2014年08月31日

第674回市政報告・市議福田幸博

01afc6a1.jpg
910490c9.jpg
719cee80.jpg
5909ed04.jpg
d56516c7.jpg


広島市の大雨による土砂崩れ災害は大変な被害を発生させました。当局の対応問題も今から論議されると思います。
15年前の同じ地区での災害が生かされていなかったこともわかってきました。砂防ダムもありませんでした。

8月21日 13時、安岡沖風力発電事業反対の会意見交換会。
午後ライオンズクラブ下関地区8クラブの大会、200人を超えるメンバーが集まりました。(写真)

22日 10時、総務委員会「住民自治によるまちづくり協議会」の説明等。
夕方豊北町滝部地区で「市民と議会のつどい」半数の議員が長府地区で残りの半分が滝部地区に集まりました。(写真)

自宅に帰る途中「環境アセス調査」が開始されたとの連絡があり現地に直行。夜8時半過ぎ30名を超える方が集まっており調査器具設置を「やめてくれ」との押し問答の結果安岡地区7か所、吉見地区1か所、川中地区3か所の調査装置を自主的に撤去してくれた夜中の2時までかかった。設置者も大変だがこちらも必死だった。暴力行為等はなかった。

23日(土)「馬関まつり 」高校同窓会の出店を手伝うべくシーモール前に出かけたが「丁寧にお断り」を受けた、私の顔では「お客が逃げるのではないか」とは後輩の話。最成かいびゅいん

24日 雨のため済生会病院前の県道桜の手入れを安岡苑の苑生とライオンズとで行うつもりが雨のため中止となった。
夕方は「馬関まつり」平家踊り総踊りに議員として参加。沿道の見学者は雨模様のためかくくなかった。

25日(月)安岡地区と綾羅木地区、垢田地区の各自治会連合会代表者とで下関市長に「安岡沖風力発電事業の反対」要望を提出。副市長が受けた。これで風力発電予定地の5キロ以内の自治会は反対するとの結論になった。


fukuda_y at 18:35│Comments(0)TrackBack(0)clip!活動報告 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