中堅フライマンのフライフィッシングモノローグ

入門からチョットだけフライになれた中堅のフライフィッシャーが思うフライの釣行記や日常のブログです。 釣行記はあまりかけないの、釣りに行ってないから。 今年は5月下旬ごろ第二子が生まれます。 またまたデザインを変更しました。

April 2005

大芦川(4/29)

GWに久しぶりの釣行。大芦川行くところを色々と迷った挙句、なぜか大芦川に。GWで混雑を避けるために深夜に出たものの、高速に乗らずに下道で3時間。4時半についたらあたりは薄暗くなり始めてきたが、どうせドライで釣るのだと仮眠をとろうと寝たところ、車が何台か止まっては流れていく。たぶんえさの人がすでに入ろうとしているのだと思っていたら、車の中で寝ている私に声をかける人が。。。

誰だと思って起きてみると漁協の監視員らしい。「入漁券買った?つりするんでしょ」と起こされて見事に現場券を買わされてしまった。

大芦川は鳥居の下のガソリンスタンド前が事務所になっていて、そこで入漁券を売っている。日が上がってから買いに行こうとしたのに、現場券の高いのを買わされてしまった。状況を聞くと「5月に放流するけど今はすくないよ」との話。また眠ってしまった。

ちょっと寝てから6時に入渓しようと、となりにパジェロが泊まっている。寝るときにはいなかったのにと思いつつ、川を見るとルアーとフライロッドを2つ持った若いおにーちゃんが入っている。しょうがないから場所をかえようと、下から釣りあがるもどうも反応がない。9時に上がって場所をかえようとしたが、朝ごはんを食べたら眠くなり、また寝てしまう。

結局12時になって、ロックスに電話。「今日は大芦は厳しいですよ」と店主の話。渓流を変えようと思ったが、高い現場券をかわされたので、そのまま釣りあがることに。

かわら2度くらい反応はあったものの、結局フライを加えてくれるサナカはおらず、そのまま終了。2時過ぎには上がってしまった。

イブニングで下流にと思ってはいたものの、深夜のドライブがかなり聞いたらしくこの日は眠くて仕方がなかったのでそのまま帰ることに。GWは人が多いというが、この日も大芦川は人が多かった。常に多い大芦川は5月の放流以降はいい釣りができるだろう。

 

奈良子釣りセンター

奈良子釣りセンターには結構行っている。場所は山梨県大月ICの近くなので、私の家からは東京を横断しなければならず、帰りは渋滞に巻き込まれる確率がほぼ99%なのだが、行ってしまう。
穴場的ではあるというのもあるが、全部がそろっている釣り場である。
全部というのは仲間といっても、家族で行っても、ひとりで行っても満足できる釣り場ということ。バーベキューを頼めば家族は問題ない。仲間で始めて釣る人であっても、池と自然渓流を使った釣り場になっているので両方楽しめる。一人で行ってもC&R区間の上流に行けば、ほぼ自然渓流と同じぐらいの難しさが楽しめるのである。
なので、お客もファミリーで来ている人も多い。
自然渓流といっても下流部の”修練の場”と呼ばれている片側護岸のところでは放流された魚がいい感じでスレれており、簡単には釣られてくれない。一度#22のドライミッジを沈めて釣って爆釣したことがあって、隣の家族連れのおじさんがぜんぜん釣れないことがあった。”フライは何を使っているのですか?”と聞かれた彼は#12ぐらいのありがちなマラブーであった。”え、こんな小さいのでつれるのですか?”と。どっちがいいかわからないけど。ドライでもちゃんと流せばつれるが、初心者の女の子も15分ぐらいで一匹釣ってきたこともあるので、色々と勉強になる。
 
ココの釣り場、昨年の正月”サンタク”という明石家さんまと木村拓也の正月番組でもつかわれて、囲炉裏のあるログハウスに写真が飾ってあった。ご家族で経営をしているらしくアットホームで、初心者から腕に覚えのある人まで楽しめる、一番好きな楽しい釣り場である。
 

フジノ(リーダー)

実家の義母さんが来て、土曜にうちに泊まる。
先週も行けなかったので、ストレスがだんだんたまる。でも来週からGWだから、つりにいくぞーと、ファンテイルフジノライン社のテーパーリダーを10枚も注文した。
このリーダー、ものすごくいい。何が良いかというと、勝手にターンオーバーしてくれるのだ。ハリがあるといったほうが言いかもしれない。ハリはバリバスよりも有り、伸ばせば巻きグセもちゃんと取れる。
どこかのリーダーはパッケージを変えて中身がほとんど変わってなかったりするが、ここは鮎用のナイロンを作っている会社。細くても強度は抜群に良い。最近気に入っている。
でも10枚は買いすぎかも。。
 

