一般社団法人日本資材管理協会主催『調達・資材・購買の基本』研修を、2024年 9月17日(火)10:00 ~ 16:30に開催します。
お問い合わせ・お申し込みはこちら


調達・資材・購買の基本
~ 部品や原材料不足時代に打ち勝つために調達業務 ~



【研修のポイントと内容】
 ・「今の時代に合った買い方を知りたい」
 ・「コスト(購入価格)を低減したい」
 ・「購入品の納期遅延や品質問題を改善したい」
 ・「売上や利益の向上に貢献したい」

 本研修では、部品や原材料の不足と価格高騰の時代であっても、企業が持続的な成長と利益を確保するために、調達・資材・購買部門の業務をイチからわかりやすく丁寧に解説します。調達・資材・購買部門の業務は、製品の製造と利益を作り出すために、適正な外部企業から、適正な品質・コスト・納期で、必要な数量の部品や原材料、設備などを購入し、社内に供給することです。今の時代、買い方次第で、購入価格が10分の1にも10倍にもなります。そこで、部品や原材料不足時代に打ち勝つために調達業務プロセス、サプライヤー(取引先)の選定・評価、購入価格の決定、コスト低減、品質管理、納期管理、調達法務、開発調達、リスク管理、調達DXを抜粋し、調達・資材・購買業務の基本について、企業事例やケースタディを交えて解説します。


【対象】資材・調達・購買担当者の方にお薦めです。

【開催日】2024年 9月17日(火)10:00 ~ 16:30

【開催方式】オンライン形式: Zoom
           
【プログラム】
1.調達・資材・購買部門の重要性
 (1)調達・資材・購買部門の役割 ~円滑な製造と利益創出~
 (2)新しい調達部門の役割と機能 ~全体最適化購買~
 (3)企業利益を作り出す調達部門 ~プロフィットセンター~

2.調達業務プロセス
 (1)調達業務プロセス ~前工程ソーシングと後工程パーチェシング~
 (2)ソーシングプロセス ~サプライヤーや価格を決定する~
 (3)パーチェシングプロセス ~発注から検収まで~
 (4)海外調達のプロセス ~契約条件に注意~

3.コスト低減
 (1)コスト低減の考え方
  ~サプライヤー利益ではなくコストを減らす~
 (2)各種コスト低減手法 ~難易度別~

4.納期管理
 (1)納期管理とは? ~リードタイムと納期の考え方~
 (2)納期遅延とリードタイム長期化問題の原因 ~原因を考える~
 (3)納期管理の進め方 ~納期厳守とリードタイム短縮~
 (4)納期の評価基準指標例 ~納期遅延率と納期遵守率~
 (5)納期遵守とリードタイム短縮の施策例
   ~フォーキャストと確定発注~
 (6)納期遅延対策とリードタイム短縮施策 ~リスクマネジメント~

5.品質管理
 (1)品質管理とは? ~設計品質と適合品質~
 (2)品質の評価基準指標例 ~不良率、歩留まり、欠品率、不具合率~
 (3)サプライヤー工場監査 ~三現主義の徹底~

6.調達法務
 (1)法令遵守と社会的責任 ~コンプライアンスとCSR~
 (2)調達担当者が知っておくべき代表的な7つの法令
  ~知らないでは済まされない~
 (3)契約関係 ~見積書、基本契約書、秘密保持契約書~
 (4)調達三権分立 ~要求元、契約者、検収者の独立~
 (5)調達文書 ~持続可能な調達活動の推進のために~
 (6)調達トラブル事例とその対策 ~調達三大トラブル~

7.開発調達
 (1)開発調達とは? ~開発上流段階からの仕様とコストの作り込み~
 (2)開発調達の進め方と定着化 ~ソーシングプロセスの徹底~
 (3)開発調達の問題点
  ~方針・組織・計画・実施・評価・スキル・情報~
 (4)開発調達の定着化 ~7つの問題を解決すること~
 (5)開発調達と原価企画
   ~部品・原材料不足時代の製品利益創出活動~

8.調達DX
 (1)調達DXとは?
   ~調達業務の効率化のためのデータとデジタル技術の活用~
 (2)調達DXの進め方 ~調達ビジョンが重要~

9.『調達何でも相談~即解決、即実行~』
       ※調達業務に関する疑問・質問に講師がお答えいたします。


※講義内容、時間等は変更になる場合があります。


【講師紹介】
福原 政則氏 株式会社福原イノベーション研究所 代表取締役社長兼CEO
☆④本人写真
 1995年、株式会社日立製作所入社。研究開発部門にて半導体プロセス・実装技術開発、本社調達部門にて調達エンジニアリング、海外集中集約購買、調達システム開発、事業体にて工場立上げ、原価企画戦略、部品標準化、原価企画システム開発に従事。
2011年から現職。総合電機、重工、制御機器、保守サービス、商社、医薬品、総合飲料、フィットネスクラブなどの企業の調達改革(SCM、ソーシングプロセス構築、開発調達、調達システム開発、調達戦略、業務効率向上、調達コスト低減など)、中期経営計画、新規事業創造、設計標準化、営業業務改革、システム開発、SDGs経営、健康経営、人材育成などのコンサルティングおよび研修を実施し、支援実績数は400社を超える。
2016年CVS(米国VE協会認定国際バリューコンサルタント)取得。日本経営工学会会員。
2023年度調達研修は、サプライチェーンマネジメント研修、調達VE、VEスペシャリスト養成講座、調達基礎研修、調達交渉術、調達・購買管理など。著書『部品や原材料不足時代に打ち勝つ!調達・資材・購買の基本』(翔泳社出版)他。

 
【受講料】
       一般 42,700円 / 日本資材管理協会会員 36,600円(テキスト代・消費税が含まれています)