2008年04月15日

管理釣り場で釣りまくり

なんでもスポーツ! - livedoor Blog 共通テーマ

0415

 

 

 

 

 

 

バス釣りファンの皆様、こんにちは。

おやじバサーです。

ブラックバス釣ってますかー?

 

おやじはそこそこバスを釣ってますよ。

 

ただし、管理釣り場(釣り堀)ですが・・・。(笑)

 

先週末、釣り友の後藤君と、石川にある、「ドリームレイク」というブラックバスの管理釣り場に行ってきました。

 

当日の天気は曇りで、ゴールデンレイクに着いたのは2時ごろでした。

 

ブラックバスの池の「ゴールデンレイク」には結構人がいて、20人以上はいたかと思います。

 

とりあえず、開いていたところに後藤君と2人で並んで入ります。

 

タックルは、2人ともスピニングタックル。

 

ルアーですが、おやじは、ワームのワッキーリグ。最近の定番のインチワッキー(ジグヘッドワッキー)です。

ワームはもちろん、ジャッカルのフリックシェイク

 

後藤君は同じくワッキーのスプリットショット。(彼はこのリグしか使いません。)ワームはいろいろ使い分けていたようですが、主にゲーリーヤマモトのカットテールを使用。

 

釣り始めた途端、小雨が降り始め、ブラックバスもボトム付近に落ちたようで、ボトムでのズル引きがヒットアクションでした。

0416

 

 

 

 

 

 

 

管理釣り場には3時間いたのですが、おやじは合計で、17匹のブラックバスを釣りました。

0415

 

 

 

 

 

 

 

やはり水温があがってきたせいか、バスの活性もよく、釣れ方も、2週間前とは違っていました。

 

どう違っていたかは、おやじバサーのメルマガ「バスが釣れすぎて親指が痛くなるメルマガ」に書きましたので、そちらを見てくださいね!

 

それでは皆さんもバスフィッシングを楽しんでください!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080415-00000002-spn-spo



2008年04月08日

春はサスペンドミノー

なんでもスポーツ! - livedoor Blog 共通テーマ

 

rudora

 

 

OSP「ルドラ」

 

 

こんにちは!おやじバサーです。

皆さん、バス釣りしてますかー?

先週末は、天気も良かったので、絶好のバスフィッシング日和でしたね。

おやじも釣りに行きたかったのですが、あいにく仕事が・・・。

 

家業の手伝いをしていました。しかも土日の2日とも・・・。

 

春はバス釣りの絶好の季節ですが、おやじの家業も春からいそがしくなるので、

この時期、ちょっと欲求不満ぎみです・・・。

 

もし先週バス釣りに行けたなら、相変わらず管理釣り場で癒されようと思っていたのですが、バスフィッシングに使うルアーは、ワームではなく、アレです。アレ。

 

そう、春はやっぱりミノー!

 

あー、焼肉ね。あれ美味しいよね、俺も好き。

 

って、それはミノ!

 

と、軽くノリ突っ込みをいれて見ましたが、バス釣りの世界では、春のルアーといえば、ミノーというのが定番です。

 

ミノーの中でも、サスペンドミノー。

 

サスペンドミノーの使い方は、ただ巻きや、トゥイッチをした後に、ポーズをとって、「動かして止める。」!

 

暖かくなったばかりで、まだベイトフィッシュを追いかける体力のないバスに、ポーズで止めて、食うタイミングを作ってやる。

 

それまで動いていたものが、自分の目の前で急に動きを止める。

 

この瞬間、バスはいわゆる「リアクションバイト」してしまうわけです。

 

この春のバス釣りに威力を発揮するサスペンドミノーですが、古くは、発売わずか2日後にJBワールドトーナメントのウイニングルアーになった、現ジャッカルの天才ルアービルダー、加藤誠司プロの、ラッキークラフト「ベビーシャッド」が有名です。

他には、その名の通り、バスの目の前にステイさせてルアーをじっと見せる、同じくラッキークラフト「ステイシー」などが定番ですが、最近最も釣れているサスペンドミノーが、並木敏成プロのOSPの「ルドラ」です。

 

このルドラですが、もともと琵琶湖のプロガイドの間でバスが釣れるルアーとして評判になり、今では、品切れの店が続出している、春の定番サスペンドミノーです。

 

使い方ですが、トゥイッチ&ポーズでもいいのですが、基本的には、ただ巻き、もしくはポンプリトリーブ&ポーズで使います。

 

トゥイッチで使う場合には、同じOSPの「アシュラ」の方が動きがいいのですが、この時期は、ルドラのただ巻きの方がバスにアピールするようです。

 

このルドラですが、サイズが約20センチと、ミノーの中ではかなり大きい部類にはいります。

 

