サイアム系で行こう! タイの音楽・映画・夜遊び情報

極私的バンコク・レビュー。大好きなタイ音楽やタイ映画、最新のクラブ情報などを気ままに紹介していきます。

IMG_3413

■12月29日 前半

前日の夜がかなり遅かったので、この日は起きるのも遅め。と言っても、宿でゴロゴロしているだけではもったいないので、10時に宿を出発。

台北鉄道駅の南側にある「台湾大哥大(Taiwan Mobile)」の「myfone shop」で4GのSIMカードを買った後に向かったのが写真のお店です。


「老蔡水煎包」
。実はここの「水煎包」がめちゃくちゃ好きなのです。

水煎包とは肉まんを焼いたようなもので、このお店のそれは小籠包のように中にアツアツのスープが入っていて、かじるとブッシャー! と飛び出します。
(焼き小龍包を二回り大きくしたような感じです)

IMG_3418

しかも焼いてあるので通常ならもちもちしている皮が一部分だけカリカリで、この食感のハーモニーもたまりません。

酢やチリソースを上からぶっかけて食べるとうまさ倍増!

ただし、肉汁やらソースがたれるんで、めっちゃ手が汚れます。


台北に来たら、なにはともあれこれを食べないことには始まりません。ここの豚肉水煎包1個12元なりを4個とビールを買って南に歩き、「二二八和平公園」のベンチに座りながら遅めの朝飯と決め込みます。

水煎包、本当は買ってすぐに店の前で立ち食いするのがうまいんですが、そうするとこれをつまみにビールが飲めないので悩ましいところ。

IMGP1309

公園といえばIngressのエージェントにしてみればポータル密集地帯のこと。この公園にはいろんなオブジェが建っているので、ポータルの数も多そうです。

さっそくIngressを立ち上げると……キターッ!

め、めちゃくちゃポータルがあるやんけ!


緑のモワモワで地図が見えないほどでした。

とりあえずここで台湾での初陣スタートです。

Ingressやってない人にはわけわかめですみません。

この日のために溜め込んでいたXMPをガンガンぶっ放し、公園一帯を水没させていると……緑の人がさっそく駆け付けて来たらしく、水没したポータルをあっという間に緑化。

スキャナーの画面上でリアルタイムに次々と色が変わるのは初めてだったのでちょっと感動しました。

夢中でIngressをやってて、気が付いたらすでに2時間ほど経過してました。このままではIngressだけで1日が終わる! と思い、MRTに乗って以前から行きたかった温泉地・新北投に向かいました。

2015-01-24-21-53-36


本日はアッサニー・ワサンのコンサートにやって来ました。ラムカムヘン通りの大渋滞にハマって開始時間に間に合いませんでしたが、みんなノリノリで楽しいです。

しかし、会場の入りは9割程度。スタンディングエリアもだいぶ空きがあります。こんなに余裕をもってアッサニー・ワサンのコンサートを観るのは初めてです。

原因はなんでしょうね?

やっぱりグラミーから出てプロモート力が落ちたのか、それとも軍事政権の例の国民和解ソングを歌ったことでタクシン派のファンが離れちゃったんですかね?

ま、今はそんな事は忘れて楽しみたいと思います。

IMG_7675

ここんところ忙しく更新が滞りまくってますが、今年最初の山場はなんとか超えたので、これから少しずつ通常ペースに戻していきたいと思います。一応、タイのエンタメをメインにしますが、年末年始に行った台湾もものすごく良かったので、その話も交えつつ。

というわけで、まずは全体の雑感から。このブログの場合、だいたいこういうシリーズ物をやると三日坊主で完結しないことが多いので、最初にまとめ的な事を書いておきます。

■雑感

俗に「三度目の正直」という言葉がありますが、今回の台湾はまさに「三度目の台湾」といった感じでした。

これまではガイドブック片手に「とにかく名所を回って有名な料理を食べなきゃ!」といった感じで定番を押さえるのに終始して、本来自分が興味あること、つまり、台湾のインディーズ音楽を楽しんだり、クラブに行ってみたり、自分の興味に合ったエリアを散歩したりといったことがあまりできてませんでした。

