やっぱ首がきれい。

f9ce4a2e.jpg軽々しく、何とかだったの。とか、何とかしてたのね。とか言われたい。〜じゃん??とか。。
おいらの中ではそれらをカエラ語って言うの。カエラ語は話しながら笑っちゃうの。そいつを使ってるやつを”カエラー”と呼ぶの。



一昨日カエラ見て来た。いや、会ってきた。


キャパ600くらいの思ったよりは小さなライブハウスだった。おいらの整理券は540番だったのにそのままの並び順で入れたのでかなり前で見れた。何のための整理券か全くわからんけど助かった。中には壁に注意書きがしてあって、「モッシュ、ダイブ禁止」ってまあよく見る注意書きがあって、その下に「ジャンプ禁止」とも。

そんなの無理ジャン??

んでポジション争いの勝者のおいら達は5メートルくらいの超至近距離でカエラ見て来た。


カエラほんとに小さい。顔も。東京でデザイナーしている子が見たらしくそう教えてくれたけどほんとだった。ステージにいるのに見えないくらい小さくて、ほとんど台の上で歌っていた。おいらの彼女はそれでも見難かったと思う。
MCは結構アホっぽいけど曲は激しく、ライブ向けなバンドだったじゃん??ポップ感は全く受けんかったなー。かなりロックしてやがった。パワーポップってやつか。



さて引くなよ。。。


でもおいらが見ていたのは実は脇汗。実はライブ当日に誕生日を迎えたやつがカエラのプロモで脇汗を発見したのだ。これには脇汗にビンカンにならざるをえんかったわ。
しかもカエラが着ていたTシャツは自信満々のグレー!!!!

勝負カラーだ。

脇汗掻こうもんなら瞬時にバレちまう一番危険なカラーチョイスで目の前にいる。ドキドキしながらしだいに額が汗で光っていくカエラを見ていた。


が、、、、最後まで一切変色無し。

ちゃーんとグレー維持!!!!

やっぱり脇汗なんて掻かないジャン????アンコールのラコスの茶Tも生還。



楽しかったよ。UNOって伝える事は出来んかったけど、良かったわ。歌うまくなっとったし。。やっぱ曲ってのは聞くよりも見るほうが100倍いいな。
また行きたいけどもうあの距離で会える事なんてねーんだろうな。と思うと残念。




最後にライブ中、おいらの目の前での余談を一個。。

キャットファイト寸前の二人組みの女の子2グループがいた話。
おいらのすぐ前に二人、その前にさらに二人だったんだけど、後ろのやつがあまりに暴れすぎて前二人を押すもんだから前の子が徐々にイラつき始め、ライブ終了間際には前二人はもう体さえ揺らしてない状態。完全に切れテーラ。おいらはこの時、彼女を送り込むべく、おいらとその子の間に彼女を入れてみた。(後で叱られた)
そんでライブ後、カエラのインストの曲が流れている場内満足感の中で、前二人が強烈なガン飛ばし。


うわーーーー!!!怖いじゃん??

結局おいらの見ている限りではキャットファイトは無かったけど、殴り合いになってもおかしくない感じだった。ちなみに後ろ二人は暴れすぎて髪がキッシキシだったのが笑えた。

ワニと小鳥、とサークル良かった。