20センチくらいのミノーいうと、いわゆる「ロングビルミノー」と言われて、その昔アメリカのバスプロ・ラリーニクソンが琵琶湖で使って有名になった、REBEL(レーベル)の「スプーンビルミノー」が元祖で、リップは結構長いのですが、ルドラをはじめとする最近釣れているサスペンドミノーは、ボディは大きいのですが、リップは小さめです。

でも、潜行深度は約2〜3Mと、琵琶湖南湖の3Mラインを攻めるのにも、十分に使えます。

 

スポーニングの時期にシャローにさしてフィーディングするバスのレンジにぴったり合うルアーなので、これほど人気なのでしょう。

 

ルドラが爆発したのは、昨年の冬〜春だったのですが、ルドラがあまりに釣れるからか、OSP以外でも、ジャッカルからは「マグスカッド」、IMAKATSU(イマカツ)からは、「リップライザー」ラッキークラフトからは「スレンダーポインター」といった似たようなタイプのサスペンドミノーが続々と発売されています。

 

ルドラがあまりにメジャーになってしまったので、逆にこれらの新しいルアーのほうが案外狙い目かもしれませんね。

 

さあ、今週末、サスペンドミノーをタックルボックスに詰め込んでバスフィッシングに出かけませんか!



2008年03月28日

バスが釣れすぎて親指が痛くなるメルマガ

ブラックバスを釣る - livedoor Blog 共通テーマ

こんばんは。おやじバサーです。

先日の管理釣り場でのバス釣りの詳細をメルマガに書きました。

 

バスが釣れすぎて親指が痛くなるメルマガ

 

是非おやじのメルマガに登録して、バスフィッシングのキモを

身に付けてください。

登録しなくても、バックナンバーから読めますよ!



2008年03月26日

地獄から天国、そして癒しの世界。

ブラックバスを釣る - livedoor Blog 共通テーマ

バス釣りファンの皆様、ならびに福井のバス釣りファン の皆様。

大変ご無沙汰しておりました。

おやじバサーです。

 

いやー、すっかり暖かくなってきましたね。

もう春です。

 

春といえば、バス釣り的には、「スポーニング」の季節。

「スポーニング」といえば小池屋です。

(それは「スコーン」。爆)

 

バスだけではなく、人間の活性も思いっきり上がってくる季節です。

 

ディープで越冬中だったおやじも、この陽気に誘われて超久々に

バス釣りに行ってきました。

 

そして、「福井のバス釣り」もタイトルを一新!

 

新しいタイトルは、その名も

 

「福井のバス釣りブログ」!

(微妙?汗)

 

これからも「福井のバス釣りブログ」を宜しくお願いします。

 

さて、3月23日の日曜日、某福井のリザーバーに出撃してきました。

032601

 

 

 

 

 

 

 

天気は曇りで、気温もそこそこあり、水中の温度は、

 

032602

 

 

 

 

 

 

 

9.8度。

 

水温的には春の感じなのですが、結果からいうと、ノーバイト。

 

せっかく早起きして、遠くまで車をとばしたのにバスが釣れなかったので、

癒しを求めて次に向かったところはココ。

 

032603

 

 

 

 

 

 

 

で、結果は・・・、

 

ホレ!

032604

 

 

 

 

 

 

 

ホレ!

032605

 

 

 

 

 

 

 

3時間ほどで20匹くらいバスを釣りました。

いやー、癒された。

 

やっぱバスフィッシングサイコー!

 

ちなみにこの日のヒットルアーはコレ。

032606

 

 

 

 

 

 

 

ジャッカルのフリックシェイク4.8インチ

 

詳しくはメルマガで。



2007年07月28日

バス釣ってる?

バスフィッシング - livedoor Blog 共通テーマ

みなさん、ブラックバス釣ってますか?

おやじは、このところ忙しくて、なかなか釣りに行けません・・・。(泣)

北陸もそろそろ梅雨明けしそうで、中古 バスボートでも買って水上を滑走したいなーと考えています。

 



2007年04月24日

バス釣りしてますかー?

バス 釣 のおやじバサーです。

みなさん、ブラックバス釣ってますかー?

おやじは今年はまだあまりバス釣りに行けていません。

福井は冬の間雪が降るし、4月にはいってもあまりあたたかくなかったので。

 

でも、そろそろバス釣りにでかけようと思ってます。

久しぶりにブラックバスを釣りたくてうずうずしてます。

 

あー、はやくバスを釣りたいー!



fukuibass at 16:06|この記事のURL釣行記 

2006年07月12日

今日のバス釣の釣果

バス 釣 のおやじバサーです。

今日はクランクベイトでバスを釣ってきました。

やっぱ、ハードプラグはおもしろいね!

1

 

 

 

 

 

 

皆さん、バス釣ってますか?

