△1枠1番・スワーヴアラミス・松田→中京・ダート1900mのGⅢ 平安ステークス5着からの参戦。ダート2000mは初めて。大井も初めて。特に強調できる点の無いこの馬だが3着欄のヒモでは買いたい

○2枠2番・オメガパフューム・Mデムーロ→阪神・ダート1800mのGⅢ アンタレスステークス1着からの参戦。ダート2000mは[5-3-0-1]で大得意。大井も[5-3-0-1]で大得意。東京大賞典4連覇に比べて帝王賞は1勝2着1回着外1回とやや落ちるが、ジャパンダートダービー2着、JBCクラシック2着ととにかくこの大井ダート2000mは得意。もう7歳馬だが前走も斤量59キロを背負って宝塚記念にも出たグロリアムンディに勝利と馬が若い。確かにテーオーケインズは強敵だがここはチャンス十分とみる

穴3枠3番・ノンコノユメ・真島大→大井・ダート2000mの重賞 大井記念2着からの参戦。ダート2000mは[1-4-1-5]で普通。大井は[2-7-3-6]で得意。かつては中央所属でフェブラリーステークスも勝っている古豪。大井ダート2000mはジャパンダートダービーのみの勝利だが東京大賞典[0-1-0-3]、帝王賞[0-2-1-1]と好成績。特に帝王賞は去年9歳馬でありながらテーオーケインズの2着しており今年もノーマークは危険だ

…4枠4番・ネオブレイブ・笹川翼→大井・ダート1800mのA2 スポーツ報知賞9着からの参戦。ダート2000mは[0-0-0-1]でイマイチ。大井も[0-0-0-4]でイマイチ。この馬は厳しい。無印!

△5枠5番・オーヴェルニュ・福永→平安ステークス6着からの参戦。ダート2000mは[0-0-0-1]でイマイチ。大井も[0-0-0-1]でイマイチ。この馬は去年の勢いは感じないがスワーブアラミスを買うならこちらもという感じの3着欄のヒモ

▲6枠6番・チュウワウィザード・川田→ドバイ・ダート2000mのGⅠ ドバイワールドカップ3着からの参戦。ダート2000mは[0-1-2-1]で普通。大井も[0-1-2-1]で普通。一昨年のチャンピオンズカップを勝利しており去年はテーオーケインズの2着。川崎記念は去年、今年と2年連続勝利。東京大賞典は未出走だが帝王賞は[0-1-1-1]と悪くない。一昨年大井で行われたJBCクラシックでは3着している。そしてダートGⅠの最高峰レースのドバイワールドカップは去年2着、今年3着とまあ凄い馬ではある。オメガパフュームと同じくもう7歳馬だが今年こそ悲願達成となるか注目

☆7枠7番・クリンチャー・森泰斗→名古屋・ダート1900mのJpnⅢ 名古屋大賞典1着からの参戦。ダート2000mは[0-1-1-0]で普通。大井も[0-1-1-0]で普通。この大井ダート2000mは去年の帝王賞で3着、去年の東京大賞典で2着と得意としている。名古屋大賞典を勝っての帝王賞参戦は去年と同じだし、もう8歳馬だが重い印は必要だ

◎8枠8番・テーオーケインズ・松山→平安ステークス1着からの参戦。ダート2000mは[1-0-0-1]で普通。大井も[1-0-0-1]で普通。去年のこのレースを勝ち、その後、秋のチャンピオンズカップもぶっこ抜いた現役最強ダート馬。2走前のサウジカップは惨敗したが前走は斤量59キロを背負って圧勝しており、ここも堂々の主役だ

特注8枠9番・メイショウハリオ・浜中→平安ステークス3着からの参戦。ダート2000mは初めて。大井も初めて。この馬も目下充実著しい5歳馬。大井ダート2000mは初めてだが合いそうなイメージがあり積極的に買い目に入れておきたい


中央競馬ランキング