2014年10月31日

第680回市政報告・市議福田幸博

 
10月19日(日)9時、済生会前の2キロの桜並木の維持と草刈、ライオンズクラブと安岡苑生の皆さんとコラボ
13時までかかりました、結構大変でした。午後から祭り神輿が来社、会社にて対応。後子供みこしも来社。
 
20日 小渕大臣松島大臣の辞任。
21日 午前、会社周辺の草刈作業。夕方後援会役員会。
22日 10時より総務委員会、街づくり協議会について。その後自民党支部。夕方ライオンズクラブ役員会。
23日 夕方、下関海峡ビューにて「クエを食べる会」角島で上がった「クエ(九絵)」を食べる。参加者波直木賞作家他。白身の魚で大変おいしいが。取れる量の問題あり。
昨年の夏この会で「満漢全席」を「満関善席」とし下関市のすべての食を全国的展開すべきと提案あり。
 
24日 681回辻たちの後10時から「公共マネジメント」の研修。「地方自治体のファシリティーマネージメント」について、関西学院大の石原俊彦教授が講師。
 
人気取りのインフラ整備による以降の管理費に問題点等。人口減少による税収悪化で学校や公営住宅をインフラとみるかの選択が迫られている、膨大な管理費が地方自治体の財政を苦しめる、と。
 
25日(土)福江の祭り。3年ぶりの「子供流鏑馬」あり。来賓として最後まで参加。直会も出席。
 
今週は両大臣の辞任で揺れました。後援会のお金の問題と、うちわ問題。すばやく首相は対応しました。
昔から内閣改造は首相の力低下。解散は首相の力増加。まさにその通りでした。ここで止めなければなりません。



fukuda_y at 19:48│Comments(0)TrackBack(0)clip!活動報告 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