開運さろん 斎庭 主宰 福致悠示

東京都江東区東陽町にあるサロン 誘導瞑想《パスワーキング》 ボディーワーク 占い《タロット、周易、占星術》 スピリチュアルカウンセリングなどにより 貴方を開運をサポートします。

東京都江東区東陽町にあるサロン ボディーワーク 占い《タロット、周易、占星術》 スピリチュアルカウンセリングなどにより 貴方を開運をサポートします。

2012年02月

殆どの人間は三次元の柵の中で眠ったまま一生を終える。

トートタロットパスワーキングシリーズ
XXI The Universe ユニバース 宇宙
image261
























先ずは、マカバボディを作成してフールチャイルドとメーガスを召喚
ワールドの世界にパスワーキング。

先ずは四大元素のケルビム達がいる。
さらにそ奥に入っていくと巨大な目がある。

その目は世界を見通す、天目一箇神の目。
宇宙の根源神の○,のスの大神

そこから巨大な蛇が現れる。

蛇はさらに一つ奥の柵の中へと入っていく。


『我は、宇宙の根源神、スの大神より生まれし、三次元世界の管理者
 我は、昼の次に、夜が来て、冬の次には春が来る、変わらぬ不変の管理者
 我は、子供は大人になり、盛者必衰の理を示す変化の管理者。

 殆どの人間は、我に創りし三次元という柵の中で眠ったまま過ごす
 そして、無常をしって命を終える。

 但し、一部の人間は、この柵の中で目覚め我と共にあり
 宇宙の根源神であるスの大神へと通ず
 そうすれば、宇宙の全ての出来事は己の中に存在する。』

結路
『私も目覚め、貴方と共に存在したいです。』


『うぬは目覚めかけておる・・・但しうぬは我を恐れている・・・』

結路
『はい・・・
 まだ幼稚園児の頃夏休みに母の実家に一ヶ月くらいあずけれれて
 けっこう辛い体験をしながら過ごしました。
 そんな中で、裏山に一人で遊びに言った帰り道
 土手の上から鎌首をもたげた赤黒い蛇を私を見ていたのです。
 それ以来、蛇がとても怖くて恐ろしいものになりました。』


『馬鹿者
 その蛇は、その土地の地母神。その土地の龍脈を司るものぞ
 そなたの苦しみを感じそなたを見守りに来たのだぞ・・・』

結路
『っげ・・・そうなんですか・・・でも怖かった
 でも今なら。。。。感謝してお礼を言えます。
 地母神様見守りに来てくださってありがとうございます。』


『うむ。
 しかし、お前が地母神を恐れたのは仕方の無いことなのだ。
 あの蛇はただの蛇ではなく根源のエネルギーに通じるもの
 そのエネルギーを感じられるものは畏怖と恐怖を抱くのが通常。

 但しお前もだいぶ根源のエネルギーになれて来たので大丈夫なのだろう』

結路
『はい、そうですね。
 原初の根源のエネルギーを怖がるのはわかります。
 根源のエネルギーに福地結路が近づくにつれて周りの人間の
 福地結路に相対したときの反応も
 福地結路が幼少時に蛇を見たときの反応をする人々が出て来ました。
 私が何もしてない、話してないのにあの人は怖い恐ろしいと・・・』


『その様な者達は、頭で理解できない事を恐れるのだ
 なんでも頭で理解したいと思いそれ以外のものに恐怖を抱き拒絶する。
 本来根源のエネルギーの音韻である異言(ヘテログリッサ)を
 無理に綺麗な言葉に翻訳している者たちもそうだ。
 根源のエネルギーは恐ろしいので
 自分で理解できる形に無理に置き換える』

結路
『そうなんですか・・・人はなんだかわからないものは怖いです
 それを頭で理解できる形にして安心したい気持ちはわかります。
 でも福地結路はもう根源のエネルギーを頭で理解(支配)するより
 エネルギーそのものに寄り添って(トランス)一緒にいる方が
 気持ちよいのでそうしています。
 その様にしていると理解しようとしてないのに自然と判りあえて来ます
 しかしそれは、言葉ではなく感覚なんです。』


『それが正しい感覚だ。
 アトランティス時代は、
 その根源のエネルギーを支配(頭で理解)しようとする人々
 ムー大陸のように、
 根源のエネルギーに寄り添う(トランス)人々に分かれて暮らした』