 



2006年07月09日

今日はクランクベイトでバスを釣りました

バス 釣 のおやじバサーです。

今日はハードルアーでバスを釣りました。

1

 

 

 

 

 

 

「ガツン!」

とバイトしてきました。

使ったルアーはこれ

 

バス釣り最高!



2006年07月07日

最近バスが釣れるワーム

バス 釣 のおやじバサーです。

最近仕事帰りに、毎日のように野池に通ってバス釣りしてます。

使っているのはこのワーム(ルアー)。

1

アクションが良くて、よくバスが釣れます。

おかげでイイカンジでブラックバスと遊べてマース!



2006年06月20日

バスを釣りました。なんと53センチ!

福井のバス釣りブログにようこそ。

やってしまいました。

野池でなんと53センチのバスを釣ってしまいました。。

証拠写真はこちら。

2

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

バス釣り最高!



2006年05月28日

バスを釣り過ぎて親指ぼろぼろです

バス 釣 のおやじbasserです。

ブラックバスを釣り過ぎて親指ボロボロです。

(証拠写真は、プロフィール欄で。)

先日のポイントでボーズをくらったおやじは、ささくれだった心を癒すべく管理釣り掘へ。

前日、後藤君を誘ったのたが、「行けない」との釣れない返事。

後藤君も釣れなくなったおやじは、一人で出かけました。

 

「今日は釣って釣って釣りまくる。」

鬼手鬼心と化したおやじは、釣りまくりました。

 

使ったのはとあるワーム

 

これが爆釣!

冗談抜きで、ワンキャストワンヒット状態。

着底したかなって、リールを巻くと食っている。

 

数えていないが、50匹以上はバスを釣りました。

(周りにいた人、お騒がせしました。釣るのに夢中で写真はあんまりないです。)

1

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

で、さすがにワームに飽きたので、ハードルアーを使いました。

でも、おやじは、普通のルアーは使いません。

使ったのは、なつかしの某ルアー(爆)

さすがに、ワンキャストワンヒットというわけにはいきませんが、そこそこヒットしました。

3

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

キモは、やっぱり、

「動かしてとめる」

ポーズ中か、ポーズ後のワンアクションでのるっていう感じでした。

 

いやー、満腹満腹!

 

次は実際のポイントでバスを釣りますよ!

 

☆他の釣行記も読みたい人は↓

ランキング

☆このブログをぜひあなたのお気に入りに追加して下さい。

(3秒で完了します!)



2006年05月05日

琵琶湖のスポーニング

バス 釣 のおやじバサーです。

記事の投稿が遅くなっちゃいましたが、

今回は、琵琶湖のブラックバス釣行記!

もちろん狙いはスポーニングのビッグバス!

それでは、はじまりはじまり〜!

tukide

 

 

 

 

 

 

えー、ゴールデンウィーク真っ只中です。

バサーの皆さんは、1日中バス釣りをお楽しみのことと思います。

 

おやじは、GWの混雑が嫌なので、一足早く、琵琶湖に出かけてきました。

時期的にもちろんスポーニングのビッグバス狙いで。

 

この日は、あまり早く出発できなかったので、向かったポイントは「湖北」。

 

湖北のポイントといえば・・・。

 

そう!「月出ワンド」!

 

で、お昼くらいに現地に到着。

この日は平日だったので、オカッパリの先行者は無し。

ボートが2隻ほど浮いているだけでした。

 

「よっしゃ!月出ワンド独り占め!」

 

と心の中でニヤニヤしつつキャスト!

 

この日は、あいにく風が強い日で、ノーシンカー系のルアーは、風でラインが持ってかれて釣りにくい状況だったので、ルアーは、

 

・スピニング/ゲーリー4インチカットテールウォーターメロンのスプリット。

・ベイト/トリプルインパクト

 

でのスタート。

 

月出ワンドは、岸際に木が多く、キャストできる場所は限られています。

 

とりあえず、様子を見るために、トリプルインパクトで探るも、ノー感じ。

 

ウィードを狙って、カットテールのスプリットを引っ掛けてはシェイクするも反応なし・・・。

 

ちょっと嫌な気配を感じつつも、ワンドの奥の方へランガン。

 

ベイトで、BIG-OMR-Xグリフォンダイビングチェリーなどのハードルアーを投げるも反応なし。

 

というか、ベイトの姿も見えないし、水に生命感が全くない・・・。

 

ここで、月出ワンドは見切ってポイント移動します。

 

ラーメン屋で昼飯を食いながら、次の作戦を練る。

 

時間は3時前だったので、あまり遠出もできないので、「塩津」エリアを攻めることに。

 

移動の途中、ワームの補充のために釣り具屋に立ち寄る。

 

そこで、いいものを発見!