でも、2回目までで定番どころはだいたい行けたし、土地勘もなんとなくついたおかげで、今回は自分であれこれ調べてかなり自由に動き回れるようになりました。

特に現地で4GのSIMカードを買って常時ネットに繋げられたのが大きかったです。ライブハウスやクラブ、コンサート会場、CDショップといったガイドブックにはなかなか載ってない情報を探すのに役立ちました。

すごいぜGoogle先生&Siri!

このSIMカードのお陰で、これまでに比べてずっと自由気ままに動き回れるようになりました。
この国がぐっと身近になった気がします。



そんなこんなで日記です。最初は軽めに。


■12月28日 空港到着

20時5分ドンムアン空港発のLCC、Tiger Airに乗り込んで出発。台北・桃園国際空港に着いたのは翌日0時40分でした。入国手続きをして深夜バスで台北鉄道駅に向かうことに。

1時15分頃にバス乗り場の掲示板でまず時間を確認。これくらいの時間帯になると1時間に1本くらいしかバスがないので、次のバスを逃すわけにはいきません。

掲示板には「1:40」という数字が。これはちょうどいい!

バス乗り場に10人くらい並んでいることも確認して、トイレに行ったりお茶を買ったりして1時半くらいに戻ってくると……。


さっき並んでた人たちが一人もいない!!!


そう、トイレの個室でくつろいでいるうちにバスが来て、すでに発車してしまっていたのです。ガーン。


乗り場にはさっきまで見かけなかった台湾人の兄さん2人が居たので、また1時間待つのか〜と思いつつそこに並んでいました。

けっこう寒かったのですが、次のバスを逃したらそれこそシャレにならないので、どこへも行かず頑張って並んでおきます。今考えると乗り場の見える館内に行けば良かったのですが、眠すぎで思考回路が働いてませんでした。

そんな行列に、時々近づいてくる男が数人います。それは、タクシー運転手。ここで客を捕まえてこの日最後のひと稼ぎをしようというおっちゃんです。

が、台北駅へのバス代が125元、メータータクシーで同じ距離を走ると約1800元かかる、と事前に調べてあったので、なかなか乗る気にはなれません。

ちなみに台湾元の価値はだいたいタイバーツと同じくらい。タイで暮らしている人間からすると、買い物する時に「これはいくらくらい?」といちいち金額を円やバーツに換算しなくて済むので楽ちんです。また、単位は一般には「台湾ドル」ですが、現地では「元」と表記されます。


さすがに10倍以上は払いたくないので、運転手の勧誘を断りつつバスを待っていたところ、運転手の一人が前にいる台湾人の兄さん二人となにやら交渉を始めます。その台湾人の兄さんが英語で教えてくれるには、「3人市内まで乗って1人200元でどうか」とのこと。

これは渡りに船! これならOKだぞ、ってことで見知らぬ台湾人の兄さんたちと一緒にタクシーに乗り込み、市内に向かいました。

ここで兄さんたちと会話して仲良くなったりしておけば、いい旅の思い出になったのかもしれませんが、この時点で眠気マックス。夜の高速道路を眺めながらウトウトしているうちに軽く気を失い、気がつけばもう台北駅でした。