結路
『何故アトランティスは崩壊したのですか?』


『根源のエネルギーを支配したい人々は
 先ずは、根源のエネルギーに繋がった人間狩りをして
 人体実験をしてそのエネルギーを奪い取った。
 アトランティス時代にサイキック(ムーの人々)の人間狩り
 が起こったのはそれが原因だ・・・』

結路
『そうなんですか・・・』


『それに飽き足らず、アトランティス人は今度はその土地ごとの地母神
 (竜脈)である根源のエネルギーを捕獲し支配しようとして。
 所謂、聖地の神狩りが始まったのだ・・・
 そのエネルギーは人間狩りで得られるエネルギーに比ではなかった。
 アトランティスのマッドサイエンティスト達はムー大陸の聖地の神々を
 次々に捕獲して支配した。
 ムー大陸が殻になると今度はアトランティス大陸でも同じことをした。
 さて、結路よ
 地母神がいなくなった土地はどうなるかわかるか?』

結路
『荒地とかしてしまい、生命は育ちません』


『では、大陸から全ての地母神がいなくなったらどうなるか?』

結路
『その土地は崩壊します。』


『そうだ。地母神が土地からいなくなったらその土地は崩壊する。』

結路
『2012年の地球崩壊が免れた日本ですが・・・
 根源のエネルギーによりそう(トランス)と言う人よりも・・・
 根源のエネルギーを支配(言葉により頭で理解する)
 人々が多くなってきています・・・
 それってどういうことなのですか?』


『その者たちは、殆どのものがアトランティスの崩壊に一役買った人々
 そのカルマから抜け出せないでいるのだ。。。。
 本人が気づいていなくても周りの者たちはみな気づいているがな。』

結路
『そういう人たちには、何か言ったりしたほうが良いのですか?』


『なにもしなくて良い、何も言わなくて良い
 うぬが本当に、目覚め我と共にある時。
 うぬは、宇宙の根源神スの大神の元、地母神と共にある。
 その状態を見て、己の間違いに気づき、そうありたいと願うだろう』

結路
『では、福地結路はあとどれくらいで本当に目覚めそうですか?』


『うむ、あと三千回ほど輪廻転生して修行をつんだら目覚めるであろう』

放射線で傷ついたDNAを修復する。聖ヨハネの秘伝「ソルフェジオ周波数」

ソルフェジオ周波数とはソルフェージュ音階の事で、
ソルフェージュ音階は聖ヨハネへの賛美歌などに代表されるグレゴリオ聖歌に見られる音階のこと。
グレゴリオ聖歌は、ミサの時に複数の音のハーモニーで歌われることで、祝福に満たされると信じられてきたものなのですが、最近、この音階の音には様々な作用があることがわかってきたそうなのです。
 
近年になってこのパワフルな周波数がヨゼフ・プレオ博士によって再発見されたことが、
DNAの研究者であるレオナルド・ホロヴィッツ博士の著書
"Healing Codes for the Biological Apocalypse"に書かれています。


•396ヘルツ・・・罪・トラウマ・恐怖からの解放
•417ヘルツ・・・マイナスな状況からの回復、変容の促進
•528ヘルツ・・・理想への変換、奇跡、細胞の回復
•639ヘルツ・・・人とのつながり、関係の修復
•741ヘルツ・・・表現力の向上、問題の解決
•852ヘルツ・・・直感力の覚醒、目覚め
•963ヘルツ・・・高次元、宇宙意識とつながる

これらの周波数は現代音楽の音階とは全く異なる周波数。
いわば、現代音楽から抜け落ちた周波数とも言えます。
これらの周波数は新しい刺激を脳に、そしてカラダに与え、
調整していきます。それによりこれまでの固定化した思考から
新しい思考への解放をとてもパワフルに促してくれます。


放射線で傷ついたDNAを修復する!? 祝福された幻の音


福地結路の場合は、639Hzのトラウマの癒しが必要


皆様もご自分に必要な周波数をYouTubeで検索して聞いてみては如何?

