《転載歓迎》2012年に向けて2011年大晦日に降りてきたメッセージ

2011年も終わり2012年になろうとしています。
2012年といえばスピリチュアルなひともそうでない人も
マヤ暦の終わりやアセンションの事を思い出すと思います。

そこで
スピリチュアルリーダーとして二極分化していきます。

機‖荵絢\こβ臉錣簑腓な地震、放射能汚染など
  人々の不安をかきたてるような日記やつぶやきを載せる人
  そして、解決策を出さないまま、
  瓦礫受け入れ反対など政府などに不満を訴える人々

供.▲潺縫坤猜顕修箸靴銅然と共存を訴え
  自分の真我と繋がれば、有事の際も落ち着いていられ
  自分の中に魂の平和をもたらせば
  それが音叉の波動となり世界に平和が訪れると訴える人々


前者の人々には、不安な人々が集まり不安を分かち合うことで安心します。
しかし、思い出してください
1999年にオウム真理教がなぜあんなにも信者を作ったか?
1999年地球崩壊説(ハルマゲドン)を訴え
オウム真理教に入信すれば安全と訴えたからです。


ここで皆様に霊界の仕組みをお話します。
死ぬときに、不安や恐怖や苦しみをもって死んでいった人は地獄に行きます。
死ぬときに、生まれてきたことに対する感謝と人々に対する愛と満足感をもって死んでいった人は天国に行きます。

それは、自殺、事故、病気、寿命すべて共通です。

波動・同調の法則というものがあります。
それによって、不幸と思う人々はその人々の魂の集合体に受け入れられ
幸福と思う人々はその魂の集合体に受け入れられるだけの話です。


もし、2012年に所謂スピリチュアルな人々のいうところの
次元上昇が起こったとします。

そうなった場合、
前者の不安をあおる集団に属している人々のアセンション先
後者の真我に目覚め平和の願う光のネットワークに属している人々の行くところ

何処だと思いますか?

そしてあなたはどちらのアセンション先に行きたいですか?


そうは言っても不安や恐怖があるのは当然です。
その不安や恐怖を感じる事は悪いことではありません。
ただそう自分の有機体が感じていることを実感する。
それだけで不安や恐怖は影をひそめ光への力へと変貌していきます。

みなさん、自分に帰る作業
今・何処で・自分が何を感じ・どうしたいのか?
常に感じる《三次元のマトリックスから抜け出す》
そうすれば、森羅万象の出来事は、
すべて共時性の中の兆しと出来事になります。