写真・・・

昨年から写真がアップできない~

クロームを使ったらとか書いてあるが
だしおしみのスマホにはグーグルクローム入ってないんだよ~


文字だけでもいいんですけども、写真があったほうが個人的には読みやすいし
備忘録代わりにしてますのでね。
モチベもあがるしね。
なので、近々別のところに移動します。
また移動先が決まりましたらお知らせします。
なのでいったんこちらのブログは終わりにしようと思っています。
ではまた。おって。


こちらにお引越ししました。
勝手がよくわからず、まだ試行錯誤です。


https://ameblo.jp/fukumaku/entrylist.html

ブラックな 22

またひとつ思い出したことがあるので備忘録に。いや、忘れてもいいんだけど。忘れないために。どっちだ。


Fさんがまだ入社してそんなに経っていない頃のエピソード。

電話をとったら、ついさっき「おつかれさーん」といって帰っていった“おばあさん”。

(だいたい3時くらいには帰宅する。か、鶴屋に行く。でんてつタクシーで。)

「わたし、社長室に傘忘れてなかったかしら」

「はい、見てきます」
と、さっきまでいたせんむの席を見に行くFさん。
そこに傘は見当たりませんでした。

「ありませんが」
「ちゃんと見て!」

よく見ると机の下に「番傘」が。
(番傘は取っ手がS字になってないので、取っ手を下に向けて壁にもたせかけるか、地面にじか置きするしかないのです)

しかも2本。

番傘なんか日常生活でほぼ見ることのないFさん。
あー、これが傘なのか、と思って持ってみると「末吉」と書いてありました。
「お待たせしました。えーと、「すえきち」って書いてありますね。。。」

すると「すえ○よ!!!」
とキレられたそうです。

ははは。この話、実は以前菊池から来ていた新入社員Nさんも同じことをやらかしていたのでした。こっちはしゃちょうの方だったですけどね。
名前にこだわるのはださっ、と思っているので、だしおしみは最近は名前を間違えられたとしても「はい」と返事します。ほんと、ど~でもいいですよ~

ところで電話といえば思い出しましたが、
ブ社ではなぜか全員携帯をマナーモードにしてなかったため、(会社が携帯料金をもっていたため、お客様は直で担当者に電話する)、営業の人の電話はいつもがんがん鳴っていました。
あれですね、着うたの好みで本人の嗜好とかわかったりしておもしろいですね。

T部長はとてもそんなには見えないのに(すまぬ)タイムファイブでした。

(だしおしみはあっこちゃんの「David」とかひろこちゃんの「Treasure」とかだったです。なつかしい!)

顔がこわいK部長はカーペンターズ。

よくT部長に直接「あんたのそのトップオブザワールドを聞くと吐き気がする」と言っていました。ほんと、鳴りすぎ。大音響。

社内の電話、5回線あったし(しかも内線もある)、営業の電話もうるさかったな~



ブラックな 21

あ、そういえばブラック社のブラックなところを書くのを忘れていました。


Sさんが辞めたきっかけ?となったのが当時別の県であったイベント。

市制何周年だかのイベントの入場チケットを販売しろと社員ノルマを課せられたことがありました。

そのイベントで何がしか仕事をもらったのかどうかは忘れましたが、、
とにかくその市のおえらいさんが社長と妻の親戚で、そういう「身内」つながりでのチケット営業はいかがなものかと。
近いまちなら人にも勧められるというものですが、電車を乗り継がないといけない所だし、地元にとっては何の縁もゆかりもないコンベンション(スポーツイベントならまだしも)にでかける理由はほぼ皆無です。

だしおしみももちろんノルマ(何枚売れとか)言われたと思いますが、そんな無体なチケットを売れなかったからといってペナルティを課されるわけないやーん、とシカトしていたかと記憶しています。
新人でもありませんでしたから、そのあたりふてぶて・・・いえ、独自解釈をしていました。


しかし、新人のSさんはとても真面目な人で。
「あー、こんなの売れない!辞めるしかない」と思ったらしく、(当時だしおしみにも相談してましたよね~と言われてましたが、そういえば・・・^^;)

「おばあさん(社長の妻のこと。Sさんはこう呼んでます)に『次の採用が決まったので辞めます』って言ったら『チケットを売れないからやめるんでしょ!わたしは顔が利くから、あなたの転職先に言うこともできる』っていわれたんですよ!脅してきたんです」とのこと。

うわー、身に覚えがあるからこその逆ギレの典型ですね。これ~

ということで「どうぞ~」と言って辞めたらしく、Sさんの中では「最低な会社だな!」ということで、極力おじいさん、おばあさんのエリア(出没しそうなとこと)はなるべく避けてきたのだそう。

しかし、もうあれから20年近くは経っています。
当時おじいさん、おばあさんだった二人はもうもっとおじいさん、おばあさんになっていることでしょう。

憎まれっ子世にはばかる、というのはうまいことを言ったものです。誰が言い出したか知りませんが、これと「バカにつける薬はない」という言葉を生み出した人に敬意を表したい。それと信号システムを考え付いた方。天才!

先日、月に1度も行かないK市でだしおしみ夫婦は、街中であの「おばあさん」の姿を目撃したのでした!
ゲンキだったよ!
ギャラリー
  • ブラックな⑳
  • げーじつ2
  • げーじつ2
  • げーじつ
  • げーじつ
  • お誕生日
  • お誕生日
  • ちび子近影
  • ちび子近影