魂は永劫に〜輪廻転生と大河の一滴〜

トートタロットパスワーキングシリーズ
image251
























XX The Aeon アイオーン 永劫
大アルカナの大きい番号になる程そのパスは開きにくい・・・
結局このパスも5日間かけて少しずつ開きました。

なので結果の文章は一度に体験したものでなく少しずつ教わったものです。


先ずはマカバボディを作成してフールチャイルドとメーガスを呼び
永劫の世界にパスワーキング(平行異次元旅行)

まずは大きな闇が見える
その闇の中に入っていく。
そこは天空の夜の神ヌイトの大きな身体の中。

ヌイトの身体の中は明るく暖かい。

結路
『あなたはそこで何をしているのですか?』

ヌイト女神
『私は全ての生き物を生み出している。
 この地球上に存在する全ての有機体は私の子供達である。』

そんな会話をしながらさらにおくに進むと
玉座にホスル神が座っている。

結路
『貴方はそこで何をしているのですか?』

ホルス
『私は見守るもの、全ての生命の営み、循環を見守っている。』

そしてそこには、ホルス神の分身のアストラル体の巨大な子供がいる。
ウキウキしながら、大地を見つめている。

大地の中から蝉の幼虫が出てきた。

ホルス神の幼児のアストラル体が蝉の中に入る。
蝉が羽化する。
その時、福地結路は同時に蝉の一生を体験する。

時を同じくして、
泥の中から蓮の華の蕾が出てくる。
ホルス神の幼児のアストラル体が蓮の中に入る。
その時、福地結路は同時に蓮の華の一生を体験する。

今度は毛布にくるまれた人間の赤子が出てくる。
ホルス神の幼児のアストラル体が赤子に入る。
その時、福地結路は同時に赤子になる。

赤子が少年になり、空き地で昆虫採集をして遊んでいる。
少年が虫取り網で鬼ヤンマの(蜻蛉)を捕まえる。

その時ホルス神からの声がする。
『お前は、今蜻蛉を捕まえたが、その蜻蛉は、お前である。』

子供(結路)
『どういうこと!?』

ホルス神
『お前に蝉の一生と蓮の華の一生を同時に体験させた。
 それはすなわち全ての有機体(生命)は同じ一なる者の分身
 なので全ての有機体は他者でありながら己である。』

子供(結路)
『おいら頭が混乱してきた。
 この空き地の雑草も駄菓子やの叔母ちゃんも水溜りのアメンボも
 全て、自分と同じ一なる者の分身だから
 他者でありながら自分と言うこと・・・』

ホルス神
『そうだ!!
 信じないのなら、今言った全ての一生を体験させようか?』

子供(結路)
『いえ・・・結構です。。。
 でも、そんなことを言ったら、肉も野菜も食べられないし・・・
 虫も殺せないじゃないですか!!!』

ホルス神
『全ての有機体は他者であり己である。
 三次元を離れ一なる者にまた統合されれれば一つになる。
 そう考えれば、肉も野菜も己を生かすために死んでいった己
 そう考えれば、今まで以上に罪悪感よりも感謝の気持ちが生まれぬか?』

子供(結路)
『う〜ん。ハイ。そうです・・・
 でもあの駄菓子やの叔母ちゃんまでおいらの分身とは認めたくない!
 クラスの中の愚鈍なあいつや嫌味なあいつも
 おいらの分身とは認めたくない!!!』

ホルス神
『全ての有機体(生き物)全て他者であり己である
 この事が真にわかるときが来たとき。
 全ての有機体(生き物)を愛おしく分け隔てなく愛せるときが来る
 それまでは、
 己の中の一なる者と繋がる阻害物(ネガティブなトラウマ)
 を昇華させる事を心がけよ。
 重ねて言うが、周りの誰かが、嫌いもしくは許せない時は
 己のなかのトラウマもしくはシャドウなのだぞ・・・
 その様なときは相手を攻めるのではなく内省せよ・・・』

子供(結路)
『はい。判りました。
 この三次元に存在する有機体(生命体)は
 全てが一なる者からの御霊分け。
 なので他者であり己であるのですね。』

それを納得すると場面が変わる。
棺の中から三メートル程の巨大なミイラが起き上がる。
ホルス神の幼児のアストラル体が蝉の中に入る。

すると、ミイラに肉が付きエジプトのファラオの様になる。

結路
『あの人も自分の御霊分け?でも時代が違うよ・・・
 ぁあ!!そうだ 福地結路の前世!?』

ホルス神
『時代が変わっても、一なる者からの御霊分けである魂は蓄積される。
 お前は前世と言う言葉を使ったが、そういう言い方をすれば
 現在までに誕生した全ての人間は全ての人間の前世となる。
 
