タイのインディーズ・バンド、TWO MILLION THANKSが日本ツアーを行うため、そのバンドと日本ツアーの日程について紹介しました。

8月9日の放送内容はこちら!

当日の番組ブログはこちら!

番組で紹介した曲はこちら!

P2WARSHIP2015

来週の一時帰国を控えて今週はめちゃくちゃ忙しいのでちょこっと更新。00年代半ばにユーモラスな歌詞とメロディーでヒットしたポップロックバンド「P2WARSHIP」。2007年の2ndアルバム「ハーイ」(消え去る)をリリースしてしばらくした後、バンド自体もハーイしてしまっていたのですが、ここに来てまさかの活動再開。8年ぶりの新曲がリリースされました。

■P2WARSHIP「ナック・プラディット」(発明家)

ODTHEPRODIGY

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

8月2日の放送では、8月のお盆休みを利用してタイに来る方も多いだろう、ということで、お盆休み前後のおすすめ音楽イベント2つを紹介しました。

8月2日の放送内容はこちら!

当日の番組ブログはこちら!

ArukuBKK2015

本日は手前味噌な宣伝にて失礼します。先日このブログでも書き、ラジオでも紹介した『歩くバンコク2015-2016』が先週末より日本でも発売されました。

どちらもありがたいことに、そして一日でも早く手に入れたい読者には大変申し訳ないことに、発売と同時に売り切れ、再入荷と同時に売り切れ……で現在品切れの状態が続いております。

※どちらも在庫を抱えたがらないため。品切れになってもあまり多く注文しない様子……。

お求めはこちらから!

Amazonhttp://amzn.to/1MMdS7V

楽天ブックスhttp://books.rakuten.co.jp/rb/13329675/

SINGHA

タイでは本日からカオパンサー絡みの4連休に突入しましたが、その初日に大きな訃報が飛び込んできました。
ロック・デュオ「Sqweez Animal」のギタリスト、シン(SINGHA)が30日午前1時頃、トンロー・ソイ5のコンドミニアムから飛び降り自殺したそうです。31歳の若さでした。

先日修理を無事に終えた愛機・Pentax K-30ですが、その後2週間ほどバリバリ活躍してくれたものの、やはり同じ症状が再発してしまいました。現在、近所の修理屋に入院中です。

再入院で直ることは直りそうだけど、寿命も近づいてそうな予感。そこで、来月半ばの一時帰国に合わせて新たに購入することにしました。

実はK-30の調子が悪くなってから何を買うかずっと悩み続けていたのですが、結局こちらのPentax K-S2を購入。K-30の3代後の後継機です。

_SL1500_

価格は7万5780円なり。

ちょうど一個前の最上位機種Pentax K-3も同じくらいの値段に下がってきていたので、K-3とどちらを買うか非常に悩みましたが、KS-2の方が少し軽い、今持っているバッテリーをそのまま使える、バリアングル液晶はライブ撮影に便利そう、Wi-Fi対応、高感度撮影もけっこうイケるなどの理由でKS-2にしました。

色はオーダーカラーのストーングレー。日本に帰る頃、実家に届く予定です。今はこれに合わせて新たにストロボやレンズを買おうか迷い中だったりします。

今回の一時帰国ではこれを使って夏の札幌とか東京を撮影するつもり。なので、写真映えする場所を中心に回りたいと思ってます。

TTRIDER

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

7月19日の放送では、ちょうどこの放送日にスタートした旅番組「TT Rider」について紹介しました。「TT」とはトゥクトゥクのことで、これはタイの人気俳優、レー・マクドナルドが自分で購入したトゥクトゥクを運転してタイ国内外を駆け巡るというドキュメンタリー旅番組。

運転はすべて本人だけが行うほか、パンクや故障などの各種トラブルも本人だけで解決。テレビ東京で「トゥクトゥクの旅」なんてシリーズをやっていますが、これを数十倍過酷にしたのがこの番組です。

(日本はほとんどの道が舗装されてますが、タイはともかく周辺国はかなりキツイ道ばかり)

撮影期間58日間、総走行距離はなんと8421km! タイ国内各地だけでなくミャンマー、ラオス、カンボジアまでぶっ放します(ただし平均時速は20km)。

7月19日の放送内容はこちら!

当日の番組ブログはこちら!

BMMF7new

というわけで、予告どおり「Big Mountain Music Festival 7」の今年の会場が発表されて大きな話題になっています。

今年の会場となるのはペッチャブリー県のゲーングラジャーンという地区にあるゲーングラジャーン・カントリークラブ

場所はこちらになります。



Google Mapには「閉鎖」とあるので、すでに使われなくなったゴルフ場を会場にするんでしょうね。

バンコクからの距離はカオヤイとほぼ同じくらい。加えて、フアヒンの街から車で約40分ほどの距離だそう。

この発表を受けて、ゲーングラジャーンにある宿が次々と予約されています。元々宿の少ない場所のようなので、下手したらこの数日でどこも満室になってしまうかも。今年はテントで頑張るかな。

また、チケットの料金は2000B。10月に発売予定ということも合わせて発表されました。

この発表を受けたタイ人の反応はというと、ざっと見た限りでは「批判」半分、「もっと知りたい」半分といったところのよう。批判してるのは、この移動によって参加しづらくなった人たちが多く、また、イベント名の由来である「カオヤイ」(大きな山の意味)を捨てて移動したことに対する批判もちらほら、といった感じです。

「もっと知りたい」派は会場近くの宿情報だったり、カオヤイと同じくらい寒いのかどうか、出演者やチケット情報について尋ねている人など。

いずれにせよ、会場が変わってしまうことで、今まで培ってきたノウハウが役に立たなくなってしまうのは残念ですが、会場が変われば気分も一新、また新鮮な気持ちで楽しめるようになればいいな、と思っている次第です。

公式サイト http://www.bigmountainmusicfestival.com/

公式FBページ https://www.facebook.com/bigmountainmusicfestival