株式会社福原イノベーション研究所は、調達業務監査サービスを開始いたしました。

audit

調達業務監査サービスサイトURL:https://fukuharaii.com/audit/


 企業不祥事が多発し、またJ-SOXの導入や会社法の改正により、企業の内部統制や
コンプライアンス、ガバナンスの強化が加速しています。
 内部統制とは、企業活動を適正に実行するための仕組みのことで、「①財務報告の
信頼性、②業務の有効性および効率性、③事業活動に関わる法令等の遵守、④資産の
保全」の4つが目的です。

 経営者は、これらの4つの目的が達成されているかを常にモニタリングすることが
要求されますが、その重要な役割を担うのが内部監査です。

 内部監査には上記①を目的とした『会計監査』と、②~④を目的とした『業務監査』
の2種類の監査があります。特に、業務監査の対象範囲・役割は大幅に拡大しています
が、それに見合っただけの監査担当者の確保や充分なスキルのある人材を内部監査部門
にあてられている企業は少なく、増大する作業への対応に各企業は苦慮しています。

 そこで、弊社は『調達業務監査サービス』を開始しました。本サービスは、調達
・資材・購買部門の業務監査を対象に、監査計画を策定して、リスクの低減と不祥事の
防止、業務の有効性や効率性向上の視点で監査を実施し、その結果を報告するとともに、
不備等があれば、それを改善指導するものです。

 調達・資材・購買部門の内部統制はどのように進めればよいか、基準やルールが文書
化されていない、基準やルールはあるが機能していないなどのお悩みのある企業の問題
・課題を解決し、調達・資材・購買の業務の効率化と不正の未然防止をします。

【本サービスの対象】
 (1)調達・資材・購買業務を監査する監査部門
 (2)自主監査を実施する調達・資材・購買部門

【サービスの目的】
 調達・資材・購買部門の業務の効率化と不正の未然防止のための業務監査の指導と支援
をします。次の4つを評価し、現状分析、問題・課題抽出、改善案の報告を指導します。
  (1)信頼できる報告がなされているか
  (2)業務活動が目的に適合しているか
  (3)ルール通り実行されているか
  (4)資産は適切に保全されているか

【監査の進め方】
  (1)予備調査
    (例 調達実績、規定、手順書、調達資産などの確認)
  (2)監査計画作成
    (例 現在の調達状況を元に監査計画を作成)
  (3)監査実施
    (例 業務関する各種整備状況や運用状況を評価する)
  (4)監査結果報告
    (例 リスクの低減と不祥事の防止、業務の有効性や効率性向上の視点で、
       監査結果の問題・課題を分析し、改善案を提案)
  (5)コンサルティング(例 問題・課題の解決策作成および解決策の実行を指導)

お問い合わせはこちら