中堅フライマンのフライフィッシングモノローグ

入門からチョットだけフライになれた中堅のフライフィッシャーが思うフライの釣行記や日常のブログです。 釣行記はあまりかけないの、釣りに行ってないから。 今年は5月下旬ごろ第二子が生まれます。 またまたデザインを変更しました。

June 2005

水曜どうでしょう(マレーシアジャングル編)

あのもじゃもじゃ頭の大泉洋の出世番組。この番組はすごい。なんてったって、北海道地方ローカル局が、予算も無い中出演者と4名でデジカメ2台で日本中、世界中を回るんだもの。それも他の地方局まで流すし、DVDは販売されるし、北海道民は知らない人はいないという番組になったし、大泉さんも知らない人は北海道にはいないだろう。こんかい、マレーシアからバスでさらに10時間かかった、ジャングルにいく。それに洞窟ではコウモリがいっぱいいるし、そんな中を出演者はけんかをしながら、半ズボンで入っていく。ちょっと知識がある人からすると恐ろしい。泊まるところもよく調べないで、予約が必要だと気がついたとか、別の場所が見つかったと思ったら、掘っ立て小屋があるだけで、何も無いとか。まあ、おもしろいんです。これ。真っ暗ななか、懐中電灯1本で撮影しようとしているディレクター2名ものんきといったらのんきだね。 このジャングルで釣りしたらどんなのがつれるのか楽しそうになってしまった。あまりにもつりをしない時間が長すぎるから麻痺してしまったのか?

ケーブルテレビ

ケーブルテレビに入った。
私が住むマンションが全体でケーブルテレビの受信を始めたとのこと。設定があるのでということで、今日ケーブルテレビの業者が来た。
入るつもりはなかったのだが、まあ地上波デジタルもあるし、色々と見てみるのも良いだろと思って入ってしまった。
野球はいろんな選手のデータが出て面白いのだが、野球好き出ない私は釣りチャンネルが受信できないのがざんねん。
でも他の番組で色々と見れるのでたのしみ。

三枚起請

落語の三枚起請。タイガー&ドラゴンのスペシャルで3月ぐらいに放送されたのがこの話でもある。
熊野神社の起請はその裏に約束事を書き、破るとたたりで血を吐きのたれ死ぬと言われていた。これを女郎”小輝”が「あなたとふうふになりますよ」という約束を書いてもらってきた1人が、ノボセテ友達に話すと、俺ももらった、私ももらったと3人がもらってだまされていることに気づく。
乗り込んでどつくのもいいが、問い詰めて恥をさらして働けないようにしてやろうと乗り込んでいく。最近はお客さんが減っており、お客をつなげるために起請を何枚も書いていると”小輝”から聞く、今ではチラシのように初めて来た人までにも起請を出すというので、『起請を書くときは熊野でカラス(神の使い)が3羽死ぬと言われてんのや、そない書いたら熊野のカラスが全部死んでまうで』とおこると『熊野どころか、世界中のカラスをころしたいわぁ』『何ぞカラスに恨みでもあんのんか』『わても勤めの身、カラスを殺してゆっくり朝寝がしてみたい』というのが下げ。
もともと上方落語を東京にもってきて設定をちょっと変えたりしてやっているのもある。

桂米朝さんがうまく演じている、3人の遊んでる雰囲気も、女郎外である難波の雰囲気も伝わってくる。演者によってこんなに違うのかというぐらいその力量が問われるお噺。ちょっと時代背景と熊野の起請について知っていなくても、その粋な雰囲気を楽しむのがいいと思う。

コンスタンティン

キアヌリーブス主演のアメリカ版陰陽師といえる作品。
悪魔と天使が人間界がどちらに引き込むか賭けをしていて、キアヌが直接手を出してくる悪魔に対して悪魔祓いするという作品。
話が前半終わるまでよく分からない。とにかく気持ち悪いし、キリスト教徒じゃ無いから良く分からない。
何でこの作品をキアヌが選んで出演しているのかも分からない。まあ、暇つぶすぐらいの映画かな。
評価:1/2★

つりができない

歯を抜いたりしているので、全然釣りにいけない。
福島の南会津の年券を買ったのに。。
顔がはれているのでしばらくは安静かな。。かみさんがいなので、家事をする日がどうしても必要。今うちの台所は入居以来始めてみるぐらいの悲惨な状況だ。。
釣りにいきたいなぁ。とにかく抜糸をしないとだめだね。
今週の金曜に抜けるから、土曜日は!

