2009年08月

No 257 いろいろじゃがいも4

黒崎二人





















黒崎客席











かんばん




















てんごくのおとうちゃん
すてきなぼうしやさん











おしくらまんじゅう

いっぽんばしにほんばし















ねこのおいしゃさん

こんこんこんなかお











うちのかぞく
いろいろじゃがいも















トントンドア

おえどのおなら











いっきょくいきまぁす

うえきばちです












とっとこ















場所  新潟市西区黒崎市民会館


対象  地区連合自治会主催による事業で町内の住民のみなさん



よんだほん    おしくらまんじゅう とっとことっとこ
         こんこんこんなかお トントンドア
         すてきなぼうしやさん いろいろじゃがいも
         うえきばちです  いっぽんばしにほんばし
        うちのかぞく  てんごくのおとうちゃん
        おえどのおなら  いっきょくいきまぁす
        ねこのおいしゃさん



8月1日に地区の公民館で有料絵本らいぶをやったら連合自治会の方が見に来てくれておもしろいので何とか夏休み中に広域の町内会での主催事業で出来ないかという話になり急遽入れていただきました

集まってくれたのは連合自治会の会長さん始め町内在住の年齢はいろいろな皆さんが楽しんでくれました、前回90分のステージを初めて開催したときはどうなることかと思いましたが、今回はあっという間に90分間が過ぎました、少し慣れたと言うことでしょうか

当日まで入場者数が読めなくて多くなった時のためにスクリーンを用意をしてビデオカメラで絵本を撮影してリアルタイムでプロジェクター上映をする準備をしました
全ての絵本を大型スクリーンに映しての絵本はまだ試したことがありません、リハーサル段階ではそれなりに上手く行ったのですが開始直前に人数をみたら70人程度とのことでこの方式は使いませんでした、しかし用意をしたので一冊くらいは使うつもりでいたのですが、順番の都合で出来ませんでした、会場係の姉妹には照明係までしてもらいスタンバッテもらったのですが申し訳ありませんでした

「ねこのおいしゃさん」「いっぽんばしにほんばし」ではこどもたちから前に出てもらい一緒に「にゃー」の声やら手遊びをやつてもらい喜んでもらいました、あとで聞いたら他のこどもさんが「自分も前に出て歌いたかった」と大層立腹していたとの話を聞かされ、これまた配慮が足りませんでした

今回もいろんな年代の人達が集まってくれました、今までは「年齢に合った絵本」と言うことが最重要視されていたのですがこういう具合に小さなこどもたちからかなり高い年代の人達が一同に集まって同じ絵本を楽しめるというのはやはり「絵本のちから」だと思います、子供達が集中していられるのは30分が限度なども結構聞いていたことですが90分間一緒に楽しんでくれた子供達もたくさんいました、おかあさんに抱っこされて聞いてくれたこどもも最後までおとなしく楽しんでくれました

知人が言ってくれた言葉に「違う年代層が一緒に同じ物を楽しむ時間」があると言うことはとても意義深い事だと教えてくれました、今回の絵本らいぶではそれを実感することができました、これからもこういう時間を大事にしたいと思います

さらにおまけのびっくり、今回の実行委員長のご主人がライブ後に話しかけてきて、なんと自分の高校時代の同級生でしたお互いこの時代に「絵本」でつながるなんてことは夢にも思いませんでした、絵本がつないでくれた縁ですね
   

No 256 いっきょくいきまぁす4

横浜





















みんなで横浜






















てんごくのおとうちゃん
いっきょくいきまぁす
ねこのおいしゃさん











場所   横浜市 millions-deli

     お酒を飲みながらライブが見れる素敵なお店のお客様
     と一緒に楽しむ

読んだ本  いっきょくいきまぁす てんごくのおとうちゃん
      ねこのおいしゃさん



新潟出身のハーモニカプレーヤーの拠点である横浜市に新潟のミュージシャンがこぞって応援に行くというので同行させてもらいました、マイクロバスを仕立てて横浜ツァーとなりました

場所は横浜球場のすぐ前のお店で当日は「チューブ」のライブが球場で開かれていまして屋外にいても大音量が流れてきます、これならお金を払って球場の中に入らなくても良さそうですがそんなことにはならなくて開始前は大賑わいの周囲でした

そんな喧噪もあまり関係なくお店は地下一階にあります、しゃれたお店でお酒を飲みながら気軽にライブがみれるようになっていて18時開始の頃にはツァー客も入れると20人以上が集まっていました