 

メガバスのDOG-Xと、グリフォンゼロ

 

速攻で買いました。

 

で、「塩津」に到着。siotu

 

 

 

 

 

 

 

向かったのはテトラのあるあたり。

 

トップはさすがに無理だろうと思ったので、早速グリフォンゼロをキャスト。

 

反応無し・・。

 

スピナーベイトかと思い、D-ZONEを投げるが同じ。

 

D-ZONEにウィードが結構からんだので、スピニングリールで、ジグヘッド・スプリットでウィードを攻めるも、ノー感じ。

 

で、結局6時近くになったので、アタリのないまま納竿・・・。(泣)

 

悔しいので、帰りのコンビニで、「週刊ルアーニュース」を調達すると、湖北の奥琵琶湖ポイントは、雪解け水の影響で、水温が低いとの記事が・・。

 

ガーン!

 

どうも、今釣れているのは、南湖中心の模様・・・。

 

「最初に読んどくんだった・・・。」

 

と、後の祭りのおやじバサーでした。

 

明日以降琵琶湖に行く予定のbasserのみなさん、湖北は避けた方が無難です。(笑)

 

あと、

 

土地勘のない場合、現地のショップまたは、新聞などで、ポイントの情報を仕入れることを忘れずに!

 

それでは、安全に気をつけて、おやじの分まで爆釣してきてくださいね!

 

☆他の琵琶湖のブラックバス釣行記も読みたい人は↓

ランキング

☆このブログをぜひあなたのお気に入りに追加して下さい。

(3秒で完了します!)



2006年04月20日

クランキング

バス 釣 のおやじバサーです。

 

先日の釣行の写真をアップしますね。

sakana

 

 

 

 

 

 

釣行は4月13日。場所はいつもの管理釣り場。先週は天気が悪い日が多く、この日も、夕方から雨との予報だったのですが、禁断症状が出ていたので、後藤君と2人で、朝はやくから出かけました。

この日、実は、別の目的もあり・・・・。

とあるショップに立ち寄ったところ、メガバスの「MR-X グリフォン」と、コットンコーデルの「BIG O」が売ってたので、その場で衝動買い!

この2つのルアーの実釣テストも兼ねての出陣になりました。

MR-X グリフォン、ついに単体での定価販売になったんですね。SR-Xの方は、あいかわらずセット販売でしたが。

あと、BIG Oですが、おなじみ、アメリカンアングラーの間で定番のクランクベイトで、アメリカツアーに参戦中の日本人アングラーからも、よく紹介されるルアーです。

ところが、なかなか売ってない・・・。なので、見つけた瞬間に速攻で買っちゃいました。しかも値引きしてたし!

できれば釣行の前日までにフックをシングルフックに替えておきたかったのですが、時間もなく、近くのコンビニの駐車場で、後藤君に手伝ってもらい、なんとかチェンジしました。

途中、2回くらい後藤君の指を釣っちゃいましたが・・・。

(BIG Oは、アメリカンなつくりなので、結構簡単だったのですが、グリフォンの方は、スプリットリングがちっちゃいので、かなり手間取りました。後藤君ありがとう!)

で、いざ出陣です。

今回後藤君はスピニング一本の女釣りをするとのことなので、おやじも後藤君につきあい、まずは女らしくスピニングでスタート。

いつものポイントで釣り始めます。

おやじは、ゲーリー4インチカットテールウォーターメロンのスプリット。後藤君は上州屋ワームのスプリットをリグりました。

予想通り、30〜35くらいのサイズをコンスタントに水揚げ出来ました。後藤君は、上州屋ワームがいまいちのようで、途中でカットテールにチェンジしてからは、コンスタントに魚をあげてくるようになりました。

しばらく釣りまくって、さすがに飽きたので、いよいよクランクを使った漢釣りにチェンジしました。

先発は、BIG O。

スイムテストをすこししてみると、ぶりぶりといいかんじに動いてくれます。これを、遠心ブレーキ最小、メカほぼ最小の、ブン投げ仕様にリールを調整し、人が少ないのをいいことに、池を一周投げたおしました。

一投目からすぐにバイトはあったものの、シングルフックゆえノリがわるく、キャッチまでにはいたりません。

でも、投げるたびにバイトはあり、数投後、ようやく記念すべきBIG Oでの初バスゲット!サイズはあまり良くなかったのですが、実績がでるというのは嬉しいもんで、早速後藤君に自慢!

その後2匹ほどあげて、池を一周したので、こんどはMR-Xグリフォンにルアーチェンジ。

小ぶりなボディーながら、さすがメガバス、飛距離はBIG Oと遜色ないくらい飛びました。

グリフォンも、シングルフックのため、バイトはあるのですが、ノリが悪く、池一周の間に2匹ほどあげました。

この2つのクランクの感想ですが、どちらも、バスにたいするアピール力は抜群なので、フィールドでの実釣でも、十分活躍してくれそうです。

特にグリフォンは、普通に手に入るようなんで、根ががりをおそれず、これからがんがん使っていきますよー!