ブリジットジョーンズの日記2

このパート2、面白いけど、なぜデブで声の高いブリジットがキャスターをやっていて、顔のいい2人からもてるのかが分からない。
最後はなんかノッティングヒルみたいだし。
評価は★かな。

桜花賞

ついに打ちの馬が桜花賞に勝った!晴れて桜花賞馬。
このうまは有馬記念に出そうとジャパンカップを先送りしてかなり前のめりで望んだものの、距離が合わず惨敗。
海外でもいい結果が残せるのか心配。。

全部ゲームの中のお話。

品川心中

タイガー&ドラゴンの最終回が近づいてきた。次の24日は最終回。
なので絶対見逃すかとおもっていたら、ビデオを取り逃した。
あわててインターネットで探してGET
虎次がかたぎになれるかと思っていたら、そう簡単にはいかない、殴りこみにあってしまう。高座もあるのであるが、親分が痛めつけられてしまったのだから、落ち着いていられない。
結局殴りこみに行くのか・・・というところで終わってしまった。
最近、このドラマの影響で落語がすごい人気になっているようだ。私もスキなので良いことなのだが、もっと長続きして欲しいし、テレビでもやってくれるといいのだが。NHKだと知らない人ばかり出てくる。。。。
立川談志や古典の番組は家って欲しい。つるべ・ざごばのらくごのごなんていうのは昔面白かった。テーマはきめられていて、お題をお客さんから3つのキーワードを出させて、それを話しに必ず入れなければならない。でも、テーマに全然関連の無い話だから困ってしまっている2人がものすごく面白いのだ。
それで落ちもあるのだから、つるべはすごいなと思ってしまう。
林やこぶ平改め正蔵も、古典をやって腕を伸ばした。古典もスキだけど、みんなに受け入れてもらえることを落語界は考えないと、長続きが出来なくなると思う。

親知らずを抜く

親知らずをやっとぬいた。
この奥歯が3分割して出てきた。
麻酔をかけ、メスで歯茎を切り、あごの骨を削って出す。1時間ぐらい。途中あごの骨を削るときに頭蓋骨が揺れるので気持ち悪くなった。
さらに大学病院でなぜかすごく暑くなって、医者が「あついなぁ、はなれて。」と横になっている私の頭の上に向かって言う。
へ?なに。誰に行っているのとちょっと見ると4・5人のインターンが私の抜歯を見物しているのだ。
いやなものだね。確かに見ないと手術は分からないのだろうけど。じぶんがみられるのはねぇ。
痛いし、顔は片側、宍戸ジョーみたいになってる。。

WPにさらにはまる

仕事が忙しく、かみさんは実家なのでほとんど仕事しかしていない。なぜか土日も動けず、福島の年券が無駄になりそう(−−;

で、今日もWPにはまる。
馬主っていいなぁ、暇で。時間が流れるのが早いよな。
どうやったら馬主になれるのかしりたいなぁ。
現実逃避でした。

親知らず

生えてくるまでに親が死んでしまうから親知らずなのだが、今はみんな長生きだから生えてきてしまう。そんな歯を抜こうとして大変な目にあった。
近くの病院に行くとこれは横から抜けていて、あごの神経に近いからうちでは無理だと、近くの大学病院に。
痛いわけではないが、横に生えてきている奥歯がほかの歯を押してしまっているので、虫歯になるし歯並びが悪くなるし、良いことが全然ない。
とりあえず17日に来てください、そこで1時間ぐらいであごの骨を削って取り出しますからといわれてしまった。うーん。
大丈夫、僕も抜いた日にとんかつを食べさせられたからと、医者がいう。だから歯医者ってきらいだよ。想像するだけで痛いこと平気で言うからね。

