私が以前から、大好きだったポイントがあります。

太夫崎薮下です。

釣りが不調になると、必ずここに来ました。

そして、必ず答えてくれたヒラメの楽園。
自己記録の一投でヒラメゲットは、ここだけです。

image


アジの通り道になるワンドには、多種多様な魚種がいて、大変魚影が濃い。

大アジの好ポイントで、大物アジの回遊も多い。石鯛、クロダイ、シーバス、大キス、メバルなど色々釣れる。小正月港に向かって遠投すると石鯛のいいポイントがあります。

ズバリ、私が磯ヒラメを開眼した磯です。

image

image


特に南西の風が吹いて釣りにならないような日は、風裏のこのポイントをお薦めしたい。

砂地に点在する沈み根、

ベイトの通り道なので、それを追ってヒラメがやって来ます。先端の小島に入るには干潮時限定です。先端の左に平らな磯があります、ソコはアジ師御用達のの磯、やはり干潮時限定で、満潮時は水没します。

釣っても、釣っても、次の日になるとまた釣れる、少々歩くので入りにくいですが、慣れてしまえば何て事はないです。

ポイントの目印に2m位のイケスがあります。国道の房州大橋が良く見えるポイントです。

橋の方からの出入りはかなり大変なのであまりお薦めできないです。ガイドブックを良く見て安全に入って下さいね。

ヒラメは、やや左手の旗に向かって投げたり、右側の岩礁帯に添って狙います。

時に、左手のワンドにシーバスがベイトを追い込んで来ます。

月に一回位の鳥山大発生をよく見たものです。

手前に海草が多いいので注意します。

image


4月5月は、クロダイのノッコミが入ります。時無しクラスが沢山入って日中は藻に隠れていますが、夜に食事に出ているみたいです。

6月は、アオリイカの産卵期で大物がよってきます。同じくコウイカもかなり来ます。地元の方は、ギャングて引っ掛けて釣るようです。

こちらは、ウエイダーのみで入れます。

こちらも、道の駅から歩いて行けます。

くれぐれも安全に、マナー良く、仲良くやりましょうね。

(  ̄▽ ̄)