というわけで、NEWクランクの手ごたえも十分感じたので、冷えた体を手取りフィッシュランド内の8番ラーメンで温めるおやじと後藤君でした。

 

☆この記事がためにたったという方はクリックしてくださいね!↓

ランキング

☆このブログをぜひあなたのお気に入りに追加して下さい。

(3秒で完了します!)



2006年03月29日

初心者のためのスピニングリール

バス 釣 のおやじバサーです。

みなさんおはようございます。

ジジイなので今日も4時起きの「おやじバサー」です。

(って、記事アップするのに手間取って、フツーの時間になっちゃいましたが・・・。)

今日はバス釣りの話題ではないのですが・・・。

 

今日の福井は朝からあられが降ってます。

最近貼ったライブドア天気かなりあたってます。

こんな日に、よりによって、おやじは、クルマのスタッドレスをノーマルに変えます。0329

自分だったらやりませんが、ディーラーに前からお願いしてあったので。

(サービスの方ご苦労様です。)

 

さて、おやじらしく、めっちゃ亀レスになっちゃいましたが、このあいだ、777さんという方から、スピニングリールの選び方について掲示板にカキクケコ、いや、カキコもらいましたのでレスしたいと思います。

(ぜんぜん関係ないですが、第3停止の時のオーラの色が気になったのはおやじだけでしょうか?)

(さらに関係ないのですが、「アンパンマン」には、「かきくけこ」ちゃんというキャラがいます。お父さんの名前は「たちつて父ちゃん」です。やなせさん、おやじ的にはお母さんの名前がめっちゃ気になります!)

 

前置きはこれくらいにして、本題にはいるわけですが、今日は「魁!!男塾」塾長の「江田島平八」塾長が答えてくださるそうです。

では、塾長、おねがいします。

 

・・・・・。

 

(「マイクはいってる?あ、そう」)

 

ゴ、ゴホン。

 

今日は我輩が、初心者に最適なスピニングリールについて講義するのであ〜る。

 

初心者にありがちなのが、「入門用だからとりあえず安い奴」って考えだが、これは問題なのであ〜る。

 

というのも、一番最初に使う道具によって上達の具合が変わってくるからであ〜る。

 

今やスピニングリールなんて、ホームセンターでも買える時代であるが、安い奴はやはりその程度のものなのであ〜る。

 

じゃなきゃ、我輩もみつわで買ったタックルでバス釣ってるのであ〜る。

 

やっぱり、いくら安くても「ダイワ」か「シマノ」にしといた方がいいのであ〜る。

 

(マニアックな人は「アブ」でもいいのであ〜るが。)

 

「ダイワ」にしろ、「シマノ」にしろ、高いものは作りがいいし、安いものはそれなりというのが、世の道理であ〜るからして、あとは、財布との相談なのであ〜る。

 

777殿が、リッチマンなら、「ステラ」をおすすめするが、これは「おやじバサー」殿でも使ってない(買えないのかもしれんよのう)ベアリング使いまくりの超高級リールであ〜る。

いや、そこまではというのであれば、

「ダイワ」なら「ラクセルV

「シマノ」なら「エアノスXT

が、エントリーモデルとしてラインナップされているので、このへんがよかろう。

 

今すぐ買いたいって、時は、

ラクセルV

エアノスXT

から買えるので、一度見て欲しいのであ〜る。

 

今日の講義はこれにて終了なのであーる。

 

(「こんなもんでよかった?」

「もう十分っすよ!どうもありがとうございました。愕怨祭の準備がんばってください。僕も顔出すんで。」)

 

・・・・・・。

 

はい、おやじバサーです。

というわけで、777さん、参考になったでしょうか?

次はオーラの色も教えてくださいね!

それではまた。

ランキング←クリックしてね!

○このブログをぜひあなたのお気に入りに追加して下さい。

(3秒で完了します!)



2006年03月05日

なんと60UP!!!

40

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは。

おやじバサーです。

すっかり暖かくなってきましたが、アングラーのみなさん、釣り始めてますか?

 

バスだけでなく、おやじの活性もかなり上がってきて、釣っちゃいましたよ、40UP。

といっても、フィールドはいつもの管理釣り場ですが・・・。

 

タックルはスピニングで、リグはマイブームのスプリットショット。リーダーは短めで10センチくらい。ワームはおやじの定番ゲーリー4インチカットテールのウォーターメロンでした。

40m

 

 

 

 

 

 

(メジャーをあててみると、微妙に40切れてるカンジですが、そこはご愛嬌ってことで・・・。)

 

土曜日は天気もよく、混んでるだろうなーと思って「つりびと」に行ったのですが、予想に反してそれほど混んでもいなくて、アングラーは15人くらいでした。

そのうち半分がトラウトの人っていう感じです。

というわけで、最近のおやじの爆釣スポットである、池に向かって右側、一番奥の土管の前にも人はなし。

シメシメと思いながら、カットテールのスプリットで釣りまくりました。

サイズはアベレージ35くらいのこんなバスちゃんです。

35

 