 簡単に言うと、大河の中から一滴と取り出しても
 それは、大河の全ての情報を含んでいると言うことだ

 今回あのファラオをお前に合わせたのはお前の魂に染みを作った
 前世からのトラウマを解消させる為だ』

結路
『あの人は何ていう名前の人ですか?』

ファラオ
『我はラムセス三世なり』

そういわれると、自分がラムセス三世になった。
玉座の周りには、誰もいない・・・
居るのは一匹のチーターだけ・・・
ファラオ(自分)が唯一心を許せるのはこのチーターだけ・・・

后も子供も大臣も神官も誰も信じない・・・
そう思い寿命で死んでいった・・・

福地結路に戻ると前進にトラウマの嫌悪感。
自分以外の人間を信用すると必ず裏切られると言うトラウマ。。。

このトラウマはなぜか昔から持っている。
このトラウマを持っているから必ずその様にマイナスの現実を引き寄せる。

福地結路としての一生の中には、このトラウマを作る原因となった体験がない・・・


ヌイト神
『今生でのトラウマがほぼ解消されたら・・・
 血統の一族のトラウマや
 日本人としてのトラウマや
 前世のトラウマにも取り組む・・・
 地球のトラウマ・・・
 それが完全に昇華できた時
 この地球は完全なる次元上昇が起こり
 お前は、生きながらにして一なる者と一つになる。』

福地結路
『無理だから・・・!!
 ほかの人あたって下さい・・・。悪しからず』

アバンダンス(豊かさ)WS 〜お金のブロックを取り、宇宙貯金をおろしましょう〜


アバンダンス(豊かさ)WS  
〜お金のブロックを取り、宇宙貯金をおろしましょう〜

さてさて
春分の日の前後三日間はお彼岸ですね。
普段ご先祖様の事を考えない人でも、お彼岸にはご先祖様の事を考えますね。

今回は、このご先祖様が帰ってきているお彼岸に
  先祖供養をしたり、ご先祖様とコンタクトを取る事によって。
  
  『ご先祖様からの寵愛を受けて
   あなたの中の眠れる財宝を掘り起こし
   お金のブロックを取り払い、先祖の功徳(宇宙貯金)を下ろして
    豊かさを受け取りましょうるんるん
                       っと言うWSです。


今回使用するエネルギーは
プラネットレイキ 追加版 冥王星&カロンのWSです。
カロンでお金のブロックを外して
冥王星のエネルギーで先祖代々の資産(宇宙貯金)を降ろします。
    そのときに宇宙貯金がマイナスの人は、先祖供養致します。


お金を受け取る事に対するブロックをヒーリングして、
     冥界からの眠れる財宝を発掘するお手伝いをします。


「お金ドル袋を受け取る。」
特にスピリチュアルな世界の方ほど、
このあたりのブロックを抱えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

カロンは、ギリシャ神話でいう三途の川の番人で、
  お金を払わなければ船に乗せてくれないそうです。
  (日本の三途の川の番人もそうですよね☆)

「お金をいただくこと」に対して、ブロックや遠慮がある方を
            このカロンのエネルギーでヒーリングします。

そして、カロンは冥王星の衛星です。

冥王星はプルートです。
      プルートは冥府の王で富と財産の神様です。

なぜ、冥府の王が富と財産の神様なのでしょうか?

冥界は並行次元界の地下世界にあると言われています。
この地球上の金銀財宝(金・銀・クリスタル・宝石類)は、地球の奥深く
地中から発掘されます。

私達の肉体の奥深くにも、眠れる財宝がたくさんあります。
発掘されていないだけなのです。

しかし、ただ発掘するだけでは意味がありません。

カロンのエネルギーでお金を受け取ることのブロックをヒーリングし、
その後、プルートのエネルギーで肉体の奥深くにある財宝を掘り起こます。

一度のWSで、「受け取る」ことのブロックを穏やかに取り除き、
さらに、あなたの中の眠れる財宝を発掘します。


まあ簡単に言えば、豊かさ(アヴァンダンス)開発系のワークショップです。



カルキ・バガヴァンの教えにによると
父親との仲が悪いと・・・・金銭的に問題が出る
母親との仲が悪いと・・・・社会的・人間的トラブルに巻き込まれる
                      っとのことでした。
っという事は
父方の先祖供養をすると、、、金銭的アバンダンスが訪れ
母方の先祖供養をすると、、、人間関係での至福が訪れる
                   っと言うことになりますね。