秋田で水没(6・6)

この日は夕方の飛行機で帰るよてい、なので早め(といっても夜明けでない)に家を出て現場着。この日どこに入ったら良いかなと思いつつ、林道の道に入らない手前で入ることにした。この下流は滝があり、かなりの荒瀬になるそのうえなので、チャラ瀬、それも数年前に河川改修をされて意思が並べ替えられたような状態になっている。がけの横に駐車スペースを見つけとめていると、チャリンコに乗った中学生が走っていく、そうだ、今日は平日と再認識をしつつ。川に入る。本道からかなりそれており、周りは林であるがかろうじてアスファルトがしかれているために、車は入れるのだが、人は通らない。昨日の林道に比べると全然車が通らないのだ。060601 とにかく川に入ると早速ライズを発見。とりあえずクロスでライズした流れを直撃するとかわいいヤマメが反応した。 060602 さらに自分の川の上流にも発見。今度はアップストリームにキャスト。すぐにつれた。 060603 今日はさい先いいなぁー、30分で2匹もと思っていると右足のすねが冷たい。。『ンっ?』と思っていると右足全体がぬれ始めた。「やべー、穴が開いてる」と思いつつも、どこが空いてるか分からない。ちょうどこの前に左足をアクアシールで貼り付けたばかり。 私のウェーダーは2つ、最初に買ったウェストハイのブーツタイプがひとつ。これは暑い夏用。もうひとつはソックスタイプのチェストハイ。山歩き用だ。でも、最近はほとんどソックスタイプのチェストハイを使っていて、ブーツタイプは使っていなかった。なので、秋田に持っていって常駐をと思っていた矢先であった。 デモ僕は気にせず、川を遡行。ずんずん水が入ってくる。魚がつれないのが1時間。瀬にはまだヤマメが入っていない様子だし、ほとんどプールのライズヤマメをとらえるしかない。ココでライズを発見しプールにキャスト。3匹を追加した時点で水没が桃まで来たため終了。3時間で5匹。今までの最高記録を作って終わった。秋田は良いね。こんな下流でもいるところにはいるんだよね。

攻略本

ウィニングポストの攻略本をアマゾンで購入してしまった。これで血統は完璧!と思ったら、ニックスという概念がありこれがかなりイカツイのだ。
基本的に親系、子系というサラブレッドの血統があり、ニックスは子系のなかかで活躍した馬が出てくると、その賭けあわせが愛称がいいという話になる、それも3代前の父馬とだ。
なので、めんどくさくなってしまった。。逆効果だ、この攻略本。。。
デモ結局この日も朝の5時まで、最近夜、暗い時に寝ていない。。。


WininngPost

最近寝不足である。それもゲームが原因だ。
PS2も売り払ってしまった我が家ではゲーム専用機はゲームボーイアドバンスぐらいしかないが、ソフトも2つしかないので全然使っていない。

たまたま手に入れた馬主ゲームのウィニングポスト6が今私の睡眠時間を削りまくっている。
このゲーム、大学時代に友人宅で深夜はまりまくったゲーム。馬主となって牧場を大きくしてG1レースを制覇するのだが、全然時間が足らない。
気づくと4時。。。
この呪縛から早く逃れたい。。。

掲示板

掲示板を作りました。
必要かどうかわかりませんが、皆さんでお使いください。
左側の一番上にリンクを張っています。

秋田終了

いま、3日間の旅程を終えて秋田空港にいる。
今回は神さんの里帰り出産の送りのため、帰りは一人。この3日間は大変有意義というかFF三昧の3日間。初日3匹、2日目1匹、3日目は5匹と順調。どれも3時間ぐらいの釣果だからぜんぜん納得である。過去2年間はポイントがわからずであったのもあるが、今回はウェーダーが敗れて浸水するというハプニングもあったが、秋田での大物が始めてつれ、定常的に釣れるようになってきた。この話は明日以降、ブログにアップしようと思う。
かみさんは順調で何より、また来月も秋田。でもこの6月が一番すごしやすくていいよなあとつくづく感じた。