そこから歩いて宿にチェックイン。この時点で深夜3時前くらいです。宿は前回も泊まったザ・ディーラー・ホテルです。まずはここに3連泊する予定。

ちなみに眠気の方はホテルまで歩いている間に収まってしまってました。冷たい空気に当たったのと体を動かしたせいでしょう。

そこで寝酒として写真の台湾金牌ビールを多めに飲んで4時前くらいに就寝。

なお、ここまでの旅程、眠かったのと疲れてたのとで、写真を一枚も撮ってません。

そんなこんなで初日は終了です。

IFINE300MB

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

今年は1月4日が僕が台湾旅行に行ってしまったためお休み、さらに1月11日は本編がタイの伝統楽器「キム」を使った音楽集団「Khim Chamber 」を大々的に紹介、ということでまたまたお休み。この1月18日が2015年一発目の放送となりました。

ほぼ1カ月ぶりで、回数少ないと楽ちんなのを通り越してちょっと寂しかったりします。
このKhim Chamberは個人的にも超おすすめなので、僕は喜んで休みますが。

さて、この新年一発目での放送では、昨年12月10日に公開されて爆発的なヒットとなったタイ映画『I FINE THAN YOU LOVE YOU』について紹介しました。

タイ人の英語あるあるネタを絡めた王道系のラブコメディなのですが、これが公開されるなり初日の興行収入がタイ映画史上2位を記録、あれよあれよと数字を伸ばし、年明けには3億Bを突破しました。これは『ピー・マーク…プラカノン(邦題:愛しのゴースト)』(2013年)、『スリヨータイ』(2001年)に次いで3位という数字です。

このまま行くと『スリヨータイ』も抜いて2位になるかも……という勢いです。

僕も年明けに観に行ったのですが、なるほど、恋人同士でも家族連れでも、みんなで安心して楽しめる王道コメディでした。場内に次々と巻き起こる笑い声も心地よかったです。

1月18日の放送(podcast)はこちら!

当日の番組ブログはこちら!


この歴史的ヒットを受けて、周辺国での公開も決まっています。

IFINEGOINTER

今回紹介した曲はこちら。MVがものすごくロマンチックですね。

■スラシー・イッティクン「Walk You Home」



次回の放送は2月1日。こちらでもこの『I FINE THAN YOU LOVE YOU』に関するちょっとした現象について紹介する予定です。

■追記
この作品、まだバンコクを含むタイ国内で公開中ですが、タイ映画にしては珍しく、都心部の映画館でも「字幕なし」バージョンの回があります(違う上映回なら字幕がある)。上映回のボードに「E SUB(English Subtitle)」という表示があるかどうか確認してからチケットを買うのがお勧めです。

CTP-of-Siam_re

タイランドハイパーリンクスさんを見ていたら気になるニュースが。

(以下、引用)
センターポイント・オブ・サイアムスクエア

サイアム・デジタル・ゲートウェイよりセンターポイント・オブ・サイアムスクエアに名称変更。デジタル関連からファッション・美容関連にコンセプト変更。
BTSサイアム駅直結。
外観はコーラの瓶の形になっている。
(引用ここまで)

そう、サイアムスクエア「センターポイント」が帰ってきたようです。

といっても、最近バンコクに住み始めた方はご存じないと思うので簡単に解説。

「センターポイント」とはその名の通り、かつて若者の街・サイアムスクエアの中心にあった広場のこと。この広場はイベントスペースとして、Fat Radioの無料コンサート・シリーズ「チン・レック・ソット」をはじめ各種コンサートやイベントに使われてきました。

さらにこのセンターポイントには噴水があって、そこがサイアムスクエアでの絶好の待ち合わせポイントになっていたり。

SiamSq5L

それが駅前再開発のため2007年に閉鎖。その時に当ブログでももうちょい詳しく<b>センターポイントについて書いています。

その跡地にできたのが「サイアム・デジタル・ゲートウェイ」だったのですが、今回はまた元の名前に戻る、ということのようです。

今のサイアムスクエアはかつての姿とはだいぶ様変わりしちゃっていますが、これからここがまさに若者文化の「中心地」として復活できるのかどうか、これから注目していきたいところです。

