2007年05月

絵本らいぶ その85



となりのイカン


ぷぅ




場所     新潟県 新潟市立保育園
対象     年少組
読んだ本   ぷう   となりのイカン

今週土曜日こちらの保育園も運動会があるとまことで、玄関を入ったらみんな赤白帽子をかぶっていました・・・

今日は年少さんです、廊下からそっとのぞいてみると、あらら年少さんもやはり赤白帽子をかぶっています、どうやら今日も絵本のあとはお外遊びのようです、先回のように早く外で遊びたいのでしょうね・・・

そんな事を思っているといつもは事務室に呼びに来てくれるのですがまだ来ません、それならと教室に行くと何となんと、子ども達は絵本聞きスタイルで並んでいてそして先生が自分が絵本を読むときに使う椅子の位置で前説(スタジオライブなどでは本番前にADさんなどが観客にテンションをあげてもらうため説明をしたりして雰囲気をつくる)をしているではありませんか・・・・

そうなんです、今までは子ども達が呼びに来てくれるので直前の様子は見たことがなかったのですが、きっとどの教室でも担任がこうやって絵本読みに備えてくれているんでしょうねーありがとうございます

今までは「この保育園のこどもたちはいつも静かに絵本を聞いてくれる、きっとみんな絵本がすきなんだなー」てな事を思っていたのですが、加えて先生の心遣いがあったんです、ん〜そうなんですねーおやじの絵本読みをいきなり始めてもそんな雰囲気にはならないかもしれませんね

そんなことで最初は「ぷう」です、このへんのネタは子ども達には受け入れやすいとおもったとおり結構つっこみもあり楽しく聞いてもらえました、終わったあと絵本は終わりにしてお外遊びにすね?と聞くと多数が絵本がいい!と言ってくれたのでもう一冊読みました

大好きな「長谷川義史」と「中山千夏」コンビとのことで見つけてきました「となりのイカン」登場する子ども達の名前がケッタイな名前だとおもったら最終ページにちゃんと解説がありました、世界の国の言葉で「ダメ」との意味だったんですねー

子ども達にはあえてこの事を解説はしませんでした、よって意味が分からず静かに聞いていました、長谷川さんの絵が楽しいので時々つっこみがありましたが三歳児さんにはどうたったかな?



絵本らいぶ その841



ぬーくぬく



場所      新潟県 新潟市立保育園
対象      年中組
読んだほん   ぬーくぬく

今日読んだ本のように新潟もぬーぬくの日でした、暑くなったり朝晩は寒かったりの日があります、こんな時には体調にきをつけぬばなりません

ブログで紹介してもらった「ぬーくぬく」出版社が「農山漁村文化協会」とのことで興味がわき、さらに飯野和好さんとくればこれは読まずにいられません、しかし今日は年中組さんです、方言の絵本はわかるか?はたまたダイコンとおいもの話はどうか、多少の不安はありましたがトライしました

教室に入るとみんな赤白帽子をかぶっています、どうしたのかな?と聞くとこのあとお外遊びに行くのでその準備とのことでした、そーかそれなら絵本読みをやめて早く外で遊ぶかな?と聞くとみんな絵本がいいと言いました、それならと予定どおり「ぬーくぬく」を読みます

前回に続き下手な関西弁?で読んでいきますが、どおも子供たちの反応がいまいち良くありません、やはり読み手が不安に思っていると伝わり方が弱いのです、おしまいのほうにくると「まだあるの? もう何ページ?」と言う子供たちもいました、明らかに飽きてきていました

いつも二冊を読むのですが、そして二冊目は少し短くお話も分かりやすいものを用意しておくわけですが、今日は一冊終わった段階で「もう一冊読むかな?」と聞くと
子供たちは皆「もういらない」との返事でした、心はお外遊びに行っているようでしたので、ここは一冊で終了とさせてもらいました

実は昨年は新年度開始当初は選書をわりとやさしそうな絵本をつまり年長さんには年中向けのもの、年中さんには年少さんのものを選び段々と長い話、難しい話の絵本を選んでいたのですが、今年はいきなり全開の絵本を選んでいたのです、二歳から五歳まで一巡してこれはやはり無謀だったかなと思いました、次回からは考えましょう

でも絵本よりお外遊びが良いよなーと自分の力量を棚にあげて帰宅した次第です






絵本らいぶ その833

おったまげたそうべえ















場所      新潟県 新潟市立保育園
対象      年長組
読んだ本    そうべえ まっくろけのけ
        おったまげたと ごさくどん 

保育園での絵本読み、新二歳児組〜5才児組さんを週1回順番に回っています、そして今日からは5才児組の二順目に入りました

先月はまだ年長さんの雰囲気が感じられなかったのですが今日は何となく落ち着いた感のある5才児さん達です。

始める前にいつも記録用に使用しているMDレコーデーのSWをいれたらデスクが満タンになっていて子供たちを前にしてデスク交換をしていたら案の定質問の嵐になりました、タイピンマイクも珍しいのか質問がきました、やはり絵本を読むときは余計なことをしてはいけませんね