 

 

 

 

 

今回はカットテール以外のゲーリーの4インチの赤のイモグラブでもよく釣れました。

 

さすがにあまりに釣れすぎてちょっと飽きたので、スピニングはやめて、ベイトも投げることに。

リグはゲーリー6.5インチカットテールのノーシンカー。色はやっぱりウォーターメロン。(って、我ながらカットテール好きやね。)フックはSUGOIフックの4/0

ちっさい奴はまずフッキングできないでかいフックで、大物ねらいです。

 

時間も5時をすぎ、人もまばらになったので、普段あまり打たない、池の真ん中の岩のストラクチャーあたりにキャスト。

その数投目・・・・。

「コツン」

と、バイトはちいさかったのですが、フッキングしたあとのヒキが半端じゃない・・・。

ベイトロッドが、満月のようにしなってます・・・。

「うお、これはもしかして50アップ!ランディングしたら「つりびと」のHPにのるかも・・・・?」

頭の中でこんなことを考えていたのですが、サカナが走りまくってぜんぜん岸によらない。生まれて初めてベイトリールのドラグがきいて、ラインが出て行きました。

「これは、つりびとの最高記録かもしれない・・・。」

と、どきどきしながらサカナと格闘すること数分。

ようやく魚体が見えました。

 

・・・・・。

「バスじゃない。」

 

その正体は、トラウトでした・・・。

それにしてもデカイ・・・。

ネットでランディングしたのがこのお方です。

60

 

 

 

 

 

 

ピンボケでちょっとわかりづらいですが、60センチは楽に越えてました。

(フックをはずすときに顔をみたらマグロみたいで不気味でした)

 

というわけで、60アップというのは、バスではなくトラウトというオチなのですが、おやじが釣りを始めてから、今までで一番のヒキの強さでした。

恐るべきトラウト・・・。

スピニングだったら一瞬でラインブレイクしちゃうと思います。

 

というわけで、いろんな意味で楽しめた今回の「つりびと」でした。

 

ランキング←クリックしてね!

○このブログをぜひあなたのお気に入りに追加して下さい。

(3秒で完了します!)



2006年01月29日

爆釣万歳!

kesikiみなさーん。元気ですかー?

元気があればなんでもできる。

釣りの誘いを断ってパチスロにも行ける。

(なんじゃそりゃ?)

 

 

というわけで、久しぶりのバス 釣 です。

ブログは更新していませんでしたが、実は、釣行していました。

場所は・・・・・・。

 

石川の管理釣り場。

いや、マジ釣れまくりです。

 

嫁の許しが出たので、昼前に家を出発。出がけに、後藤君にtelするも、

「えっ、釣りですか・・・。こんな寒いのに。それよりスロットいきましょうよ!北斗打ちに。」

なんてなめたことを行っているので、

「きさまだけは許さん!」

と、残悔積歩拳をお見舞いしてやりました。

「あ、足が勝手に・・・・。わらば!」

と、電話が切れたので、とっとと「つりびと」へ向けて出発。

 

1時間半のロングドライブの末、現地到着。

今日は天気がよかったため、ある程度予想はしていましたが、駐車場には車だらけ。

 

「ふっ、でも、俺は天才だー!」

と、釣りを始めました。

 

おやじのいつものスポットは、若者たちに占領されていたので、今日は、違うスポットでの釣りになりました。

タックルは、スピニングで、リグは、最近の定番ゲーリー4インチカットテールのウォーターメロンのスプリットです。

(ワームは変わってないけど、最近はスプリットがマイブーム)

 

で、土管に狙いを定めてキャスト!!!

あやうく土管からでてきたマリオを釣りそうになりましたが、なんとか着水。

さっそくバイト。

で、とりあえず1匹ゲット!

その後も、土管のあたりにキャストして、少しずつ岸に向かってズル引きしてくると食ってきます。

今日は、岸際に魚がたくさんついていたので、このパターンで入れ食いでした。

しかもあがってくるサイズは、35クラスばかり。

スピニングで釣っているので、結構ヒキが楽しめます。

最近は、ヒキを味わいたくて、もっぱらスピニングばっかり使っています。

で、こんなのもあがりました。

bass

 

 

 

 

 

 

バスが暴れて、写真がうまくとれていませんが、ちょうど40センチのバスで、今日の一番でかいサイズでした。

その後もほぼ1キャスト1ヒット状態で、4時間たっぷりバスフィッシングを満喫しました。

多分50匹以上はあげたと思います。

この時期、まだまだ寒いですが、「つりびと」のバスは活性あがりっぱなしなので、USAで北斗で負けている場合ではありません。

(ね、後藤君。)

みんなで「つりびと」へGO!



