2006年02月

絵本らいぶ その164

へっぷりむすこ
じゅげむ















場所    市立保育園
対象    年長組 最後の絵本よみ
読んだ本  じゅげむ
      へっぷりむすこ


11月からここの保育園で絵本読みをさせてもらっていますが、いよいよ今日から
各クラスとも最後の絵本読みになりました、この年長組さんは最初に読ませ
てもらったクラスでいわば自分のデビューした所です、みんな可愛いこども
達ですが、もうお別れです、とても残念ですがまたどこかで会うこともある
でしょう

今日持って行った「じゅげむ」は直前まで読もうかどうか悩んだのですが
読む事にしました、いつもは読む直前まで絵本はかばんの中にしまったまま
なのですが、今日は二冊とも最初に出してみんなの見えるところに置きました

すると「あ、じゅげむだ・・・」と言うこどもが何人かいてあのセリフを
言い出しました、「家に持っている」と叫ぶ子どももいまして、あぁーそうか
難しい本ではないんだと安心しました、自分がためらっていただけなんですね

そして読み出したら前列の何人かがこちらの足をくすぐりだしました、おいおい
自慢じゃないがこう見えて結構くすぐられると弱いんだぜ、笑いだしたら
止まらんよ・・・とうとう途中で読むのを止めてしまいました

それを注意するこどももいたりでそれなりにクラスもいろいろですねー
で、続きます例のセリフのところを「みんないっしょにー」と言ったらちゃ
ーんと一緒に読んでくれました、さすが年長クラスですねーえらい

何とかくすぐり攻撃から免れて二冊目に入ります、「おならの絵本だよ」
と言うとみごとな食いつきです、読み方も人物に会わせた声で読むと笑ったり
集中したりして聞いてくれました、やはり関心のある本は集中度が違います
さすが子ども達正直ですねー

これでこのクラスは最後になりました、やっと最近はこちらに慣れてきて
スキンシップをしてくれるようになったのにもうお別れです、帰り際には
「○○小学校にも絵本よみにきてねー」と自分の行く小学校を教えてくれ
ます、かれらも友達と別々の学校にいくんですねーこうして子どもは大きく
なっていきます、おやじも絵本読みがんばるからねー・・・・

絵本ライブその153

おれネコへへへのへいき












場所   市立保育園
対象   二歳児クラス
読んだ本 おれさまはネコだぞ
     へへへのへいき

週1回の市立保育園での絵本読みです
最近の五歳児クラスから今日の二歳児クラスまでの共通の出来事です
いつも始める前に前口上的に子ども達に話かけていたのですが、「早く
絵本を読んでー」とせかされるようになりました

こちらは自分のペースの確保、つまり教室に入っていきなり絵本を
読むスタイルだと自身が落ち着かないのと子ども達も集中してくれない
のではと雑談を少ししてから読んでいたのです

でもどうもそれは子ども達にとってよけいなお世話のようです、この人
は絵本を読むために来ているんだからよけいな話を聞くより絵本だけを
読んでくれたらいい・・・てなことでしょうか

当初はお互い慣れない関係で緊張していたのでこちらの前口上を聞いて
くれていたのですが、最近の子ども達はすんなりこちらを認めてくれて
いるようで「知らない人」から「いつも来る人」に格上げをしてもらった
気がしますが、実は「絵本を聞いてあげるから早く読んで」と言われて
いるのかもしれない・・・などと思ったりもします、どうなんでしょうね

で、最初は「おれさまはネコだぞ」を読みました、実はこの本は昨年の
「読み聞かせ講座」を受講したときに受講生が順番に前に出て実際に
みんなの前で好きな絵本を読む実習がありその時選んだ本なのです

そして「おれさま・・」を読んだあと講師の講評があったのですが、みごと
に「選書不適格」を言われて大変落ち込み自分の中では納得しがたく、いつか
子ども達の前で読んでみたいと思っていた本なのです

結果すんなりとみんな聞いてくれました、最初の色を読むところは何人かが
一緒に読んでくれてなかなか良い雰囲気でした、その後無駄話をすることなく
とっとと次の本を読もうとしたら「まだ読むのー?」との声がかかり一冊でいい
てなことを言う子どもがいたのでアンケートをとった結果二冊派多数だったので
「へへへのへいき」を読み退散をしました。なかなか指摘きびしい二歳組でした

絵本ライブ その143

ピポパポ でんわ
あくび
















場所   子育て支援センター
対象   入園未満児
読んだ本 ピポパポでんわ
     あくび


月に一度の子育て支援センターでの絵本読みです、月1回だと先回の
ことはすっかり忘れてしまうのですが玄関にはいると何人かのおかー
さんが挨拶をしてくれて、「ふくちゃんのブログ読んでますよ」
と言ってくれます、自分の記録のためと思ったブログもこうやって読んで
くれている人達がいることはとてもありがたいことです。

13時開始なので、行くとみなさん美味しそうに昼食を楽しんでいます、せ
かすようで申し訳ないなーと思っています、時間が許せば楽しいランチ
のお仲間にいれていただきたいと思うのですが、なかなかそうもいかな
いのはとても残念です。

今日は保育士の実習生の男子生徒も来ていて絵本を読むとのことで
プレッシャーを受けそうなので先に読ませてもらいました、なにしろ
現役の生徒で毎日保育士めざして学んでいるのですからね、聞いたら
中学の頃からこどもが好きでその道を目指したいと思ったそうです、偉い
ですねー自分などなりゆきで選んだような今の仕事なのでその道をめざす
人には尊敬の念を抱きます

