このたび弊社代表がキャディ株式会社主催の3日間オンライン連続講義「2024年に取り組むべき技術継承を叶えるモノづくり戦略」にて調達戦略についてお話します。
--------------------------------------------------------------------------------------------------

【講義名】2024年に取り組むべき技術継承を叶えるモノづくり戦略

【講義概要】
2023年のモノづくり白書にて、近年、製造業の取り巻く環境は大きな変化を向かえております。ウクライナ侵攻や原材料価格の高騰など、地政学リスク・社会情勢の変化において、グローバルサプライチェーンが分断されるリスク要因は多岐にわたります。
その中で、日本の製造業就業者数は減少傾向にはどめがかからず、企業における人材も高齢化が顕著になる中で、必然的に生産性向上が求められます。

そこで今回は、日本の製造業の未来をつなぐ “技術継承 “をテーマとして、組織において属人化している知見を次の世代に継承するため、業務の標準化や平準化で個人のバラツキをなくし、組織として生産性向上やコストダウンを実現するためには、どういった戦略が必要なのか、皆様とともに考えていきたいです。

本連続講義では、設計/調達業務を切り口に、組織としての技術伝承を叶え、生産性向上を実現するためのポイントを3日感連続のリレー形式で各講師に語っていただきます!
この年末の機会に、2024年の戦略を立てる上で、今必要なモノづくり戦略を学びましょう。

【開催日時】
2023年12月12日(火)11時~12時 テーマ:設計視点 講師:前田 慶之 氏
2023年12月13日(水)13時~14時 テーマ:設計視点 講師:北山 一真 氏
2023年12月14日(木)13時~14時 テーマ:調達視点 講師:福原 政則  ◀12/14に登壇いたします。

【開催形式】オンライン(Zoom)
--------------------------------------------------------------------------------------------------

【12/14調達視点講義】2024年 調達コスト低減戦略のトレンド

 企業の持続的な成長と利益確保のために必要な2024年度の調達コスト低減戦略について解説します。
2024年度は、サプライチェーンの混乱でこれまで低迷していた輸出の回復が予想される一方で、部品や原材料価格の高騰は継続することが予想されます。そのため、更なる調達コストを低減するためには、サプライチェーン(モノの流れ)やエンジニアリングチェーン(技術の流れ)の強靭化が必要で、調達コスト低減戦略では、従来の設計や製造、品質保証部門との連携だけでなく、経営戦略やマーケティング部門などと連携する「マーケティング調達」が必要になってきます。また調達データの可視化や分析、調達戦略立案、生産性向上のための「調達プロセスのデジタル化」や、環境や社会に配慮しながら調達する「サスティナブル調達・SDGs調達」も必要です。多様な調達先から最適な調達先を選択することで、調達コスト低減を図る必要があります。
 本セミナーでは、2024年度の調達環境の予測や調達コスト低減戦略の事例、調達コスト低減戦略の考え方や策定方法のノウハウ、調達技術伝承について紹介いたします。2024年度の調達戦略立案、特に調達コスト低減戦略立案に必要なノウハウと新たな切口の発見に役立ちます。

【アジェンダ】
(1)2024年度調達環境の予測
(2)調達コスト低減戦略
(3)調達戦略の実践

※講義内容が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。


【登壇】
福原 政則
株式会社福原イノベーション研究所 代表取締役社長兼CEO
1995年、株式会社日立製作所入社。研究開発部門で半導体技師、本社調達統括本部にて全社製品コスト競争力強化コンサルタントや海外集中集約購買、調達システム開発に従事し、事業体にて原価企画・部品標準化プロジェクト主任技師、製品開発コストマネージャ、全社原価企画戦略責任者等を務め、2011年から現職。総合電機、総合重工、医薬品、制御機器、総合食品、保守サービス、商社などの企業の調達改革等のコンサルティングおよび研修を実施し、支援実績数は350社を超える。

【主催】キャディ株式会社

【お申込み】お申込みはこちら(キャディ株式会社HPからお申込みいただけます。)