さてさて
今まで正式メニューに無く、直接会ったことのあるお友達だけに行っていた
『聖母マリア様からのメッセージ』
先日、マリア様が降りてきてもっと多くの人にメッセージを与えなさいっと言われたので、
本邦初公開
Webでマリア様からのメッセージを降ろしたいと思います。

また8月15日はローマ・カトリック教会の聖母被昇天の大祝日
そして正教会では生神女就寝祭が行われる日です。

その前後10日に8月5日から25日までを受付期間と致します。
8f403390-s
















 


また、希望者が居れば
聖母マリア様からメッセージを降ろせるようになるWS http://ameblo.jp/samuharadoujyou/entry-11370864460.html
を開催します。

★参加費
三日以内にMIXIやブログやファイスブックなのでリンク付きで感想をシェアしてくださる方。
2000円


自分の中でじっくりと味わいたい方
5000円


※マリア様からのヒーリングもご希望の方は+二千円でします。

★結果はシェア希望でフェイスブックからお申し込みの場合は、イベント欄へその他の場合はメールでお伝えします

★申し込み方法
1シェア希望OR自分の中で味わう
2ヒーリング付きOR無し
3WS開催希望の有無・・・希望の場合は平日昼とか休日とか

★申し込み期限 8月25日まで


★料金の振込先は
東京東信用金庫 深川支店 0010537
           OR
         みずほ 店番号670 口座番号 1016414
            OR
         ぱるる 10100 85671351
                  愛と感謝 合掌


福地結路の場合
2013年08月05日(月) 15時17分00秒 posted by samuharadoujyou

聖母マリア様からのメッセージ

テーマ:告知
さてさて
今まで正式メニューに無く、直接会ったことのあるお友達だけに行っていた
『聖母マリア様からのメッセージ』
先日、マリア様が降りてきてもっと多くの人にメッセージを与えなさいっと言われたので、
本邦初公開
Webでマリア様からのメッセージを降ろしたいと思います。

また8月15日はローマ・カトリック教会の聖母被昇天の大祝日
そして正教会では生神女就寝祭が行われる日です。

その前後10日に8月5日から25日までを受付期間と致します。
 


また、希望者が居れば
聖母マリア様からメッセージを降ろせるようになるWS http://ameblo.jp/samuharadoujyou/entry-11370864460.html
を開催します。

★参加費
三日以内にMIXIやブログやファイスブックなのでリンク付きで感想をシェアしてくださる方。
2000円


自分の中でじっくりと味わいたい方
5000円


※マリア様からのヒーリングもご希望の方は+二千円でします。

★結果はシェア希望でフェイスブックからお申し込みの場合は、イベント欄へその他の場合はメールでお伝えします

★申し込み方法
1シェア希望OR自分の中で味わう
2ヒーリング付きOR無し
3WS開催希望の有無・・・希望の場合は平日昼とか休日とか

★申し込み期限 8月25日まで


★料金の振込先は
東京東信用金庫 深川支店 0010537
           OR
         みずほ 店番号670 口座番号 1016414
            OR
         ぱるる 10100 85671351
                  愛と感謝 合掌

1 ■福地結路へのメッセージ

愛する我が息子よ私は貴方を愛しています
私は貴方のその、心優しい所、細かい部分にも目を向けるところを愛して言います。
時にはそれが気遣いとなり多くの人に安らぎを与えますが、時にそれは全体的なヒエラルキーを見てしまう、会の問題点が見えてしまうことがあるでしょう。
しかしそれは、負の部分を見ているのではなく、これから改善できる部分を見ているのです。
その改善する部分に関わる際に、男性的な判断的な力を発揮すると排除されてしまうでしょう。
その部分に関わるときは、女性性と受容する力をもって受け入れましょう。
人は自分が間違った事をしていると思った時、否定されるよりもその事を受け入れられたほうが自らを省みるのです。
その際に、ただ、単に暗黙のルールに従うのではなく、大いなる愛をもって受容するのです。
その事で多くの人々の過ちは自らの成長する意思で代わってゆく事でしょう。
相手の成長を信頼するには心の強さが必要です
けれど貴方にはその強さや相手を信頼する心が既につちかっています。
さあ息子よ、世界にはびこるあらゆる問題点を受容しなさい。
そして相手を信頼し成長を待つのです。