FLURE 「VANILLA」いま、かなりの頻度で聴いているCDがこれ。
Bakery Music所属の5人組バンドFlureによる2ndアルバムです。
先月末に発売されてさっそく購入。
それまでFlureの曲はほとんど知らず、
あんまり期待しないで買ったんですが、聴いてみるとこれがいい!

彼らがやってる音楽はジャンル的にはエモーショナル・グランジらしいのですが、
ボーカル・Q(B5の一員としても活躍中)の伸びやかな歌声は
まさにエモーショナルそのもの。
じっと聴いていると、体の内側に入り込んできて、
何かを突き動かされるような気分になります。

5曲目収録の「ルドゥー・ティー・チャン・ンガオ」が現在ヒット中。
特に今月に入ってからはDJサイアムに行くと、
この曲を中心にFlureのCDを掛け捲っているほか、
FM放送「Sound Of Siam Square」でも、かなりの頻度で流れています。
Nadiaが参加している6曲目の「Honeymoon」もおすすめ。
Nadiaの歌声がいい感じに力が抜けてて、聴いてて癒されます。
(っていうか、もうアルバム出さないんでしょうかね、Nadia。
僕はかなり好きなんですけど)

で、個人的にこのアルバムのアートワークがめちゃくちゃ気に入ってます。
Masaki Shinosakiという日本人画家によるジャケットは力作といえるし、
ボーカルQ自らがデザイン&制作したという中の歌詞カードも、
これまた一つのグラフィック・アートとなっていて、
「黒板にチョークで書いた歌詞」「手帳の中に書きとめた歌詞」「マンガ風のイラスト付き」(下に写真の一例。クリックすると拡大します)など、
歌詞を活字ではなく手書き(というか手描き)で表現していて、
歌詞カードが、かなり見ごたえのある「作品」になってます。
(まぁ、手書き文字なんで、歌詞は超読みづらいんですけど)

この凝ったアートワークだけでも300Bのうち半分くらいは価値がある一枚ではないでしょうか?

FLURE 「VANILLA」の歌詞カード

人気blogランキングに参加中!
このblogを見て「おもしろい!」と思ったら下のボタンをクリックして投票してください。

人気BLOGランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへ