(千葉マリン)
中 日100 001 020=4
ロッテ400 230 10×=10

<投手>
(中)中田賢−清水−久本
(ロ)ペン−古谷−薮田−吉見−小林宏

○ペン1勝
●中田賢1敗

<本塁打>
(中)ブランコ1号2ラン=8回表
(ロ)サブロー1号2ラン=4回裏

日本シリーズ第5戦。先発全員安打・15安打を
打ったロッテが王手をかけた。

先制は中日。1回表に大島への四球→森野の二塁
打→和田の犠牲フライで1点先取。

ロッテは1回裏、相手のエラー(打者・西岡)→
井口、サブロー、今江、福浦、キム・テギュンの
5連打で4点を取り、逆転。

ロッテは4回裏、西岡のヒット→清田のバント→
サブローの2ランホームランで2点を追加。

ロッテは5回裏、キム・テギュン、里崎、岡田の
3連打→西岡の犠牲フライ→清田のヒットで3点
を追加。

中日は6回表、大島、森野の連打→ブランコの
二塁打で1点を返す。

ロッテは7回裏、キム・テギュンのヒット→岡田
への四球→相手のワイルドピッチ(打者・清田)
で1点を追加。

中日は8回表、和田のヒットとブランコの2ラン
ホームランで2点を返したが、及ばず。

ロッテの先発・ペンは、6回途中で降板したが、
84球・5安打・2四球・3三振・2失点と踏ん
張った。

一方、中日の先発・中田賢一は、5回・113球
・13安打・1四球・4三振・9失点と大誤算
だった。

これでロッテが王手。土曜日のナゴヤで一気に
決めるか?

ロッテ−中日第5戦