このサイアムスクエア&センターポイントが重要なスポットして登場する映画やドラマもいくつかあります。

その代表的なのが『ラック・ヘーン・サヤーム』(邦題:サイアムスクエア)ですね。



この辺について細かく書いていくとどんどん長くなってしまうので、今日はこの辺で。

Moderndogの最新ヒット曲が日本語に! 「Scala (Japanese Version)」 Feat. Ruri

MDRuriScala


あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

昨日、体の方は台湾から戻ってきたはいいものの、心の方がまだあっちの方に残っており、ぼーっとしちゃっております。やっぱり台湾は楽しすぎます。特に、2日間滞在した台南が良かった! 初日の夜は台南唯一というライブハウスに、2日目の夜はディスコの方に繰り出してみたのですが、どちらも信じられないほど楽しくて、ブログを更新する暇もないほどでした。

というわけで、これが2015年一発目の記事になるのですが、一発目はやはり台湾の話よりもタイで一番好きなロックバンドModerndogのニュースからスタートさせようと思います。

昨年活動20周年を迎え、今年はそれを記念した大規模コンサートがあるんじゃないかと僕が勝手に噂しているこのModerndogですが、つい先日、日本人歌手とコラボして「Scala」の日本語バージョンをリリースしました。まずはオリジナルの方からお聴きください。



こちらの「Scala」は2013年12月にリリースされたもので、今現在のタイ音楽シーンを代表するアーティストたち20人がレコード会社の垣根を超えて出演したことで話題となったわけですが、今度は国境を超えたMVとなるわけです。

こちらが、その「Scala」日本語バージョンです。

■Moderndog feat. Ruri「Scala」(Japanese Version)


こちらのMVは去る12月20日に5年ぶりに開催された「日タイ交流ラムウォン盆踊り大会2014」の会場で撮影されたもの。会場に来た日本人がたくさん出演しています。見知った顔もちらほら……。もし当日僕が会場に遊びに行ってたら出演できてたかも!?(仕事で行けませんでした。涙)

今回Moderndogと共演した日本人歌手・Ruriさんは宮崎県出身のシンガーソングライターです。2008年頃からタイでの活動を開始し、今ではタイに移住、持ち前の行動力でタイのさまざまなアーティストとコラボしています。


そのRuriさんがよくコラボしているのが「ナンレン」というバンド。

■Nanglen x Ruri「OUR STORY」


こちらは80年代に第一線で活躍した音楽プロデューサーや作詞家、サウンドエンジニアなどの大ベテランが結成したバンド。
これまでに数百曲のヒット曲を世に送り出してきた人たちなのですが、そういう熟練のおじさまに才能を気に入られて一緒に活動しているというのは、本当にすごいことです。

昨年のサマーソニックではタイから出演したgetsunovaのサポート、作詞なども行った様子。

Ruriさんの活動については、彼女によるソロバンド「15JAM(いちごじゃむ)」の公式ブログでチェック可能です。


ちなみに今日紹介した曲は2曲とも2月6〜8日にサイアムパラゴン5階のパラゴンホールで開催予定のイベント「JAPAN EXPO IN THAILAND 2015」のテーマソングとなっています。たぶん会場に行けばライブも見られるはず!

2014-12-31-21-14-30


2014年最終日の今日は、台北名物カウントダウン花火を見るために台北101前に来ています。

2015年になると同時に、このどでかいビルの四方八方からブシャー! と梨汁ならぬ花火が飛び出すのだとか。

ビルの麓にある広場では無料のカウントダウン・コンサートまでやっててなんだか得した気分。現在夜の8時半前で、あと3時間半以上をここで過ごすのですが、コンサート観てればあっという間に過ぎそうです。


このブログを読んでくださっている皆さん、2014年もありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