そんなことで最初に「ピポパポでんわ」を読みました、先回からおかーさん
達がこどもを抱っこして「絵本聞きモード」をとってくれます、こちらの
みなさんはこどもだけでなく自分も絵本を楽しもうと言う姿が見れて
とても新米読み手には心強く感じますし、絵本を読む人まで育ててあげ
ようと言う雰囲気があります、さすが母親ふところが広いのです

この絵本には大きな数字のある電話機が書いてあり電話番号を押して
ピペパポといいながら進んでいきます、楽しそうに聞いてくれました

次に「あくび」です、作者の中川ひろたか氏は「トラや帽子店」の初期
の頃から当地でのコンサートを開いてくれたので主催者の知合いてなことで
何度かコンサートスタッフとして関わってきたので芸人としての彼になじん
でいました、一昨年彼一人が当地の小学校で開いたコンサートを舞台そで
から聞いていましたがあいかわらずのパワーで歌っていました、でも歳を
重ねて歌い方も変わって来ましたねー良い意味で

で、あくびです、おかーさんの方がダイナミックな絵に圧倒されてとても
喜んでくれました、こどもも大きなあくびをしたりしてそれなりにもり
あがった絵本読みでした、その後若い実習生の絵本読みを聞かせてもらい
最後に代表の方から「ふくちゃんらしい選書て良かったです」と言って
もらいました、また来月よろしくお願いしまーす


絵本ライブ その13

ねんねこ ごろごろ
ねずみのすもう














場所   市立保育園
対象   三歳児クラス
読んだ本 ネンネコごろごろ
     ねずみのすもう

今日は保育園の新入園児父母懇談会とかで慌ただしいらしいのですが
絵本読みをさせていただきました、もうじき卒園と小さな友達がやって
きます、春とともにやってくる毎年の光景なんでしょうねー

さて今日は三歳児クラスです、教室に入ると先生が「ごあいさつどうぞ」
のかけ声をかけます、するとこどもたち皆で「おはーございまーす」と
言ってくれました。

思わず笑ってしまいましたが、子ども達はなんでー?てな顔です、そうで
すふくちゃんの絵本読みはいつもおやつの後の三時過ぎから始まるのです
「ごあいさつ」と言われると「おはようございまーす」から毎日が始まる
のでしょうね、う〜んなんてかわいいですねー その後ちゃんと「こんにちは」
と言えましたよ

出してもらった椅子に座ると「きんぎょがにげた」あるよーとだれか言います
そうです、12月6日にこのクラスで読んだ本です、二ヶ月ぶりなのにちゃんと
覚えていてくれたのです、こちらはすっかり忘れてしまい、ブログを読み
返して初めて気がつく状態なのですがこどもは偉いですねー

いつものように雑談を始めたら「早く読んでー」の催促がきました、この
年齢はよけいな話はいらないので絵本だけ早く読んで欲しいと言うこと
でしょうか、前ふりで雰囲気を作ってから絵本を読む作戦で来ていたのです
が練り直しが必要かも知れません

園長先生からアドバイスいただいていた「話のテンポ」を今日は少し意識
して読んでみました、最初に「ネンネコごろごろ」です、いつも読む本はネッ
トで選ぶのですが今回は図書館で直接手に取って選んだ二冊です、このネンネ
コ・・・は絵がとても気に入り読んでみたい思った本です。

いまさらですが絵が気に入って読んでみたいと思ったのは、たぶんこれまた
初めての経験かも知れません、テンポを気をつけ気に入りの本を読んだ
せいかすんなり読めたようです、関係ないかもしれませんが先回までは
後で録音した絵本読みの様子を聞き直すと顔から火がでていたのですが
今日のものは何とか自分で聞く事ができました、聞き慣れたのか読み慣れ
たのかは分かりませんが

二冊目の「ねずみのすもう」は多少話が長いので、飽きた様子も伺えましたが
無事に読み終えました、今日知ったのですが、特に絵本の好きな子どもは
列の前に出て聞いてくれるようです、どこかのクラスで「席の順番」は決まって
いるのか子ども達に聞いた事がありましたが、好きなところできいてくれる
ようでした、それで前の方に座っているこどもは集中度が高いのでしょうか

いろんなことを学ばせてもらう絵本読みです

ギャラリー
  • No 986  ほっこきよめどんを2年生に
  • No 982   だって・・・
  • No 981 保育士さんも癒されたい
  • No 981 保育士さんも癒されたい
  • No 979  着ているものはどこで買う
  • No 978 講座のような時間
  • No 976  育ちの森で絵本らいぶ&ミニ講座
  • No 976  育ちの森で絵本らいぶ&ミニ講座
  • No 974   落語でもりあがった
  • No 972  絵本の魅力
  • No 971  10年間毎年お世話になります
  • No 970  ディーサービスで絵本らいぶ
  • No 969  南魚沼で絵本らいぶ
  • No 969  南魚沼で絵本らいぶ
  • No 968  2歳児さんは成長したね
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 966  直前でもOKです
  • No 965  何歳ですか?
  • No 965  何歳ですか?
  • No 964 もうすぐ一年生だね
  • No 963  五年生のしあわせは
  • No 961 絵本は何回読んでもらってもいいね
  • No 961 絵本は何回読んでもらってもいいね
  • No 959  いいお顔がじようずな3歳児組
  • No 958  みんなで1曲いきまぁす
  • No 956  良寛さんは
  • No 955  保育園で1時間絵本を読む
  • No 954  柏崎市の保育園で絵本らいぶ
Archives
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

livedoor 天気
記事検索