新潟のミュージシャンは四組が歌います、みんなテンションが高く盛り上がっていました、最後に登場ふくちゃんはこのようなお店で絵本を読むのは初めてです、さらにこのお店で絵本を読むなんぞは過去にあったのかどうか・・・

などと思っているまもなくでばんがやってきまして直前の出番の「しんちゃん」に引き続きギターをいれてもらい「いっきゅくいきまぁーす」を読みます、これは歌がはいっているので観客の皆さんも多少は入りやすいかもしれませんが、どうかな・・

そしてギター伴奏をつけて「てんごくのおとうちゃん」です、結構泣かせる絵本なのでみんなただただ聞いていましたが絵本の力はすごいです、雰囲気を作ってしまいました、おまけに「ねこのおいしゃさん」を読んで20分以上のステージとなりました

このようなお店でも絵本を読めることが分かったのでたいがいの場所で出来そうです
音楽らいぶを聞きにきたのに絵本らいぶまで聞いてしまった一般の人はどう思ったのか興味あるところですが残念ながらその機会はありませんでした

ツァーと名のつく物は往復の車内が楽しいもので片道6時間以上があっという間に過ぎてしまいます、思えば東京に車で往復するのはずいぶんと久しぶりでした、楽しいツァーでした

ライブ終了後の打ち上げが実はこれまたすごく楽しくてホテルに戻ったら深夜一時を過ぎいました、この模様はこちらで・・・画像はライブの模様とツァーご一行様です

No 255 うえきばちです4

あどばんす













えらいえらいうえきばちです











ハートリペアおならうた














場所  新潟市中央区  喫茶 「あどばんす」

定例会での絵本らいぶ

読んだ本    えらいえらい  ハートの修理屋さん
        うえきばちです  おならうた

昨年スタッフ参加していた絵本講座の受講生に招いていただきました

すてきな喫茶店で毎月音楽会や朗読を開催しているとのことで今月はゲストとして招いてもらいました
自分の画像を撮影しなかったのですがピアノの先生のリードで参加者が楽しく歌っているシーンを撮影させてもらいました、参加者は40人くらいです

90分のイベントの途中に20分の絵本らいぶを入れてもらいました、最初はみんなで歌を歌います、わりと高めの年齢層?の皆さんですがいつも歌っているらしく声がとてもきれいです

先生に自分の紹介をしてもらいふくちゃん登場です、画像のピアノの前あたりで立って読みます、始めに「えらいえらい」大人も楽しめる絵本です、頭をやわらかくしてもらうため「なんでえらい」と問いかけるのですがみなさん???と声が出ません、大人は理屈で考えるので悩みます、「皆さんもっと柔らかく」とお願いして徐々に調子をあげていきます

少し雰囲気も慣れてきたところで「うえきばちです」これはもう理屈ぬきで楽しめます、みなさん大受け、なにしろこの手の絵本はあまりご存じないですからね〜やっと絵本らいぶの雰囲気になってきました

慣れてきたところで「ハートリペアショップ」でまともな?絵本もありますよと紹介して、最後はやっぱりこの絵本「おならうた」でしめました、おわったら最前列の人達が「いやー絵本って面白いんですね」と感想をのべられ一同「ほんとですねー」と納得していただきました

実は今回のような高めの年齢層の人達だけに楽しんでもらう絵本らいぶは初めてでした、でもやっぱり大人も楽しめる絵本らいぶが実証できました、絵本はだれでも楽しめるのです、みなさんありがとうございました
 

NO 254 とっとことっとこ4

山田保育園






































だるまさんとえらいえらい













うちのかぞくおえどのおなら











あるのかな
とっとこ










場所   新潟市西区 市立山田保育園

対象   全園児

よんだほん

一歳〜三歳組     だるまさんと  とっとことっとこ

四歳組        えらいえらい  うちのかぞく

五歳児組       あるのかな  おえどのおなら




今月29日に町内連合会の主催で絵本らいぶをやることになりました、場所は地区の市民会館です、かなり大規模な町内会行事なので参加人数も多くなりそうです

そんなことで同じ地区にある市立保育園にイベントの告知を兼ねて行ってきました、久しぶりに一人だけで絵本らいぶです、玄関を入ると告知チラシと「ふくちゃん絵本らいぶ」のチラシがでーんと貼ってありました、画像のものです、うれしいですねー

そして遊戯室にまずは四歳児組さんに集まってもらいました、「えらいえらい」「うちのかぞく」を読み終えると子どもたちからもーひとつコールが出ました、残念ですが次のクラスが待っているので終わりにします、保護者の人も何人か見てくれていました、いかがでしたか?