浜松出張

浜松出張に行っており更新ができず。
新幹線って、大阪は便利だけど、途中の駅は結局1時間に2本ぐらいしかないのね。結構びっくり。
ひかりは1時間で一本こだまも時間帯によりだけど1時間に1本。
浜松から2時間で東京でした。大阪の半分ぐらいなのに。
到着する駅でかならずのぞみさんに抜かれてしまう。うーむ。
こだまだったら止まる駅で必ずだれかに抜かれそう。
って、いま間違えてJR東日本ホームページ見てたら来年の1月に定期とViewカードがくっつくのね。知らなかったよ。早くJALカードSuicaに定期出してくれー

旧友との再会

浜松に出張で前日に宿泊。
こういうときは酒を飲みすぎてはいけないのだが、上司2人に捕まり飲み屋へ。私はほとんどのまず、上司は日本酒3〜4合ぐらい飲んでる。アホだ、こいつら。
10時半ぐらいに終わったのだが、友人がその頃やっとつかまり「11時にホテルに向かいに行くからちょっとの見に行こうよ」と。。。俺もか。。。。
ホテルに帰ったのは2時。眠い。。。

朝霞ガーデン

池袋から30分、2chでも話題が絶えない朝霞ガーデンです。
確かに都心なから近い、うちからも千葉の成田ジョイバレーより若干近いのですが、最近まで行きませんでした。
確かに水はキレイではないですが、成田も濁っているので(違うにごり方だと思いますが)あんまり気にしていないです。ただ、ココは一個の池が小さいのでちょっと伸ばそうとするとフォルスキャストで隣のポンドの人を釣ってしまいそうなのがちょっと怖かったりします。
魚は元気だし、がんがん放流しているし、管理釣り場と割り切ればぜんぜん安いのでいいと思うんだけど、なんか評判はよくないですよね。
短時間で楽しくつれれば良いので、私は好きではないけど嫌いじゃないです。
 

やまゆきかわゆき

やまゆきかわゆきのオーナー(あえて名前はふせます)に5月のGWかとメールをお送りしたら返事が返ってきた。オープンしてからすぐに2回お世話になったものの、それ以来いけていなかった。結婚して仕事がものすごく忙しくなったのもその鯨飲ではあった。
年券を購入したいと伝えたら、先に送って来た時に払ってもいいよと、やまゆきかわゆきとフライの人とは信頼ですからと書いてあった。
やまゆきかわゆきは、福島の南、伊南川の支流、舘岩川を中心としたその支流郡の近くにある。オーナーは東京で会社勤めから転職したかたで、今では漁協の監視員から理事になり、舘岩川にC&Rを導入した立役者でもある。ご夫婦でフライをされて、奥さんのほうが立派なロッドをもっていたりする。オーナーさんに聞くと最近の川の状況、フライ、熊のようす?などいろいろとおしえてくださる。ココのペンションのディナーは最高で、量も多くおいしい料理が出てくる。逆に朝はおにぎりを作ってくれというとおいといてくれたりする。フライマンにやさしい宿。
 
かみさんのおなかが大きいので、あまり遊べないけど今年はぜひ行きたいなぁ。
 

ジョイバレー(管理釣り場)

ジョイバレーは千葉にある有名なほうの管理釣り場。無名なほうはこっち、夷隅川である。
さてジョイバレーはポンドタイプの管理釣り場、数年前にストリームを作る計画だったのがなぜか池を2つ増やした。水質はキレイとはいえないが、フライの基本動作を私はここで覚えた。
年末年始は一年で一番混むらしいが、平日はすいているし、ちょっとしたドライブもかねていくことが多いかなぁ。ココでルアーから私はフライに転向したのだが、ルアーでは必ず40cm以上の大物が来るたびにかかっていた。60cmのイトウもココでつった。フライになってから大物を釣ったことがないなぁ。まあ、ドライでやってしまうし、引っ張るのはあんまり好きじゃないかななぁ。
最近はあんまり行っていないけどだんだん金額が高くなってきたような気がする。これだけ人が入るのだからもう少し安くしてもいいと思うけど。
 
 

JALカードスイカ

JALカードSuicaは便利である。
やっぱり電車→飛行機→電車という出張をするサラリーマンは多いのだ。
あくまでもターゲットはサラリーマン、それも30代、40代である。
定期でのJALカードSuicaというのは夏には出てくるでしょう、これはビューカードが定期にならない限りできない、逆を言えばビューカード+定期ができればすぐにも定期版のJALカードSuicaがでる気がする。
これのうまい使い方はクレジットカードをチャージを会社から移動旅費をもらってポイントがたまるということ、会社のお金でポイントをためるのことができるのである。1年も使えばJALカードのサンクスポイントがたまり、これをマイレージやSuicaマネーに変えることができるのだから、メリットはある。
一番いいのはICチェックイン、だってこれを使えば紙の搭乗券を発見しなくてもセキュリティゲートに行くだけでできるのだから。
あとはいつ使うかだが、JALICクーポンなら1万マイルで1万5000円分のクーポンに変えられて空港の売店でお土産やビールを買うことだってできる。このクーポンに変えて空港で10万円分の電化製品を買った人もいるらしい、空港で電化製品を買う人ってどんなひとだろう。。。
 