「そうべえまっくろけのけ」を読む前に『星は知っているかな』と聞くとみんな元気に手をあげます、『プラネタリューム』も知っていました、ならば『せいざは知っている?』と聞くとこれまたみんな手を挙げています、しかも開始前にいつも楽な座り方で聞いてね、と言うので様々な座り方をしているのですが、なんとなんと・・・みんな姿勢正しく正座をしてしまったのです、一瞬何のことか分からなかったのですがナイスなボケです、座布団三枚です、これには笑うと言うより天然ボケの子供たちに大拍手をしました

「星座」はなじみがなくとも正座は毎日言われるのでしょうか、こんな出足でそうべえの絵本を読みます、関西弁のお話なのでにわか関西人になり読んでみましたが、なかなか上手くはいきません、途中「ちくあんはどれ?ふっかいは?」などと言うこどももいます、確かに登場人物が分かりにくいかもしれません

読み終えたらやはり一人が「ふっかいはどれ?」と聞くのであわててページを戻りこれだよと言ったら女の子に「違うよ、あれだよ」と指摘され教えてもらいました
いゃー1本とられてしまいました、ちゃんと下読みしてさらにそうべえシリーズは過去にも読んでいるのに間違ってしまいました、ごめんね・・でもちゃんと教えてくれた女の子さんありがとうね、やさしく教えてもらったので嬉しかったよ〜

そして次は新潟市の絵本作家「サトシン」さんからいただいた本を読みました、新潟ローカルの各メデアに最近出ずっぱりの感がある方です、ダジャレのお話なのですが
子供たちにはいま少し通じなかったようです、でも大きなげたには「おったまげて」いました

絵本らいぶ その82

みつけたアリガトウないてないで












場所    新潟県 新潟市子育て支援センター
対象    入園未満児
読んだ本  みつけた!   アリガトウサヨウナラ  
       ないてないであらってわらって

昨日に続いての絵本読みは月に1回の子育て支援センターでの絵本読みです
玄関に入ると沢山の履物があったので今日は人数が多いのかなと部屋に入っていきました、親子でいるので確かに結構いましたが八組くらいの親子さんたちでした

いつもは紙芝居をみせてくれる人が一緒なのですが何と子どもが生まれるとのことでしばらくお休みとのことです、いつもは二冊なのですが今日は三冊読ませてもらいました。

「アリガトウサヨウナラ」鯛焼きをのせたバイクの人が進むたびいろんな動物を乗せていきます、お客さんはなぜか鯛焼きをつまんで食べておりていきます、最後はちゃんとおみやげを残してくれましたが、特大鯛焼きが面白いので読んでみました

「みつけた!」お花の中に何かかくれています、こどもの「何がいるかな?」と聞くと前に出てきて指差してくれます、いいですねー

そして今日はおまけでもう一冊、駄洒落の絵本?です、これは子ども達よりお母さんにどうかなと持ってきました、案の定結構笑ってねせいました、意味不明のページもあるのですが、ここは絵本と言うことで良しとしましょう

終わっても少し時間があるということで代表の方が新潟市の絵本作家サトシンさんの絵本を読んでくれました、人が読むのを聞いたのは久しぶりでしたが、やはり読んでもらうのは楽しく聞けます、理解度が自分で読むよりも良いと感じましたねー

そして最後はお母さん達とお茶タイムでこれまた楽しいひと時で調子に乗り、子育てについてやら絵本についてやら、のたもうてしまいました、月に1回は少ないかなーと思う今日この頃でした


  

絵本らいぶ その814

すきすきちいさなか











場所       新潟県 新潟市立保育園
対象       新二歳児組
読んだ本     すきすきぼうし  ちいさな か

GWも何事もなく終わってしまいました、家でのんびりテレビなど見るだけだとGWの気分になれないので映画でも、と思ったら駐車場が超満員であきらめてしまいました 
遊びに行くのも金がかかると、結局家で過ごす毎年のパターンのGWなのだ

そして今日はいよいよ新二歳児組さんでの絵本読みです、昨年は二歳児デビューでは
教室に入ったとたん子供たちには泣かれるは、みんなだれがきたかと顔が引きつったりと散々な思いだったので今年はいかに?