060606
これは空港にあったお化けなまはげ。

060605
これで空港を後にするのだった。
続きを読む

へそ祭り

060600
この日は川辺町のへそ公園で”へそ祭り”がある。
この”へそ公園”は”辺祖公園”とも書き、秋田の重心がココ、川辺町にあるということなのだ。その中心が左の写真のまん丸の玉。この玉はへそのゴマをイメージしているのだろうか、よく分からないが、この日、1日数人しか行かないへそ公園に、秋田市内外から1500台以上の車が来ていた。へそ踊りを見に来るためだ。とはいっても駐車場はそんなに無く、あたりすべてが路駐の嵐、警察もいるけど交通整理だけ。だって信号もこの周辺5キロは無いから、声をかければ全然問題ないのだもの。人口の倍は人が来ているな。
で、ヘソ踊り。お腹に白くおしろいを塗って顔を書くのだが、普通は男の人がやる。デモココはなぜか女の人もやる。それも婦人のおばちゃんだ。顔が隠れているので分からないのが唯一の救い。よかったよ、そんな顔を見せられても困るし。
ココでお好み焼きを食べて昼食。音は良くて楽しかった。秋田のお祭りももっと楽しくやればいいのに。ここでも商売をしている出店はあるものの、町内で出しているものは12時で終わり、もっとがんばれって思った。

6/5秋田釣行(その2)

秋田の二日目。
この日は前日の一本となり(南側)尾根の雄物川支流に入渓。夕方昼過ぎなので山菜取りに来ている車と狭い林道ですれ違う。とりあえず注射可能なスペースを見つけて入渓点を探す。道路のすぐしたに川があるのだが入渓点が見つからない。
とりあえず上流に行くと、ちょうど入渓点の近くに駐車スペースを見つけ車を止める。川に下りてもココは昨日と比べてかなり上流に近く、川の両端が切り立ったがけになっているのでハッチが見当たらない。
とりあえずパラシュートをつけてキャストするもあたりが無い。次々と上がっていくとちょうどプールにライズ発見。
キャストをしようとするが手前に強い流れがあり、すぐにひっぱられる。
ティペット8Xをさらに30cmつけて再度キャスト。もちろんCDCダンに変えていたのであたりが合った。
ただ、このとき釣った魚を食べたいと親戚たちが言うので1匹だけ持ち帰った。新聞紙をぬらして魚をつかんでビニール袋に入れるだけ、ほとんど暴れなかった。
その罰か、この先全然つれなくなった。
目の前を乳繰り合うヤマメが流れたり、なぜかキャスト前にライズが止まったりなど。不思議なことばかり。
今回はこの1っぴきだけ。

しょうがないから近くの温泉によって汗を流して帰りました。
続きを読む

6/4秋田釣行

0604004
ここは秋田市から1時間ほど走った雄物川水系の支流である。場所は書いてもいいのだが、地元の人に迷惑をかけたくないので書きません。知りたい方はメールしてください。でもそんなことしなくても、つれますけど。

林道から入渓し、しばらくつりあがるが何も反応はない。その先にパラダイスが待っていたのだ。それがこの写真
こんなプールでライズが5匹ぐらいあるのだからびっくり。それも下から順に釣っていけば全部つれてしまうのである。ただし遠くからキャストしないといけませんが。

060401
大きさがよく分からないかもしれませんが、これが最初に掛かったその日一番の大物泣き尺ですが、お腹がぷっくりと膨らましたヤマメ。
この日は夕方から入り、7時前までの釣行。3時間で3匹それもつれたのはライズを見つけた最後の40分だけ。でも大満足でした。
フライの本売れ筋ランキング
訪問者数

  • ライブドアブログ