皆様も
 『先祖供養をして
  金運ドル袋UP右斜め上&人間関係の至福ハート達(複数ハート)
              を招福到来致しましょう』



【内容】
1先ず始めにファシリテーター&参加者全員で
 冥王星&カロンをイメージしたクリスタルグリッドを作ります。

2福地結路担当
 ・カロン(お金を受け取る事へのブロックを取る)エネルギーワーク



3さむはら道場研修生(アシスタント) さっとん担当
  ユニヴァーサルコネクトヒーリングの一部を使って
  父方の霊脈、母方の霊脈共に
  不成仏の方には成仏してもらい
  既に成仏されている方にはさらに霊格を上げてもらい
  ご先祖様が蓄積した功徳を頂くエネルギーワーク


4福地結路担当
 ・冥王星(眠れる財宝を発掘するお手伝いをします)エネルギーワーク
 ・エネルギーと波長あわせをするワークあり

5さむはら道場研修生(アシスタント) おしら担当
 ・貴方の眠れる資産(輪廻転生やご先祖様の功徳の宇宙貯金)を
  ご先祖様より頂く。
  宇宙貯金がマイナス(不成仏なご先祖が多い場合)は御霊上げをする。
 ☆ご先祖様からの開運に対するメッセージ
 ☆どの様な宇宙貯金が降ろせるようになったかをリーディング致します。


6参加者様ご担当
・エネルギーワークで観たヴィジョンや感覚を各自絵に描く
・抽象画や殴り書きも可能




【日時】  2012年3月19日 12:00〜15:00
【参加資格】 どなたでも面識の無い方でも受けられます
       自己責任においてご参加下さい
※単発でもご参加いただけます
※初心者向けの歌ったり・踊ったり楽しい内容になっています。
 自我で抵抗しなければ、どなたでも安心して魂の回帰を味わえます。

【場所】  さむはら道場優香治 東京都江東区
 http://blog.livedoor.jp/fukuchi00/archives/50912656.html
【定員】   8名様
【参加費】 八千縁
【持ち物】 お手持ちのクリスタル

※並行次元と波長あわせをするために
 ファシリテーターとアシスタントが異言(ヘテログリッサ)を使います。
 ご参加の方も魂が目覚めて異言が発動する場合があります。

意識と無意識、無意識と集合的無意識の間にあるゲートを潜るときは慎重に

トートタロットパスワーキングシリーズ
XVIII The Moon ムーン 月
image231
























マカバボディを作成してフールチャイルド&メーガスを召喚して
ムーンの世界にパスワーキング(異次元旅行)

ムーンの世界に行くと、大きな二つの塔が見える、
その塔までの道のりを歩く。

結構多くの人が歩いている、

メーガス
『この歩いている人の多くは睡眠中の人
 しかし、この塔の門を潜れるのは資格のあるもののみ』

結路
『資格って!?』

メーガス
『このムーンの塔のゲートを潜ると、その先は自分の無意識の世界。
 そのゲートを潜るためには二つの資格が要る。
 1 このゲートの開閉が自在に出来るもの
 1 自分の意識のごみ掃除
 (10番代のパスワーキング)を充分にしたもの』

結路
『その資格の無いものが通るとどうなるの?』

メーガス
『意識のゲートを自在に閉じられないものが潜ると
 意識と無意識が混在して電車の中で奇声を発するようになる。
 何時も、ぶつぶつと独り言を言いながら白昼夢を見るようになる。

 意識のごみ掃除を充分にしてこなかったものが通ると
 このムーンの世界の無意識から湧き上がるのは、
 忘れていた未昇華の記憶
 所謂、自分のトラウマや見たくない側面その様な感情に押しつぶされる』

結路
『そうなんだ・・・』

そんな会話をしながら、二つの塔の門番であるアヌビス神のところまで行く
アヌビス神は普通に福地結路を通してくれる。
多くの人々はここでジャッカルに引き止められて引き返す。
このジャッカルはケルベロスなのかな〜っと思いながらその光景を見る。


塔の門を潜り抜けて、無意識の世界を歩く。
福地結路はパスワーキングとして来たのは初めてだが
色々とチャンリングなどでこの世界には来ている様だ。

そのまま、奥に奥に、底のほうに沈んでいくと光が見える。

その光に触れると気持ちよい・・・自然と異言(ヘテログリッサ)が出る。

メーガス
『この無意識の底の底、奥の奥のそのまた向こうには、集合無意識の世界
 その中には、神我である神の御霊分けとしてのエネルギー体がある。
 この扉の向こうに行くには覚悟が必要』

