2007年06月

絵本らいぶ その90

なんだ







うずらちゃんのかくれんぼ



ぴょーん



ぼく そらをさわってみたいんだ





きょだいなきょだいな



場所    新潟県 新潟市立保育園
対象    三歳児組
読んだ本  うずらちゃんのかくれんぼ    読み手 ゆーみん
      なんだ・なんだ             ふくちゃん
      ぴょーん                ゆーみん
      ぼくそらをさわってみたいんだ      ゆーみん
      きょだいなきょだいな          ふくちゃん


先週「スミセイお話広場」でコンビを組んで絵本を読んだ「ゆーみんちゃん」に頼んでいつもの保育園に来ていただきました、そして二人で30分のプログラムで読んでみました 

今日は3才児組です、二人で教室に入ると子ども達はゲストに何だろうと言った感じで目を向けています、そうですよねーいつもはおやじだけですが、今日は若いおかあさんと一緒ですからねー

自己紹介をすると1人のこどもが「ふくちゃんのおかあさんだ!」と叫びます、なるほど子どもにはそう見えるのですねー、これにはゆーみんちゃんは速攻で否定していました、そりぁそうだかわいそうだよなー

そしてゆーみんが手遊びで挨拶代わりでトップをきります、そのまま「うずらちゃん・・・」を読みますとまどいながらも子ども達はちゃんと聞いています、ゆーみんの後ろで聞いていたらひくちゃんが気になるようで何人かはこちらをちらちらとみるので壁の影に隠れてみました

そして次はふくちゃんが初めての紙芝居を読みます「なんだ・なんだ」です、これは例の「舞台」が必要なく上下左右にページを抜いていく絵本なのです、少し練習しただけなのでどうかなと思ったのですがみんな楽しんで聞いてくれました

ゆーみんが大型絵本「ぴょーん」「ぼくそらを・・・」を読んでくれると途中1人の子どもが「ふくちゃんがいいー」てな言葉を発してしまいました、なんだか嬉しいような事ですが少し困りました、やはり慣れてしまったんですねーおやじに・・・

そして最後に大型絵本「きょだいなきょだいな」を自分が読みます、これは年中さんに読んだことがあります、今日は大型絵本なのでさらにきょだいです、子ども達も迫力ある絵に楽しんでくれたようです

いつもの保育園で初めて二人での絵本よみでしたがなかなかこちらも楽しむことができました、園長先生も「いつでもどうぞ」といってくれたので今後もこのような企画ができたら面白いと思った1日でした  

絵本らいぶ その89

999ひきのきょうだい




おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん




場所   新潟県 新潟市立保育園
対象    年中組
読んだ本  999ひきのきょうだい  おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん


新潟はいつ梅雨に入るのか、最近は結構暑い日が続いています、冷房に弱いので真夏でも長袖で過すのですが、今日は半そでシャツ一枚を着ての絵本読みです

いつも事務室でスタンバイしているのですが、今日はいきなり年中さんのお部屋に行ってみました、みんなちゃんと先生のお話を聞いて机に向かっています、先生がこちらに気がつき、子ども達に椅子を片付けてお話の部屋に移動するよう話します、するとあっという間に子ども達は言われたことをしていました、えらいなー

そーそれでは絵本の時間にしましょう・・・ん、なぜかみんな帽子をかぶっています
これはまた絵本のあとはお外遊びのパターンですね

始めようとすると「一冊でいいー」「二冊読んでー」とにぎやかになります、なるほどみんないろんな事を考えているんですねー

で、「999ひきのきょうだい」を読みます、実は明日「スミセイおはなし広場」でこの絵本の大型本を読む予定だったので選んだのですが都合で明日はなしとなったものです、おたまじゃくしが大きくなり蛇と戦い無事に大きくなっていきます、後半に「兄弟はきょうもかえるのうたをうたっています」とのセリフが出てきます、そしたらなんとなんと子ども達はこちらがセリフを言う前にあの「かえるのうた」を歌い出したのです、かえるのうたが聞こえてくるよ♪・・・とあれです。

まるで指揮者がいるようにぴったりと始まり声もひとつにまとまり歌ってくれました
これは驚きです、彼らのもち歌なんですねーきっと、でもすごい条件反射です、自分も始めての経験です、終わったら思わず拍手を送ってしまいました

そして二冊目をどーするかな、と思っていたら「もういいー」と言うこどもたちが多くなりました、心は外遊びのようです。でもこっちも明日別の保育園で読む絵本のリハーサルをしたいのでここは強引に次を読み始めました。

「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」は昨年の今頃今の年長さんが年中のときに読んだらこれまた大盛り上がりだったものです、そこで今回もセレクトいたしました、例のひいひいひいをみんなで読んでみました、それなりに盛り上がったのですが、やはり一冊にしておけば良かったかなー

終わってローカでまっているとみんなるんるんでお外遊びに向かって行きました


絵本らいぶ その883

ねこひこうせんかげ












場所     新潟市子育て支援センター
対象      入園未満児
読んだ本   かげはどこ  ラスチョのひこうせん   ねこさんびき

月に一度の子育て支援センターでの絵本よみです
玄関に入ると靴がたくさんあります、今日は人数も多そうです、庭を見ると親子がたくさん遊んでいます、お天気がいいうちに外遊びをしたいですよね

いつもは代表の方が仕切ってくれて「絵本の時間ですよー」てなことではじまるのですが今日はいらっしゃいません、部屋には数組の親子だけです、かまわず「では絵本を読みしょうかねー」と始めました

