こんにちは
ハーツきっず日之出児童クラブです。

なが~いなが~い夏休みも終わり、いよいよ学校生活がスタートしましたね。
夏休み中、大きな怪我や事故がなかったことにホッと胸を撫で下ろしたのも束の間、
子どもたちは体育大会に向けて走り出しています
いつまでも続く残暑に負けず、元気いっぱいの日之出っ子たちです。


今回は9月の工作『ぶんぶんこま作り』の様子をご紹介します
昨年、子どもたちにも大人にも大好評で、お迎えに来られた保護者の方や支援員も子どもたちに負けるものか!と必死に(?)回していました
今回は保護者の方にご協力いただき、牛乳パック集めから始めました。
牛乳パックの底の部分を使い、子どもたちは思い思いの絵を描いていました。

9月工作









カラフルに何色ものマジックで虹を描く子、一面お花畑の子、好きな漫画のキャラクターを描く子など個性いっぱいのドラマがありました。

苦戦したのは千枚通しで開けた穴にタコ糸を通すとき。
「こんなん通るわけないやん」としょげる子、意地でも自分でやると目が点になってる子、お友だちの分まで必死に頑張っている子など三者三様とっても微笑ましかったです。

9月工作3









9月工作2










そのうち、あちらこちらから「ぶ~ん、ぶ~ん」いえいえ「びゅ~ん、びゅ~ん」とそれはそれはものすごい音と子どもたちの嬉しそうな声が聞こえてきました。