平成10年6月のことである、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等が所掌する事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に係るものを分離・分割して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく新外局として金融監督庁という組織が設けられたという歴史がある。
いわゆる「失われた10年」とは本来、国の、または地域の経済活動が約10年超もの長期にわたって不況、加えて停滞に襲い掛かられた時代のことを指す語である。
【重要】株式とは、社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、出資を受けても法律的に企業は株式を手に入れた(出資した)株主に対しては返済する義務は発生しないことがポイント。それと、株式は売却によってのみ換金できる。
実は日本の金融・資本市場の競争力等を強化することを目指して緩和された規制のほか、金融規制の更なる質的な向上が目標の取組や試み等を促進する等、市場環境に加えて規制環境の整備がどんどん進められているのであります。
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):国債など公社債や短期金融資産で主に運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことである。取得してののち30日未満で解約した場合、なんと手数料に違約金分も必要となるのである。
大部分の株式市場に公開している上場企業ならば、事業の上での資金調達の方法として、株式と社債も発行するのが一般的になっている。株式と社債の最大の違いは、株式と違って社債には返済義務があるということなので気をつけたい。
知っておきたい用語であるFXは、一般的には外国の通貨を売買して証拠金の何倍もの利益を出す取引なのである。FXはほかの外貨取引(外貨預金や外貨MMFなど)よりずいぶんと利回りが高いことに加え、為替コストも安いのがポイント。はじめたい人は証券会社やFX会社からスタート。
特別の法律により設立された法人である日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では協会員である金融機関の行う有価証券に係る取引(売買等)を厳正で円滑なものとし、金融商品取引業が健全なさらなる進歩を図り、出資者を保護することが目的である。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年6月、当時の大蔵省の金融部局であった銀行局や証券局等の所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督業務のセクションを区分して、旧総理府の内部部局ではなく外局、新組織、金融監督庁を設置 することになったということ。
平成10年12月、総理府(当時)の外局として委員長は大臣とした新たな機関、金融再生委員会を設置し、民間金融機関等の検査・監督を所管する金融監督庁は平成13年1月の金融再生委員会廃止まで、その管轄下に2年余り組み入れられたわけです。
Y2Kともいわれた2000年7月、当時の大蔵省から金融制度の企画立案に関する事務を新たに移管しこれまであった金融監督庁を金融庁という新組織に改組した。21世紀となった平成13年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となったのです。
このように「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」以上、3機能を銀行の3大機能と言われる。この機能は基本業務である「預金」「融資」「為替」、最も大切なその銀行の持つ信用力によって実現できるのだ。
簡単、外貨MMF⇒日本国内において売買できる貴重な外貨建て商品の一つ。外貨預金よりも利回りが良い上に、為替の変動によって発生した利益は非課税というメリットがある。証券会社で購入しよう。
まさに世紀末の2000年7月、当時の大蔵省からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を移管したうえでそれまでの金融監督庁を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)に再編。翌年の平成13年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となったのです。
重い言葉「銀行の運営がどうなるかはその銀行に信用があって繁盛する、もしくはそこに融資する値打ちがあるとは言えないという見方をされたことで発展しなくなるかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)

日本証券業協会(JSDA)のことをご存知ですか。この協会では協会員である金融機関の行う株券や債券など有価証券の売買等の取引を公正で円滑なものとし、金融商品取引業の堅実なますますの成長を図り、投資してくれた者を保護することを協会の目的としているのだ。
ゆうちょ銀行(株式会社ゆうちょ銀行)の一般的なサービスは従前の郵便貯金法に基づく「郵便貯金」ではない。銀行法(銀行に関して規定する法律である)での「預貯金」を準拠した扱いのサービスということ。
まさに世紀末の2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を新たに移管し平成10年に発足した金融監督庁を金融再生委員会の下に属する金融庁として再スタートさせた。21世紀となった2001年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となったのです。
いわゆるバブル経済(バブル景気・不景気)の意味は市場価格の動きが大きい資産(例:不動産や株式など)の市場での取引価格がでたらめな投機により本当の経済の成長を超過してなおも高騰を続け、ついに投機による下支えができなくなるまでの状態を指すのである。
ここでいう「重大な違反」になるのかそうでないのかは、監督官庁である金融庁が判断をすることなのです。一般的な場合、ちんけな違反が非常にあり、それによる関係で、「重大な違反」判定することになる。
つまり「失われた10年」というのは、その国の、あるいは一定の地域における経済が10年以上の長い期間にわたって不況および停滞に直撃されていた10年のことを指す言い回しである。
平成7年に公布された保険業法の定めに則って、保険会社と呼ばれるものは生保を扱う生命保険会社か損保を扱う損害保険会社のどちらかであり、どちらの場合も内閣総理大臣による免許を受けている者を除いて行ってはいけないきまり。
覚えておこう、外貨MMFについて。国内において売買してもよい外貨建て商品である。一般的に外貨預金よりも利回りが高いうえ、為替変動によって発生した利益が非課税というメリットがある。証券会社で誰でも購入可能。
西暦2000年7月、大蔵省(当時)から金融制度の企画立案に係る事務も統合し1998年に発足した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)として再編。そして平成13年1月、ここに金融再生委員会を廃止し、現在の内閣府直属の外局となったのです。
ということは安定的というだけではなく活動的なこれまでにない金融市場システムを構築するためには、どうしても民間企業である金融機関と行政(国)がお互いの解決するべき課題に積極的に取り組まなければいけません。
簡単にわかる解説。外貨両替について。日本国外への旅行または外貨を手元に置いておきたい際に活用機会が多い。ここ数年、日本円に不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
【解説】ロイズっていうのは、ロンドン中心部のシティ(金融街)にある世界的に著名な保険市場なのである。イギリスで議会制定法の規定によって法人とされた、ブローカー(保険契約仲介業者)とそのシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合を指す場合もあります。
ポイント。株式についての基礎。社債などと異なり、出資証券(有価証券)なので、出資を受けても法律的に企業は出資した株主に対しては出資金等の返済する義務はないとされているのだ。合わせて、株式は売却によって換金する。
なじみのあるバンクという単語はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉が起源であるとの説が有力。ヨーロッパ最古といわれる銀行にはびっくり。15世紀の初めジェノヴァ共和国で設立され、政治にも深くかかわっていたたサン・ジョルジョ銀行といわれている。
つまりペイオフについて。予測できなかった金融機関の経営の破綻をしたことに伴い、預金保険法の定めにより保護するべき預金者(法人・団体も含む)の預金債権に、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度である。