最初に「かげはどこ」です、読み始めると何組かの親子が部屋に来て聞いてくれました、影踏みはそう言えば最近はその光景を見たことがありません、お母さんに聞いたらやることもあるらしいのですが、やはり機会は少ないらしいです

次に飛行船のお話で「ラスチョのひこうせん」を読みます、犬のラスチョが船長さんです、スーパーワンちゃんです子供たちと言うよりお母さんが空の旅がお気に入りのようでした、飛行船に乗ったことがないなー どこかでのれる所はあるんでしょうか
遊覧飛行船・・・

そして最後に「ねこさんびき」です、知人の家で借りてきました、なんと文字のない絵本なんです、図書館で見たことはあるんですが、実際子供たちに読んだことはありません、今日は親子セットなのでお母さんの反応も見たかったので選んでみました
一応「ねこがさんびきいるねー」などと解説をしながら読んでみたのですが、黙ってページをめくればよかったのでしょうか、でもシーンとした雰囲気はたまらないのでついつい解説をしてしまいました。

きっとわが子にお母さんが読むとやはり「さかながいるよー」てなことを言いながら読むんでしょうからねー いつもは終わるとみんなでお茶タイムなんですが、今日は誰もいいださないのでそーと帰りました。



絵本らいぶ その874

あるのかな


おならのしゃもじ





場所     新潟県 新潟市立保育園
対象     年長組
読んだ本   おならのしゃもじ   あるのかな

ここのところ突然暑くなって来た新潟市です。
今日は年長組さんです、教室に入るとにぎやかにして待っています、椅子にかけるとみんないろんなことを話してくれるので一緒に言わないで1人ずつ話してねーと言っても聞こえません

かまわず得意ジャンル「おならのしゃもじ」を読みます、田島征三の絵本も最近自分のお好みです、少し話が長いのですが、おならの所は思い切り楽しく読むとみんな大笑いです、この手の話は子供たちには受けます

そしてお決まりのアンコールが出たと思ったら「もういい!」の声、早く外で遊びたいようです、こんなこともあろうかと二冊目は短めの話で「あるのかな」です、飯野和好さんの絵本もお好みなんでねー

ラムネにむねはあるのかなーとダジャレが続きそのたびに子供たちが「ないない」と合いの手を入れてくれました、さすがこういう短めの話はみんなのりがいいのです、5才児さんにはどうかと思ったのですが楽しい絵本は年齢に関係なくいけますねー

と読み終えたらみんなで今度は「もういいよ」コールでした、あららやっぱりお外にいきたいのでしたね〜

絵本らいぶ その863

わにわにのごちそう
ねむる




場所      新潟県 新潟市立保育園
対象      二歳児組
読んだ本    ねむる    わにわにのごちそう

毎週火曜日におじゃましている保育園、自分の所要で今日に変更してもらいました

玄関にいき掲示板をみると「6月の園だより」が貼ってあります、絵本のコーナーに先月初めて行った二歳児組さんの事が紹介してあり「ちいさなか」がとても子供たちに喜ばれたと書いてありました、その後先生に伺ったらぜひまた読んでもらいたいと言っていました、とのことです・・・うれしいですねーアンコールが出てのは初めてです

新潟市図書館のネットシステム変更とのことでずーと図書館が休みなんです、今日に合わせてかりておいた絵本がどうもすっきりしないので、家にあるものを一冊もっていきました、最初は悩んだのですがお気に入り長新太さんのものと言うことで読んでみました、トイレも靴も家もみんな寝ています、子供たちも知っているものは声を出してくれjす、地球を知っていたのは意外です、何を見て覚えたんでしょうか?
何とか無事に終わりました

そして「わにわにのごちそう」です、以前読んだ事があったような気がしたのですがどうだったかな、取り出すと「知ってるー」と言われます、そうですね嬉しいんだよねー分かる絵本は、わにわにが冷蔵庫からお肉をだしてムシャムシャと食べます、擬音がすきなのでこのへんはオーバーに読みました、やはりこのくらいの字数の本がいいようです、どうも最近選書に迷います、スランプ?でしょうか

ギャラリー
  • No 986  へっこきよめどんを2年生に
  • No 982   だって・・・
  • No 981 保育士さんも癒されたい
  • No 981 保育士さんも癒されたい
  • No 979  着ているものはどこで買う
  • No 978 講座のような時間
  • No 976  育ちの森で絵本らいぶ&ミニ講座
  • No 976  育ちの森で絵本らいぶ&ミニ講座
  • No 974   落語でもりあがった
  • No 972  絵本の魅力
  • No 971  10年間毎年お世話になります
  • No 970  ディーサービスで絵本らいぶ
  • No 969  南魚沼で絵本らいぶ
  • No 969  南魚沼で絵本らいぶ
  • No 968  2歳児さんは成長したね
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 966  直前でもOKです
  • No 965  何歳ですか?
  • No 965  何歳ですか?
  • No 964 もうすぐ一年生だね
  • No 963  五年生のしあわせは
  • No 961 絵本は何回読んでもらってもいいね
  • No 961 絵本は何回読んでもらってもいいね
  • No 959  いいお顔がじようずな3歳児組
  • No 958  みんなで1曲いきまぁす
  • No 956  良寛さんは
  • No 955  保育園で1時間絵本を読む
  • No 954  柏崎市の保育園で絵本らいぶ
Archives
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

livedoor 天気
記事検索