トントンドアトントンドア
作:山崎ゆかり / 絵:荒井 良二出版社:偕成社絵本ナビ


うしろにいるのだあれうしろにいるのだあれ
作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ出版社:幻冬舎絵本ナビ



新潟市西区 坂井輪保育園 2歳児クラス

週一回の絵本の時間をもらっている保育園、今年はこれが最後です

2歳児さんクラスですね

最初に「トントントン」しか出てこない絵本です

荒井良二さんの絵がとてもきれいで独特な絵柄です

文章になっていないので小さな子どもたちにはどうかなと

今まで読んだ事がありませんでした

ある程度の年齢が行っているとそれなりに世界観があって

子どもたちも楽しめるかなと思っていました

2歳児さんに読みましたよ

最前列距離50センチにいた子どもが、読んでいくと

どんなおはなし?どんなおはなし?

とこちらに聞いてきます、かなり気になっているようです

絵の世界に入って「⚪︎⚪︎がいた」などと言う子どももいます

どんな話か気になる子も

その世界を楽しむ子もすごいですね、えらいです

ちゃんと絵本の楽しみ方を知っています

うしろにいるのだあれ

これは今度はみんなで、登場するものを当ててくれます

結構知っているんですね、

みみずく はさすがに知りませんでした

ふくろうと言ってくれましたが、何が違うんでしょうね

ネットで見たら「羽角」(うかく)つまり耳があるのがみみずく

とのことです、確かに似ているが違うのか、勉強になりました

みなさん次は一月に会いましょうね