結路
『どんな覚悟ですか?』

メーガス
『二つの塔の意識と無意識の扉はアヌビス神がゲートの管理をしている。
 しかし、この魂の底の底、奥の奥には、到達した者がが自分で潜るか決まる。』

結路
『到達してしまいました・・・潜ろうと思います』

メーガス
『お前は既にこの奥から発せられる神我の光を充分に浴びて準備が出来ているが・・・
 そうでないのにここまで到達し、このゲートを潜ってしまうと』

結路
『潜ってしまうと!?』

メーガス
『心理学的に言うと精神分裂病
 スピリチュアル用語で言うとスピリチュアルエマージェンシー
 三次元で使われない異言を話し、
 常に耳元で誰かの声が聞こえ
 三次元以外のビジョンが現実に重なるように見えるようになる・・・』

結路
『先に言ってよ、もうくぐちゃった:(;゙゚'ω゚'):
 福地結路は廃人になっちゃうの?』

フールチャイルド
『だ〜か〜ら〜
 お前は既にこの光に充分触れて、
 ゲートの開閉が自在に出来るから大丈夫なんだよ〜ん(≧ω≦。)プププ』

一安心した後に福地結路は目の前にある、光の球体
今までは、その光を浴びるだけであったがその光の球体の中に飛び込んだ

そのとたん体中に稲妻が走り沢山の異言を話同時にその意味を理解しながら
多くの神々と会話をした。。。。
が・・・・・
ポスワーキングを終えると、何を話したのかすっかり忘れた・・・


フールチャイルド
『ナワール(集合的並行異次元の神我の世界)の出来事をそのまま
 トナール(現実の三次元世界)で記憶を保持するにはお前はまだまだだ』

個性化の過程(自己実現)を阻む最大の要因は皆同じという協調性

個性化の過程とは
自分が何者で、何をしに三次元に生まれ、何をなすか。
と言う事を自分で認識する事。

その個性化の過程が出来れば、現象化能力が高まるので自己実現は(好きな事だけしてお金に困らない)たやすい。

そして、自己実現したもの同士の繋がりは、お互いの個性(考えや思いの違い)を認めあっているのでつかづ離れず必要な時には手を繋ぎ大きな目的を達成する。
自己実現が出来たもの同士の繋がりはあらゆる分野のエキスパートの集まりなので役割分担も出来て各々が役割をこなす。


その個性化の過程を阻む最大の要因は皆と同じという協調性である。

協調性を叩き込まれた人間はお互いを理解するとは、意見を同じくする事と思っている。

なので協調性(皆で仲良く)を主張する割には個性を発揮するものに対して排他的である。

何故なら、協調性を叩き込まれた人間にとって、個性を発揮するものは、自分のシャドウ(押さえつけ人格の側面)
人間はシャドウを他人に投影した場合、全力で排除しようとするものである。

その様な協調性と言う名の元に作られた排他的な集団はどうなるか?

その集団のみのローカルルールが存在する、リーダーにイエスとしか言わない一種のカルト集団と化していく。

そして協調性を叩き込まれた人間は社会の支配者から歯車として使役され一生を終える。

何故なら協調性とは人々が烏合の衆となるように、各自個性化の過程を経て自己実現を果たしたら困る権力者によって植え付けられた思想だからである。


トートタロットXIV Art アート 技の精霊からのメッセージ
image191
























俺はお前の中に潜む、恐竜(残虐性、狂暴性、怒り)も含めてお前を愛している。
子供の頃に自由で居たときにそれを親や教師に怒られ、処世術の為に羊の皮を被ったお前。

もう今では自分が羊の皮を被った事さえ忘れているお前。

もうその皮を脱ぎ捨てろ!
社会の中でお前の中の恐竜が外に出てくるのが怖いなら、俺にぶつけろ。
全身全霊で俺はお前を受けとめてやる。

お前が真なる魂の躍動を見せた時、お前の魂は輝き自己実現の過程を歩きだすだろう。

それまで俺がお前の歩行器になってやる
全身全霊をかけて本気で飛び込んで来い。
コメント頂きました
トラバです♪
アセンション瞑想 (アセンション瞑想)
急がば回れ
記事検索
占術の館
つれずれ草
地球を救おう♪
ツイッター
フェイスブック
MIXI
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