DTPデザイナー講座ブログ:DTPデザインや印刷のまとめ

DTPデザイナー講座ブログはDTPデザイナーのためのDTPデザインや印刷の基本的な知識をまとめたブログです。

DTPとはデスクトップパブリッシング(Desk Top Publishing)の略で、
印刷物制作のためにパソコン上で文字や画像を編集やレイアウトをしてデジタル化する作業のことです。

現代の印刷物制作はDTPを中心にとした作業で進むことが多く、印刷物の知識やパソコンの知識、専用ソフトを使いこなす技術が必要となります。

DTPが主流になる前は、印刷するのに大変な手間と時間、人手を要しました。
現在は機械の性能向上、デジタル化、専用ソフトの性能向上により、手間や時間が大幅に短縮できるようになりました。


DTPの役割はプリプレスに必要な要素をデジタル化してまとめる作業です。

チラシやパンフレットなどの印刷物は一つのデータで構成されておりますが、元々は文字や写真、イラストなどばらばらの原稿であり、これらの文字や写真等の原稿をデジタル化してレイアウトを施し一つのデジタルデータとしてまとめる一連の作業がDTPです。

このデータを印刷会社に入稿すると、印刷会社は印刷機の刷版を作るためにデータの適正化を行います。この作業は印刷会社の製版部門が行い、印刷機やインキの知識、技術等が必要になる難しい役割となっております。

プリプレスとは、
データ作りから刷版を出力するまでの作業をプリプレスといいます。



DTPの作業の流れ

①原稿の整理
文字やイラスト、写真等の原稿を整理する作業です。文字がテキストデータ(ワードやメール等でパソコンで入力された文字データ)であればデジタルデータですので専用ソフトですぐに利用できますたが、テキストデータが無い、手書きの場合はテキストデータを作る作業が必要になります。
写真などはデジカメで撮影されたデータならそのまま使うことができますが、プリントされた現物の写真であればスキャナ等で読み込み、デジタルデータへ変換する作業が必要になります。
これらの原稿をレイアウト構成するうえで不備等がないか整理することになります。

②文字や画像の編集
文字や画像データをレイアウト、デザインに合うように(使えるように)編集する作業です。
レイアウトやデザインに合わせ、文字を加工したり、写真の解像度、カラーモードを変更、画質調整(レタッチ等)の修正を行いますが、主にレイアウトをするときはイラストレーター、写真の編集はフォトショップで作業することが一般的です。

③デザイン・レイアウト
文字データや写真の編集作業が終わったデータを専用ソフトを使ってレイアウトやデザイン作業を行います。
専用ソフトとは、イラストレーター、インデザイン、クォークなどが一般的です。
考えたデザインを専用ソフトで作るので、ここではデザイナーとしてのスキルが問われる作業となります。

④入稿データの作成
デザイン・レイアウトの修正、チェック等が終わったら、このデータを印刷会社へ送るデータを作成します。
印刷会社別で多少入稿方法も違っております。印刷会社に合わせた入稿データを作成(文字のアウトライン、データのバージョン変更等)する必要があります。ここでは印刷前にトラブルが起きないよう入念なチェックを行う必要があります。

⑤刷版の出力
入稿されたデータが刷版を出力する出力機に最適化されているか、データに不備がないかさまざまなデータチェックを行います。製版担当者が紙や製本に合わせた面付け作業やトンボ等をデータ付け加える作業を行います。

画像のカラーには、前回説明した「RGBカラー」と「CMYKカラー」以外に、いろいろなカラーモードがあります、ここでは、DTPでよく使われているソフト「Photoshop」でのカラーモードや、RGBとCMYKについて、より詳しく見ていきましょう。印刷物のデータ作りをしていく上では、画像の「色」については重要なポイントですので、より学んでいきましょう。


《Photoshopのカラーモード設定》
PhotoshopでのDTP作業の中で多く使われる6つのカラーモードについて説明します。それぞれどういったカラーでの表示、印刷をしたいかでモードが変わるので、ここは大切なポイントとなります。

RGBモード
モニタで表示する色やデジカメのデータのように、色光の3原色で色を表現するモードで、デジカメやスキャナのデータファイルはこの形式で保存されます。

CMYKモード
印刷用のデータ作りのために利用されるモード。RGBモードからこのCMYKモードに変換すると、色がくすんでみえる事があります。印刷で鮮やかに見えるようにするには、色調整が必要になります。

グレースケール
白、グレー、黒の段階(グラデーション)で表現されるモード。いわゆるモノクロ印刷。黒インキ(K)のみで印刷したいときはこのモードを利用します。印刷するインキを変えれば、モノクロ以外の色でも印刷できます。

モノクロ2階調
白と黒の2段階しか階調をもたないモード。「線画」とも呼ばれています。コントラストがはっきりしているので、輪郭線だけで描かれるイラストによく利用されています。