いつもの時間に保育園に行くと「あー子供たちが待っています」との園長先生の言葉
準備もそこそこで教室に行くと、先生が「さーふくちゃんですよ〜」との声でみんな元気にこちらをみます、おーなかなかいい雰囲気ですよ、なぜか大人びて見える今年の二歳児さんです

椅子に座って挨拶をして最前列の子どもの名札をみて「○○ちゃんよろしくねー」と雰囲気作りをします、するとみんなそれぞれ名前を言ったりして話かけてきます、これは驚き昨年とは大違いです、今年の二歳児はすごいです

さー絵本を読むよーと最初に「すきすきぼうし」を取り出します、出したとたんに1人が「ぼうしだー」と叫んでくれました、おぉーすごいです、ページごとにいろんな帽子が出てくるので、そのたびに絵を指差して子供たちの方をみるとみんな集中して聞いてくれています、とてもナイスな雰囲気ですねー一体感が出てますよー

次に「ちいさな か」を出して、「みんなーチクッと刺すカは知ってるかな」と聞くとさすがに二歳児さんこれは知りませんでした、と言うより都市部には夏でも蚊にはお目にかかれないのかもしれません、自分も夏はそう多く刺される記憶がありませんからねー

この絵本は蚊がバイクにのって公園に行きます、飛ぶ音やらバイクの音がどんどん出てくるのでそこは大きな声で読むと皆笑ってくれます、擬音は二歳児も好きですね
最後のページにはたくさんの蚊ライダーがいて子どもたちも「いっぱいいるー」と言ってくれました

なかなか良い雰囲気の二歳児組さんでの初めての絵本読みでした、気分良くさよならをして帰ってきました、次回も楽しみです




絵本らいぶ その803

生麦いぬのおばけ












場所      新潟県 新潟市立保育園
対象      新三歳児組
読んだ本    いぬのおばけ  生麦生米生卵

連休の谷間の五月1日です、今日は新三歳児さんでの絵本よみです、先月までは二歳児クラスの子ども達です、1つ進級してお部屋も変わりました

先週同じく部屋に入り「おやー名札が代わったねー」と言うとみんな胸の名札を見せてくれます、一個進級したのがうれしいんですね、最前列の子は「名札忘れたー」と言っています、お母さん明日はつけてあげてくださいね

「連休はどこか行くのかな」と聞くと遊園地やらどこそこやらと教えてくれます、子ども達もお休みはうれしいのです

最初に最近続いている長新太さんの「いぬのおばけ」を読みます、こいぬだと思っておんぶしたら、だんだんと犬が大きくなっていきます、おばけのお医者さんに見てもらったりしますと子ども達も心配してくれました、つきのひかりとともにおばけの犬も消えて女の子もお母さんのところに帰ってきました

女の子と犬が小さく書いてあるところでは前にいた子ども達が絵本のところまで出てきて指差してくれました、集中して見てくれているのです

さして次は先月見つけた絵本自分の好きな長谷川義史さんの絵本で、そして早口言葉です、先週早口言葉の絵本だったので、今日はもっと難しい絵本を選びました、しかも新三歳児です、たぶん三歳児には難しいと思ったのですが、三歳児達はどのくらい
言えるのか試してみたいと思ったのです

「チョウチョちょっと取って頂戴」と読んで、次に区切って子ども達に読んでもらいました、先生も一緒に読んでくれます、簡単な言葉は読めましたが、赤巻紙青巻紙黄巻紙などは無理のようでした、きっと1つくらいは憶えて家で披露してくれたかもしれません

早口言葉は難しかったのですが長谷川さんの絵は子ども達も楽しく見ることが出来たようです、こちらが慣れて来たこともあるのかもしれませんが、特に子ども達の年齢を意識しなくても楽しめる絵本を読めるようになった気がします、これは良い事かもしれません、今度は五歳児にこの絵本を読んで見たいと思いますきっと楽しいですよ


そして今日の日記は こちら で読んでくださいね
ギャラリー
  • No 986  ほっこきよめどんを2年生に
  • No 982   だって・・・
  • No 981 保育士さんも癒されたい
  • No 981 保育士さんも癒されたい
  • No 979  着ているものはどこで買う
  • No 978 講座のような時間
  • No 976  育ちの森で絵本らいぶ&ミニ講座
  • No 976  育ちの森で絵本らいぶ&ミニ講座
  • No 974   落語でもりあがった
  • No 972  絵本の魅力
  • No 971  10年間毎年お世話になります
  • No 970  ディーサービスで絵本らいぶ
  • No 969  南魚沼で絵本らいぶ
  • No 969  南魚沼で絵本らいぶ
  • No 968  2歳児さんは成長したね
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 966  直前でもOKです
  • No 965  何歳ですか?
  • No 965  何歳ですか?
  • No 964 もうすぐ一年生だね
  • No 963  五年生のしあわせは
  • No 961 絵本は何回読んでもらってもいいね
  • No 961 絵本は何回読んでもらってもいいね
  • No 959  いいお顔がじようずな3歳児組
  • No 958  みんなで1曲いきまぁす
  • No 956  良寛さんは
  • No 955  保育園で1時間絵本を読む
  • No 954  柏崎市の保育園で絵本らいぶ
Archives
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

livedoor 天気
記事検索