2014-12-31-21-14-19

2014-12-30-17-49-14


台湾初日となる昨日は、3年前から来たいと思っていた台北北郊の温泉街・新北投に。

月曜日のため温泉博物館をはじめ各種ミュージアムがお休みというミスがありつつも、辺りを散策して温泉街の雰囲気を満喫。特にこの写真の北投公園がとても良かったです。

こちらが北投公園の中にある温泉博物館。史跡にも指定されている古い建物です。このデザイン、たまりません。


2014-12-30-18-02-35



地元の銭湯風の温泉しっかりほっこりして来ました。

お客さんは地元のおっちゃと爺さんばかり。怒鳴り合うようなデカい声の世間話をBGMに、体の芯まで温まりました。

でもって本日も同じ北方面にある淡水へ。ここは台湾のほとんど北端にある街で、淡水河の河口沿いに見所が広がります。

ローカルな海沿いの観光地といった雰囲気で、今日はおそらく地方の中学校の修学旅行生であふれかえってました。にぎやかです。

個人的には静かなところが好きなので、フェリーで対岸に渡って河岸を散策。河岸に腰掛けて飲むビールがうまうまでした。

これから一旦宿に戻って、夜のお出かけに備えます。

2014-12-30-17-49-26

2014-12-29-22-59-11


本格的に年末年始休暇に突入し、昨晩から台湾に来ております。年内は台北をうろうろする予定。

旅行に来たら、やっぱりIngress!! ということで、さっそく現地のSIMカードを買いに行きました。

今回行ったのは、台北駅の南側、新光三越のそばにある台湾大哥大(Taiwan Mobile)のmyfone shop。


なんでも、この会社が台湾で初めて4G回線対応のプリペイドSIMカードを発売したのだとか。詳しい購入方法やレポートについてはこちらに載ってます。


朝10時にホテルを出て意気揚々と買いに行ったのですが、なんと11時オープン。しょうがないので周りのCDショップで時間を潰して開店を待ちました。

台北駅南側のCDショップ街はまだ健在でなにより。

ただ、新しいCDほどモノとしての価値を高めようとしてるのか、やたらジャケットが巨大化してました。

普通のCDの倍くらいの大きさは当たり前、なかにはA4サイズくらいのCDジャケットもありました。そして、写真集でも入ってるのか、とにかく重い!

それはもう、でかすぎて購入をためらうレベルです。もち運びにも不便だし、なにより部屋に大量のCDがあって、常に収納スペースに困ってる身としては、コンパクトなほどありがたいのです。

自分がそのアーティストのファンならこのでかい豪華ジャケットはうれしいんでしょうけど、知らないアーティストをいろいろジャケ買いしてみたいこっちとしては、このデカさは大変な重荷です。

今回、CDはあまり買わず、気になるアーティストはメモっといて、後でiTunes Storeで買おうかな。


さて、肝心のSIMカードですが、11時の開店と同時に入店して、「旅行者用の4GのSIMカードをください」というと、超が付くほど簡単に買えました。

2014-12-29-22-59-30


必要書類はパスポートのみ。デスクにあるモニターにサインし、顔写真を撮られて、500台湾ドルを払って終了。書類に記入させられたり、面倒な事はありませんでした。

これで4G回線が2.2GB分利用できるそうです。無料通話も195台湾ドル分付いてきます。有効期間は6カ月間。店員が親切にも電話番号を書いてくれました。

2014-12-29-23-07-09


なんだか僕が参考にした記事と若干違いますが、おそらくプランの改定でもあったんですかね?


そういう訳で、さっそく速度を計測。

image


ぼちぼちですかね〜。バンコクの方が速いかもしれません。ただ、バンコクよりも広範囲をカバーしてるみたいで、今日一日、どこに行っても4G回線で接続できてました。


これで「イン活」ことIngress活動が捗ります!

image


今日はDojo City & B5 の復活コンサートに来ています。本番が始まる前の前座を社長がやっちゃうレコード会社って素敵すぎる!

これでたぶん今年のコンサートは見納め。明日の夜には台湾です。

台北でなんかライブあったら行きたいなぁ。