ダブルトーン
2色~4色のインキを用いてグレースケールの画像の色をより深く表現できます。インキ色は任意の組み合わせが可能。

インデックスカラー
8bit(256色)までに色数を制限できるモード。利用する色数を選べるので、WEB用のGIFやPNGなどで多く利用されます。





《RGBとCMYKの違い》
モニタでは綺麗な色なのに、プリンタで印刷してみると色がくすんだように見えるという経験、ありませんか?これはRGBとCMYKの表現できる色の広さの違い(色空間の広さの違い)が原因です。モニタ表示のRGB色空間よりも、印刷のCMYK色空間が狭いので、その「差」「ズレ」「はみ出し」の部分が違って見えるのです。更にいうと、モニタも、表現できる色空間には限りがあり全体をカバーしているわけではない為、実際の色空間は機種によってまちまちの為、機種によって色の見え方が違う事もあります。印刷もまた、紙や、国や地域でインキや好みの刷り具合が違うので、CMYKの中にもいろいろな色空間があります。



《CMYKとRGBについて》


なぜ印刷物はCMYKのインキを使うのか?目はどうやって色を感じるのか?

人は暗闇の中では物を見ることができません。目の前は黒一色になってしまいます。また、太陽や電灯などの発光体を直視すると眩しいだけで色を感じることはありません。しかし、晴天の日にホースで水を撒くときに見える虹など、光が屈折して波長が異なる光の色を見ることができます。

これは、人の目で見ることのできる光が、様々な色の光が混ざり合って白色になっているためで光の持つ波長と屈折率の違いによって分光されて光の色が見えているのです。テレビやパソコンのモニタなどの発光体から発せられた光は、直接目に光が届いて色を感じます。モニタやパソコンではそうした事により「RGB」という「光の三原色」と呼ばれる発色方式で色を表現しています。

では、発光体ではない物体を見たときに、その物体の色を感じるのは何故なのでしょうか。それは、物体に光が当たったときに、ある色の光は物体に吸収されて、物体に吸収されない色の光が反射されて目に届くために物体の色を感じています。たとえば、黒い物体は可視光線のほとんどを吸収して反射しないため、人の目には黒く見えているのです。発光体ではない物体の色は、物体に当たった光の一部が吸収され、吸収されなかった光が反射して目に届くことで色を感じます。そうした事により「CMYK」という「色の三原色」と呼ばれる色表示で表現しているのです。



DTP印刷・デザインの基本を学んでいく上で、「色」についての勉強は大切です。
今回は、DTPでよく耳にする「CMYKカラー」「RGBカラー」と、DTPでの印刷方法について見ていきましょう。

《RGBカラーとは》
「RGB」カラーは「光の三原色」と呼ばれ、R(Red 赤)・G(Green 緑)・B(Blue 青)のかけ合わせで表現される色の事を言います。すべての色が重なる部分は「白」になります。主に、パソコンやテレビのモニターで色を表現する発色方式です。小さな点状もしくは線状の発光体によって様々なカラーを表現します。RGBカラーは画面上での発色表現なので、印刷用で使用するのには向いていません。印刷の際には、必ずRGBからCMYKへのカラー変換が必要になります。その際、一般的にRGBのほうがCMYKよりも表現できる色域が多いために、RGBでしか表現できない鮮やかな色彩はくすんだ色になってしまう場合があります。



《CMYKカラーとは》
一般的なチラシやポスターなどのDTPフルカラー印刷で使われるのが「CMYK」カラーです。C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)の「色の三原色」のインキのかけ合わせで色を表現し、すべての色が重なる部分は「黒」になります。ただし、インキの重ね合わせで表現された黒は完全な黒にはなりません。また黒は文字に最も多く使われる色ですが、3色の掛け合わせで印刷してしまうと微妙な色ずれが目立つ原因にもなりかねないため、実際の印刷では「黒」をK(ブラック)インキで表現するので、トータルで4色を使用します。




そして、DTPをしていくうえでかかせない印刷について、
現在、主流の印刷方法としては、「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」があります。

《オンデマンド印刷とは》
オンデマンド印刷とは、オンデマンド(on demand:欲求に応じて) 「必要なものを、必要な時に、必要な数だけ印刷する印刷方法です。オフセット印刷と比較すると若干品質が劣りますが、オフセット印刷と比べると、工程が少なく、版を作らずデジタルデータを直接出力するデジタル印刷機を使用する事で、コストも抑えられ、10部、50部といった小部数の印刷物を速く安くでできるメリットがあります。



《オフセット印刷とは》
オフセット印刷とは、オフセット印刷機を使用し、版を作って印刷する高品質な商業印刷の事です。
一般に言う「印刷」とはこの「オフセット印刷」のことを指します。トナーでの印刷ではなく、インク(CMYK)を使って表現するため、インクジェットプリンタやレーザープリンタよりも、写真や文字が精細かつ綺麗に印刷できます。品質が高いのが欲しいとき、時間の余裕がある時、大量印刷に向いているのがオフセット印刷です。


このページのトップヘ