ほとんどのすでに上場している企業では、運営のための資金集めのために、株式上場のほかに社債も発行するのが普通になっている。株式と社債の一番大きな違いは、株式と違って社債には返済義務があるということである。
平成10年12月、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局として大臣をその委員長と定める新しい組織、金融再生委員会を設置し、官僚を長とする金融監督庁は2001年に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に約2年7か月配されたのです。
平成20年9月に、アメリカで超大型の投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が破綻したのだ。この誰も予想しなかった大事件が世界的な金融危機の原因になったためその名から「リーマン・ショック」と呼ばれることになったわけだ。
そのとおりロイズとは、シティ(ロンドンの金融街)にある世界有数の保険市場である。イギリスの法の取り扱いによって法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてそのシンジケートを会員としている保険組合を指す場合もある。
間違えやすいけれど、株式の内容⇒出資証券(つまり有価証券)であり、その株の企業は出資した者に対しては出資金等の返済しなければならないという義務は発生しないのである。それから、株式は売却によってのみ換金できる。
英語のバンクという言葉はイタリア語で机やベンチを意味するbancoが起源である。ヨーロッパ中で最古の銀行⇒15世紀に現在のイタリア北部のジェノヴァで設立され、政治的にも大きな影響があったサン・ジョルジョ銀行であるという。
保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することなどを目的とした保険業法の定めに則り、保険の取り扱いを行う会社は生命保険会社もしくは損害保険会社の2つに分かれ、いずれの形態であっても内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社以外は実施できないのです。
多くの場合、すでに上場済みの企業であれば、企業の運営のためには資金調達が必要なので、株式の公開以外に社債も発行するのが一般的になっている。株式と社債の違いとは?⇒、返済義務があるかないかです。
簡単?!デリバティブの内容⇒伝統的・古典的な金融取引または実物商品・債権取引の相場の変動が原因のリスクをかわすために販売された金融商品全体の名称をいい、金融派生商品という名前を使うこともある。
タンス預金の弱点⇒物価上昇(つまりインフレ)の局面では、価格が上がった分お金の価値が目減りするという現実。暮らしに準備しておく必要のない資金は、タンス預金よりも安全、そして金利が付く商品に変えた方がよいだろう。
きちんと知っておきたい用語。外貨両替というのは海外を旅行するときあるいは手元に外貨を置いておきたい場合に活用される。しかし日本円に不安を感じているためか、外貨を現金で保有する動きもある。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。
知っておいてほしい。「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上、代表的な機能についてを銀行の3大機能と言うことが多く、「預金」「融資」「為替」の基本業務、最も重要な銀行そのものの信用力によってこそ実現できていることを知っておいていただきたい。
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債、短期金融資産で運用して利益を求める投資信託のことを指す。注意が必要なのは、取得後30日未満に解約希望の場合、もったいないけれど手数料に違約金分も必要となるというものです。
そのとおり「金融仲介機能」「信用創造機能」そして「決済機能」の3つの重要な機能をセットで銀行の3大機能と言うことが多く、「預金」「融資」「為替」といった業務さらにはその銀行自身の信用によってはじめて機能しているといえる。
つまりバブル経済(80年代から91年)っていうのは時価資産(例:不動産や株式など)が市場で取引される金額がでたらめな投機により実経済の成長を超過してもさらに高騰し続け、とうとう投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指します。

↑このページのトップヘ