こんにちはわたしのねこちゃん










場所      新潟市立保育園内子育て支援センター
対象      二歳児未満の子ども達とそのおかーさん
読んだ本    こんにちは さようなら 
        わたしのねこちゃん 

今日はいつもの保育園で月1回開催されている子育て支援センター事業の一足早いクリスマスと言う事で子ども達へのプレゼントを渡すサンタさんをやることになりました、あのサンタさんの衣装に身を包みプレゼントを配るのです

その前に、どうせなら子ども達に絵本も読んであげようと言うことになり昨日の二歳児組さんに続き
二歳児用の絵本を選んできました。

広い遊戯室に集まった親子20組がそれぞれ楽しく遊んでいるところに先生のアナウンス「みんなで、ふくちゃーん と呼んでみましょう」のかけ声で皆さんに呼ばれてステージ下にいきます、当初はサンタ衣装で絵本を読む予定でしたが例の大きなヒゲが邪魔で結局最初はいつものスタイルで読みました

はじめに「こんにちはさようなら」です、果たして初めて聞いてくれる親子はどんなふうに聞いてくれるのか不安でしたがみなさん静かに聞いてくれました、絵本に慣れ親しんでいる人達だけではないと聞いていたので、読み始めるとシーンと集中してくれたのは意外でした。

「ななこちゃん」がねこや、あひるたちに、こんにちは、さようなら、を繰り返していきます素朴な絵が親しみがあり子ども達も良く見てくれました

そしてちょっとおちゃまな「ねこ」の、わたしのねこちゃんを読みました、いつもなら二冊読んで終わるのですが、今日は初めて会う親子という事で、何とギターを取出しオリジナルの歌を唄ってしまいました、この日に向けて特訓?をして昔を思い出して唄います

ぼくの とうちゃん

僕のとーちゃん 野球がへたで 僕のとーちゃん 算数が苦手
かーちゃんと けんかして まけてばっかし だけど僕はいつもとーちゃんと
お風呂に入って お湯のかけっこ

僕のとーちゃん テレビが好きで 僕のとーちゃん お酒が好きで
かーちゃんの前で オナラばっかし だけど僕は そんなとーちゃんが
とっても とっても すきなんだ とても とっても すきなんだ


てな歌です、後でMDを聞いたら全く声が出ていませんでした、やはり歌いこまないとだめですねー
1曲だけ歌い、準備完了の保育園児達のステージにつないで、いよいよサンタさんに変身してプレゼントをあげて子ども達の驚きと嬉しさあふれる顔を見て初めての親子さん達への絵本ライブを終わりました

実は「絵本ライブ」と自分で言っているのは絵本+歌のスタイルをイメージしているのです、今日は文字通り初の絵本ライブのデビューとなりました、初めてのおかーさん達はどんなふうに思ってくれたでしょうか、気になるところですが、絵本二冊はしっかり見てくれたので今日は良しとします