ではクラスを異動と思ったら五歳児さんが入れ替わりに遊戯室に集まってきました、それもみんな水着をつけています、どーしたのーと聞くと「このあとプール」と答えてくれました、なるほど絵本のあとはプールですね

「あるのかな」「おえどのおなら」を読みました、子どもたちは大喜びでしたが見ていた保育士さんたちはどうだったのでしょう、忙しいので感想を聞きそびれてしまいました、やはりもう一冊コールがありましたがプールも待っているし次のクラスがあります、子どもがひとり「ふくちゃんもプールはいろう」と誘ってくれました、いゃー嬉しいことです、初めて会ったのにちゃんとお友達と認めてくれたんですねー
ありがとう〜

そして最後に1歳さんから3歳さんまでのクラスが集まってくれました、おやおや体調が悪くプールに入れない大きな子どもたちも一緒に見てくれるようです「だるまさんと」「とっとことっとこ」を読むと三歳児さんでしょうか、一緒に「とっとことっとこ」と声を出してくれました、良い感じですねー

こんな風に絵本を読んでいるとあっという間に時間がすぎてしまいました、入れ替わりの時間も含めて40分の楽しい時間となりました、子どもたちはどーだったかなー
初めて聞いてもらった先生もいかがでしたかー

急に告知も兼ねた絵本らいぶをやっていただきありがとうございました

No 253 だれかがほしをみていた4

下山ふたり






















下山こどもたち





















れいぞうこバスがきました









いっぽんばしにほんばしねこのおいしゃさん











いろいろおんせんこんこんこんなかお

だれかがほしを

















場所   新潟市東区  社会福祉法人 下山保育園

対象   全園児さん

よんだほん  れいぞうこ  ばすがきました
       こんこんこんなかお いろいろおんせん
       いっぽんばしにほんばし ねこのおいしゃさん
       だれかがほしをみていた



新潟市の東区 私立下山保育園さんに行ってきました

今までは市立保育園に行くことが多かったので気がつかなかったんですが、こちらはみんな制服を着ています、制服だと何か大人びた?感じがしますがどうですか
クラスの名前も、太陽・空・虹組などかっこいい名前です、名前に負けず元気のいい子どもたちでした

画像は先生が撮影したものをお借りしました、子どもたちが集中してみている様子がわかります、ふくちゃん・しんちゃんはいつもの顔ですがちょうど「こんこんこんなかお」を歌っているときです

最初緊張気味の子供達でしたが歌入り絵本が始まるとみんなじーと絵本と楽器をみてくれます、手遊びいりの
「いっぽんばしにほんばし」ではみんなしっかりと手遊びをやつてくれました

「ねこのおいしゃさん」はみんなにねこの気合いをやってもらい一斉に「ニャオー」と遊戯室に大きな気合いを入れる声が響き渡りました、初めてやってもらうパターンでしたがこどもたちは元気にやつてくれました

予定していた30分を少し過ぎて40分くらいのステージとなりました、こちらでも二歳さんクラスの子供達や一歳さんも楽しんでましたよーと保育士さんからの感想をもらいました、園長先生からも好意的な感想をいただき初めての場所での絵本らいぶは楽しくやらせてもらいました 



No 252 月ようびはなにたべる4

月曜日はなにたべる学校はカラッポにならない








場所   新潟市 子育て支援センター ドリームハウス

対象   入園未満児とおかあさん

よんだほん  月ようびになにたべる  学校はからっぽにならない


月に一度のこちらでの絵本らいぶ、最近は絵本らいぶの数が増えたので一ヶ月があっという間にやってきます
お盆前ですが今日も六組くらいの親子さんが絵本を楽しんでくれました

二冊読んで雑談コーナーになってから先月こちらのプレスでのインタビュー記事の話が出てその中で「絵本は自分の好きなように読んでも良い」との事を言ってたけど、あぁーそうなんだと感心しました・・・と言われました

こちらに来て最近このような話をさせていただく事が多くなりました、そこで再度自分の思いを書いて見たいと思います

「絵本を読むには自分の好きなように読めばいい」= 「自然体で読めばよい」と言うことです、読み聞かせを学んでいくと必ず読み方の方法という事が出てきます、声色はつかわない、声に極端な高低はつけない、読み手のキャラクターはいらない・・・などなどです

これらを意識しながら読もうとすると「読み聞かせ、負の蟻地獄」に落ちてしまうことになります、それらは確かに知っていても良いものなのですがこれから読み聞かせをやりたい、我が子に絵本を読んであげたいと思う人達には入り口の教科書としてはどうなのかと感じてしまいます