2005年10月10日

すっかり秋やね

1011予告通り、行ってまいりました。

 

祝1ヶ月半ぶりのバス釣り!!!

 

で、場所は、予告通り滝波ダム・・・・。

 

滝波・・・・。

 

最近ちょっと感じかわったんやねー・・・・。

 

(えっ、どうみてもあ〇ら市の野池にしか見えない・・・?)

 

(しかも、後藤君写っちゃってるし・・・・。)

 

きのうの動物園で疲れきったおやじは、今日は昼まで寝てしまいました。

(昨日は夕方6時には寝てました・・・・。)

 

携帯も、車のなかにおきっぱでした。

 

子供達に起こされて、一応、朝7時くらいに目は覚ましたのですが、久々にそうとう歩いたのと、子供達のだっこ攻撃にあったので、全身に筋肉痛&左足の鈍い痛みで、起き上がる気力もなく、あえなく、再び深い眠りへと撃沈していったのでした・・・。

(すまん、後藤君・・・。)

 

で、ようやく起きたのが昼の1時。(一体何時間寝てるんや?)

後藤君のことが気になりつつも、とりあえず昼飯。(電話しろよ!)

休日の定番、「日清焼きそば」をダブルでたいらげ(食いすぎやろ。めっちゃジャンクやし。でも、ソースがめっちゃうまいのでおやじのお気に入り)、思い腰をあげて携帯をチェック。

案の定、後藤君から着信アリ。

 

おそるおそる後藤君に電話。

 

おやじ「もしもし・・。今起きたわー。」

後藤君「まじで?寝すぎっすよ。」

おやじ「昨日動物園で疲れて・・・・。今日どうする?」

 

(時間も遅くなったし、やめときましょーという答えを期待していたおやじ。)

 

後藤君「いま、まつたけご飯つくってるんですが、もうすぐ終わるんで行きましょーよ。」

 

(うお、やっぱり行くんか。バスより、まつたけご飯食わせてくれと思いながら)

おやじ「じゃあ、3時ごろ迎えに行くわ。」

 

ということで、釣行成立してしまいました(泣)。

 

で、後藤君をひろって、場所もあ〇ら市の後藤君のホーム野池へ変更。

 

現地には、先行者一人と、ヘラ師が一人。

三重ナンバーのマーチの横に車を停めて(三重ナンバー?)、とりあえず釣り始める。

 

が、めっちゃ寒い。おやじは嫁の忠告で長袖を着ていたが、後藤君は半そで。

(そりゃ寒いわ。)

 

で、サカナの気配も全くなし。

 

後藤君は、スピニングにワームのノーシンカー。おやじは風が強いので、ベイトにテキサス。

 

それらしき場所を撃っていくも、全く反応なし。

 

毛虫のリスクをおかしながらやってみたジャングリングも不発に・・・!

 

そのうち、なぜか、フライの練習しだす奴も現れるし・・・・。

 

おやじ「おわっ、あんなとこでフライやってる。練習か?」

後藤君「いやー、釣りにきたんでしょ。」

おやじ「こんなとこでフライで釣れるサカナなんてえんやろー。」

後藤君「いや、いるんすよ。ニジマスとか」

 

(後藤君よ、100パーいないよニジマスは・・・・・。)

 

結局池を1周するも、二人ともノーフィッシュ。(後藤君はバイトはあったといっていたが・・・。)

 

あたりも暗くなってきたので撤収することに。

 

と、ここで後藤君が、

「見てくださいよー。かっこいいリールの巻き方しますからー」

といって、スピニングのハンドルをくるくると回している・・・・。

 

「これ、一回で5回転くらいまわって、効率いいですよー。」

 

(いや、それやったところで、釣果に関係ないし・・・・。)

 

どっと疲れが出たところで、こないだ毛虫にさされた日に行った「うえだ」で味噌ラーメンを食おうしたが、あいにく店はやってなかったので、後藤君を家に送って帰りました。

 

(あー、まつたけご飯いいなー。)

 

と思いながら晩御飯のネギトロ丼を食うおやじでした。

 

ランキング←クリックしてね!

 

○このブログをぜひあなたのお気に入りに追加して下さい。

(3秒で完了します!)



2005年09月19日

旧吉野川で釣りまくり!