ANAはEdyだけど、あんまりメリットないんだよなぁ。私にとっては
 

フライショップ ロックス

フライショップロックスは私の住む市川の本八幡駅にあり、市川市内に唯一あるプロショップである。
ここの店長はとにかく若い、私がフライを始めたときのフライショップの店長はすでに50代に届こうとしていた、フライフィッシングってやはり年輩の方が多いのが実感。若い世代の方がいない感じがする、特にブラックバスなんかをやっているメンター見たいな人たちと比べると落ち着いている。
それはさておき、ロックスは深夜営業が売り、平日は夜10時までやっているので、お客さんが最後までいて、よくお店が終わった後にのみにいってしまう日もあるとか。とにかく店主が気さくなのである。
また、このお店に通うお客さんは自作ネット職人が多いようで、カリンなどのネットに使う木や鑢などがおいていあるなかなかないフライショップ。
普通はロッドメイキングに走ると思うんだけど、この自作ロッドも結構味わい深かったりするのでやりたいのだが、はまると大変なので私はわざと避けている。
 
この日、店主と電話をしてGWの福島のお話をした。するとすでにこのブログを発見したらしく、リンクの御礼をしていただいた。やはりフライショップたるもの情報収集は大事な役目のようである。

フライショップ ハーミット

最近フライの話題以外が多いのでお店の紹介を。
フライショップハーミットは新松戸の僕がフライの巻き方を教わったお店のあとにいろいろ探したお店の2つのうちのひとつ。もうひとつはサンスイでこれは皆さんご存知でしょう。
ハーミットの店主さんの稲見さんは雑誌などでもお見かけするし、本も書いているのでご存知の方も多いでしょう、お店に行けば必ず誰かと話していますね。なんか順番待ちして稲見さんと話すのを待っているみたい。
さて、ここのお店の特徴はたまにやるセールと委託販売(中古)のロッドを扱っているということ、セール品は新たなシリーズが発売されたロッドや型落ち品などを40%引きとかで売っています。これが楽しみでお店にちょこまか顔をだしますね。私もこれでウェーダーを買ったことがありますが、単純に型が入れ替わっただけでデザインや物が悪いわけでもありません。委託販売のロッドはいいものが出るとすぐに売れてしまうのでなかなか買えたことがありません。
私も店主に誘われイベントに一度行ったことがあります。お店の7周年だったか?のイベントでフリックに行きました。寝ずに行ったのでふらふら立ったけど、楽しく遊びました。このときの写真が稲見さんの本に乗っており、私もその集合写真に写っています。
そういう意味ではシーバスなどのいろんな釣りをフライでしたい人にはぜひお勧め、お店のおなかまで東京湾でのシーバス用のボートもあるので、やってみたい方はぜひお問い合わせをしてみてください。
 

JAL業務改善報告

JALに対して国土交通省が業務改善命令をだしていたことに対する業務改善報告をJAL側が出した。JALとして社長との100回以上の現場とのミーティングや整備に関する情報システムの更改などをだしている。
ただ、根本の問題として定時運行というのはエアラインにとって事業の根幹にかかわる品質の問題ととらえているのが今の日本のエアライン。
羽田のスロットはほとんどあいておらず、朝や夕方は私のいるビルからでも3機が羽田に向かっているのがわかる。こんな空港は世界に探してもない。国土交通省はJALに対して責任を問うのは当然とこととして、羽田の国内線に対しての滑走路増設問題を早期に解決すべきではないのか?
ヒューマンエラーが起こるのはJALだけの問題なのか?
 
 

なまはげ

hinaidori

「なまはげ」という銀座の飲み屋に行った。初めて行ったのだがきりたんぽ鍋や皮内地鶏のつくねなどを食べた。きりたんぽ鍋は鳥の臓物が入っておらずあまりコクがなかったが、つくねはおいしかった。

 

namahage

でも、ほんとうの名物は本物のなまはげ。各テーブルに「わるいごはいねがぁ」と声を上げてやってくる。結構迫力ある。どうやら秋田新幹線で毎日通っているらしい。

アングラーズネットとベスト

アングラーズネットにリンクを申し込んでみた。このサイトはフライフィッシングだけでなく、いろいろな釣りの情報ポータルサイトである。
まだホームページは駆け出しの状態ですが、いろいろと書いて情報交換を皆さんとしていきたいなと思っています。
 
また、ここで紹介されているデクーンフィッシングベストは私も長年愛用している。安くて大変質がいい、フライベストが8000円というのは考えられない。構造もよく考えられていて、Dカンやドライシェイクが入るポケットもある。とっても丈夫ウェーダーも用意されていて、これまた安い。最近はじめたフライマンはここのウェーダーで1シーズン様子を見るのがいいと思う。
 

釣りウェブLink!とアングラーズネット

面白そうなのでWebLinkをしてみた。つりリンク

http://www.linkclub.or.jp/~iwami/twlink/

釣りウェブLink!