絵本を読むのは難しい、自分のこどもに読んであげるのも難しい・・・
と思っている方は大抵「読み聞かせ、負の蟻地獄」にはまっているのです、つまり沢山の読み聞かせ方の情報を入れすぎて本来の「絵本は楽しいもの」が見えなくなっているのです、それがなぜいけないのか

今日の絵本らいぶを終えて帰ろうとしたら一人の男の子がお気に入りの絵本をおかあさんに手渡して読んでもらいました、「まついのりこ」さんの「とっとことっとこ」と言う絵本です、自分も好んで読んでいる楽しい絵本です、「ねこさんくつはいて、とっとことっとこ」と続いていきます

これをお母さんはみごとに自然体で読んであげていました、その読み方はだれでもかなわないと思います、むろん自分が読んでもこんな風には読めません、上手いのです、そこには読み方の云々などは全く不要な世界です、なぜか・・・お母さんののこどもに対する愛情とご自分も好きな絵本を読んでいるからに違いありません

これこそ究極の読み聞かせではないかと思います、決して義務感でよんであげたり、読み聞かせの知識を発揮して読んでいるわけではないのです、自分が読んで楽しいと思える絵本を我が子にも伝えているのです、こんなに普通の事として出来ることを多くの人達が誤解をして「絵本を読むのは難しい」と感じているとしたら大変残念なことだと思います、これは何とかしないといけないでしょう

まずは今日のおかあさんに「とっとことっとこ」を来月みんなの前で読んでもらうことにしましょう、Tさんお願いしますね


NO 251 学校はカラッポにならない4

はちらいぶ
























はちひとり
























おっかけさん



















はちさんにん

























学校はカラッポにならないすてきなぼうしやさん
いっきょくいきまぁす








いろいろおんせん
こんこんこんなかおだれかがほしを

















ハートリペアしらないまち

















場所  新潟県 十日町市 鉢&田島征三 「絵本と木の実の美術館」

対象  入場無料

よんだほん    学校はカラッポにならない しらないまち
         ハートの修理屋さん いろいろおんせん
         すてきなぽうしやさん だれかがほしをみていた
         いっきょくいきまぁす こんこんこんなかお


新潟県 十日町市で開催されている「大地の芸術祭」のひとつ 絵本作家田島征三さんが廃校となった小学校全体を使った美術館の中の校長室跡につくられたレストランの中での絵本らいぶです

美術館は大地の芸術祭の中でも人気スポットらしくどんどんお客様がやってきます、観光バスツァーもあるのでひっきりなしです、その中にあるレストランも大賑わいです、部屋のコーナーに陣取っていざ絵本らいぶの開始ですが皆さん食事やらティータイムやらなのですがとにかく始めます

「どおぞ食事を続けながら耳だけでもどうぞ」とお願いして「だれかがほしをみていた」歌付きバージョンから入りました、終わるとみんな拍手をしてくれます、芸術を好むみなさんはやさしいですねー予定の30分間はあっという間に過ぎてしまいます、レストランに入らない人は移動中にローカからこちらを見てしばしらいぶを眺めてから次の部屋にいきます、「絵本を読んでいるようだがなんだろう」てな事を思いながら歩いているんでしょうか

予定通り終わったところで知人が何と絵本らいぶを見にはるばる新潟市から二時間かけて来てくれました、「ふくちゃん」のおっかけと称していますがうれしいことです、それならばと第二部をやりましょうとレストランの外のテーブルがある場所で即席絵本らいぶをやります

大人三人を目の前にして読みますレストランではやらなかった「学校はカラッポにならない」を読みます、この美術館の事が絵本になっています、この絵本を読んでから美術館を見ると良く分かると思う絵本です、目の前三人に読んでいるのですがレストランの窓から食事の合間にこちらを見てくれたり、隣の展示場から見たり
ついにはテーブルの前まで来てくれる人達まで出てきました

その人達に絵本を見てもらいながら読んでいると何と二階の教室からも顔を出してこちらを見ている人達までいます、すかさず二階の人達にもちらちらと絵本を向けて読ませてもらいました、みんなビックリの様子でみていましたが「田島征三さんの美術館で変に絵本を読む人がいた」とのみやげ話が出来たことと思います(笑)

画像はレストランでの絵本らいぶ、即席絵本らいぶ屋外の巻、大盛りあがりの追っかけ様向け絵本らいぶ(この様子を見て色んな人達が寄ってきました)、そして最後はお決まりのお疲れ様〜です、しんちゃんと自称マネージャーの三人でぱちり