えー、旧吉野川でいいサイズがボコボコ釣れてます。

 

昨日のブログに書いたように、今江プロが、ジャバロンのテキサス(通称ジャバテキ)で爆釣しているのは、もうかなりメジャーになった旧吉野川です。

 

もともとバスフィッシングといえば、リザーバーや、野池など、完全な止水域で行われていましたが、ここ数年、メディアの影響で、川でのバスフィッシング(いわゆる「リバーバッシング」。←川の悪口をいうことではありません。)がブームになりました。

 

リバーバスの魅力というと、なんといっても、引きの強さと、そこそこのサイズが見込めるということにあると思います。

 

あとは、水質悪化の影響を受けにくいということもありますが、おやじ的には、やはり、なんと言っても、「釣り場の開放感」が大きなポイントだと思います。

 

リザーバーはさておき、野池などにいつも行っていると、池のまわりは山で、木が生い茂っていたりして、フルキャストなんてできないし、対して広くもないのに、何人ものアングラーがポイントを争っていたりする事があったりします。

 

エリアの物理的な閉塞感と、フィッシングプレッシャーがストレスになってしまうことってありますよね。

 

こんなときは、川へ行って、タックルボックスももたず、ロッドに1つだけルアーを結んで、下流に向かってただひたすら釣り進んでいくと、また違う意味でバス釣りを楽しむことができます。

 

ただ、川での釣りは、おやじ的にはギャンブル的な要素が多くて、確実にサカナを獲るという意味では、つい、通いなれた野池に足が向いてしまうのが現実だったりしますが・・・。(汗)

 

でも、福井(嶺北)の川でいうと、日野川・足羽川・九頭竜川・竹田川と、ほぼすべての川でバスが釣れるようなので(もちろん、エリアはある程度限られますが)、プレッシャーの高い野池をはずして、たまにはリバーバッシングも如何ですか?

 

ちなみにこんな事を言っているおやじの実績は、足羽川でミノーにて、ニゴイとケタバスのみです。(爆)

 

情報によると竹田川がイイらしいが・・・・・。

 

ちなみに、リバーバスにおすすめのルアーはこれ

 

○このブログをぜひあなたの

お気に入りに追加して下さい

(3秒で完了します!)



2005年09月18日

ジャバロン買えます

ジャバロン今すぐ手に入ります。

 

えー、話題のジャバロンですが、もう使ってみました?

 

おやじは今ごろ注目しているのですが、このジャバロン、泳いでる姿はマジリアルベイトそのものです。

 

IMAKATSUのHPアクションがみれますが、今江プロによる実釣は必見です。

 

こちらから動画が見れます。

 

まじでデカイ魚ばっかり釣ってます。

 

(いや、このサイズ、子バスは食えない・・・。)

 

おやじ的には、ジャングリングで使ってみたい!!!

 

ご存知のように、既に売り切れショップ続出ですが、今すぐ通販で手に入るショップを見つけました。

 

売りきれないうちにチェック!

 

○このブログをぜひあなたの

お気に入りに追加して下さい

(3秒で完了します!)



2005年09月17日

ヘッドロックジグで54cm

ヘッドロックジグで54センチを釣りました。

 

えー、といっても、おやじではなく・・・・。

 

昨日のdepsつながりなのですが、depsには、WEBメンバーというものがあり、これは、年会費2000円を払うと、入会特典としてもれなくdepsルアーがもらえ、さらに、会員限定のルアーも購入できるという、depsフリークとってはポイントが高いシステムです。

(ちなみに2005年度の入会特典ルアーは、クローラーベイトの「KAKURU」です。非売品のようです。サイトはこちら←上の方の「depsweb members」というところをクリック。)

 

で、その他に、会員特典として、琵琶湖で有名ガイドのサービスを受けられるという企画があり、それに当選した人が、見事、ヘッドロックジグ1/2ozで、自身最高記録となる、54センチのバスを釣り上げています。

動画はこちら

 

で、おやじがすごいと思ったのは、ヘッドロックジグの威力もさることながら、ガイドを担当している前田さんという人です。

 

この企画のゲストは、ジグはほぼ初体験のようですが、ルアーアクションについての説明や、アタリのとりかたなど、おやじが聞いても十分ためになる内容です。

 

あと、ゲストが1匹釣ると、

 

「2、30センチラインを切って結びかえてくださいね。次はロクマルかも知れないんで。」

 

次はロクマル・・・って言ってるところが、めっちゃリアルというか、板についているというか・・。さらっと言っているあたりが、ロクマルなんて日常茶飯事のような感じがして、実に説得力あります。

 

でも、本当に実力があるからでしょう。前田さんのガイドはこちらのページ「ガイドサービス前田」から予約できるのですが、10月までの予約は既にいっぱいです。

 

「ガイドサービス前田」には、前田さんのエピソードも載っていて、それを読むと、ますます前田さんという人は「釣らせてくれる男」だという気がします。

 

ちなみに料金は1名乗船8時間で¥30,000です。相場的には決して高くない値段だと思います。(2005年9月現在。詳しくはサイトを参照してね。)

 

おやじも前田さんのガイド受けてー。

 

(だれか3万円貸して!)

 

○このブログをぜひあなたの

お気に入りに追加して下さい

(3秒で完了します!)

 



魚群探知機
boople 本の検索
booplesearch


ブックオフオンライン
ブックサービス