というリンクです。

あと、アングラーズネットにもリンクを張ってみた。

これからどのぐらいカウントが増えるか、毎日更新していきたいとは思うけど続かないんだろうなぁ。

 

お花見(4/10)

ブログの日記なのにぜんぜん日記になっていないのだが、先週の日曜日に近くの里見公園にて花見をしようと急に思い立ち、おにぎりを作って出かけた。sakura
桜はほぼ満開で、文字道理の桜吹雪が舞う一番いい時期であった。
公園に続く小道は屋台が出ており、そこでたこ焼きを買った。かなり大きなたこ焼きで、桜海老が入っており、中はしっとりしていておいしい。
公園に着くとブルーシートを引いて子一時間ゆっくりとおにぎりを食べた。うちのかみさんはどうしてもリンゴ飴が食べたいらしく、小さいのを買っていた。
こんなのどかな花見は久しぶりだった。いつもお酒やら何やらで準備が大変で、夜中の寒い時期までかなり粘っている花見ばっかりなので。昼間にやるのもいいかも。
 

東荒川(4/9)

田川で散々な次の日。
やる気がおきず、結局10時に入渓。
つり橋下から入ったものの、結局連れるのはウグイ。悔しくて緩やかなポイントを飛ばしながらも大物はドラッグがかかり乗らず。。
えん堤を2段あがり、プールの先にあった流れ込みにパラシュートを落とすとヤマメが出てきました。小さなヤマメですがおなかがキレイな黄色をしている。たぶん年越しの放流ものだと思います。
かみさんが駐車場でフライマンの会話に聞き耳を立てていると、漁協が放流をしていないようで、今日は期待できないという話。
もうちょっとつりあがればよい結果が出たかもしれませんが、ウグイラッシュに嫌気をさしあがってしまいました。
結果は、ヤマメ一匹とウグイが5匹、ウグイのアタックは数え切れずです。
 
 

田川(4/8)

田川にはじめていきました。場所は徳次郎付近。
結局スーパーハッチに出会ったのですが、場所が緩やか過ぎてウグイしかつれず、午後場所を変えたものの強風で何もできず、最後はプールでライズ待ちをしたのですが、何もおきず終了。
結局ウグイが2匹のみ。
悔しいので鬼怒川温泉に泊まってしまいました。
 

送別会

私の異動の送別会があった。
副本部長が1次会にいなかったのはよかったが、2次会に来るから待ってくださいっていうのはちょっとなぁ。お花とお菓子をいただきました。
なんかセンスがない。
爆弾発言しようと思ったが、通じないと思ったのでやめた。
なんかつまらない組織になったなぁ。
BUも最下位というなら、マネージメントが悪いんだ。
すべてほったらかしで間に合わせの受注しかあげないし。
 
 
 

思案中

この時期はいつもどこに行こうか迷ってしまう。
解禁がほとんどの河川でなされて、フィールドが伊豆、山梨、栃木と広がるが、福島の中通りはまだ早かったりしていけない。私が好きな福島にはGWを明けた五月中旬ぐらいじゃないといけなかったりするので、また悩んでしまう。
今週金曜日に休みを取ったが、結局栃木の大芦川、鬼怒川近辺あたりの近場(普通の人からは遠いと思われるかも)になりそうな予感、福島の浜通りは坊主だったらしいし花園は情報がない。長野のペンションに泊まって、とも考えたが、ちょっと遠いよなぁ。
 
こんなふうにどこに行こうか迷っているところが楽しさのひとつでもあったりするんですけどね。
 

花見

錦糸町の錦糸公園で花見をやった。
私は5時についたものの、周りにはすでに飲んでます。ただし桜はほとんど咲いていない。
七輪や、ツーバーナーで料理をしている人、焼肉している人などいっぱいいますが、私らは乾き物と屋台のおでん。
かわいそうなのでピザやのお兄ちゃんにピザを頼んであげました。
この日みんなが来るのが遅く、2名で7時過ぎまで飲んでおりみんなが来るころには私はべろんべろん。
10時半に閉めたものの私はそこでダウン。車の中でAM2時まで爆睡でした。。。
釣りに行きたかった。。。
 
フライの本売れ筋ランキング
訪問者数

  • ライブドアブログ