同行していた人いわく「いつでも・どこでも・だれにでも」と出来る絵本らいぶは最高ですねーもう怖いものはないでしょうとお褒めの言葉? 確かにその通りのわたくしでした、はい いゃー今回は楽しい時間でした
考えたらレストランで食事している人達の前で読んだのは初めてでした、でもちゃんとみなさん聞いて見てくれましたねー絵本のちからはすごいです、あらためて感じました

No 250 バスがきました3

のぞいてごらんバスがきました











場所   新潟県 新潟市西区 市立小針保育園

対象   二歳児組

読んだ本  バスがきました のぞいてごらん

No 249 てんごくのおとうちゃん5

黒崎ひとり





















黒崎プロジェクター























黒崎記念撮影






















てんごくのおとうちゃんどんなおと











あめふりくまのこれいぞうこ















いっぽんばしにほんばしいっきょくいきまぁす
















バナナをかぶってねこのおいしゃさん













いろいろおんせんこんこんこんなかお














だれかがほしをうえきばちです














ぼくがラーメンでんしゃにのって
















おならうた
おつきさま











場所   新潟市 黒崎地区山田公民館

対象   1歳児〜70歳代までの50人以上

入場料   1家族1000円


とんとんとんと今回の話が出てきて、あっという間にその日が来てあっという間に終わってしまいました

絵本を読むようになり、書店さんや保育園など全て自分で営業にいき「絵本らいぶ」をやってきました、その間いろんな人達のお世話になり、最初の保育園に行くきっかけを作っていただいた人に今回またお世話になりました

突然「ふくちゃんの絵本らいぶ」を有料でやりましょうとなり、チラシや開場手配、人集めなど全てやってもらいました、自分は当日行って絵本を読むだけというなんと
恐れ多いことが実現してしまいました

当日は多様な年齢層の皆さんが集まってくれて、大人も多くいて全くしらない人が突然会場にきたら何が始まるか分からないと思います、普通は絵本と言えば子どもたちだけが集まってくるわけですから、そして小さなこどもも90分最後まで見てくれました

あとで知ったのですが今回来てくれた人達は、保育士・元保育士・元保育園長さん
などのオンパレードだったそうで、これも後で言われましたが「この人たちの前で絵本を読めるとは立派です」の一言、先に聞いていたらプレッシャーでございましたよ

一番嬉しかったのは「これだけ幅の広い年齢層が一緒に同じ物を楽しめるなんてすごいことですよ」との感想でした、絵本の力はすばらしいですねー常々絵本はだれでも楽しめるとの思いで読んでいる身にとっては感激のお言葉でした

そしてそして今回の絵本らいぶを見てくれた人達の中に地域の自治会連合会の方がいて何と夏休み中のイベントで「絵本らいぶ」をやりたいとのことです、話はとんとんとんと進んでいて29日には立派なホールで150人くらいの人が集まる予定です


画像は一人で絵本を読む・初公開「てんごくのおとうちゃん」プロジェクター上映と
絵本を読む、そして今回の実行委員会のメンバーと打ち上げに参加してくれた皆さんです、大勢のみなさん本当にありがとうございました

ギャラリー
  • No 986  ほっこきよめどんを2年生に
  • No 982   だって・・・
  • No 981 保育士さんも癒されたい
  • No 981 保育士さんも癒されたい
  • No 979  着ているものはどこで買う
  • No 978 講座のような時間
  • No 976  育ちの森で絵本らいぶ&ミニ講座
  • No 976  育ちの森で絵本らいぶ&ミニ講座
  • No 974   落語でもりあがった
  • No 972  絵本の魅力
  • No 971  10年間毎年お世話になります
  • No 970  ディーサービスで絵本らいぶ
  • No 969  南魚沼で絵本らいぶ
  • No 969  南魚沼で絵本らいぶ
  • No 968  2歳児さんは成長したね
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 967  しあわせになあれ 
  • No 966  直前でもOKです
  • No 965  何歳ですか?
  • No 965  何歳ですか?
  • No 964 もうすぐ一年生だね
  • No 963  五年生のしあわせは
  • No 961 絵本は何回読んでもらってもいいね
  • No 961 絵本は何回読んでもらってもいいね
  • No 959  いいお顔がじようずな3歳児組
  • No 958  みんなで1曲いきまぁす
  • No 956  良寛さんは
  • No 955  保育園で1時間絵本を読む
  • No 954  柏崎市の保育園で絵本らいぶ
Archives
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

livedoor 天気
記事検索