釣れ釣れ日記

   CRAZY“COOL“HUNTER in Fukujin

P4090233

愛媛県の由良と西海で青物が釣れていると、ある釣具屋さんの釣果情報に。
アオリイカが愛南、由良、三浦半島で釣れていると・・・・

烏賊が食べたい俺は、釣りに行く。
しか〜し、釣れません!
ナイトエギングもダメ。
朝マズメは青物で、後もエギング。 これもダメ。
あ〜烏賊喰いたいな〜
帰りにディスカウントスーパーにアオリイカが・・・1キロ級 3000円。。
1000円やったら買うのにな〜  (笑)

青物は、朝マズメはお決まりのワンバイト。
6時が過ぎ、潮止まりに。。 
ゾメさんは、ジグでカサゴ釣りの準備。 
俺は、ロッドを振り足らないのでダイペンを・・・

時折り突風が吹き、波がザワザワいい感じ。

急に白波が横移動。

そこで、ゾメさんがナブラと、教えてくれた。 (笑)

俺は、ダイペンを・・・・      2回ダイブすると直ぐに喰ってきた。
楽勝とは言わないが、長さの割にウエイトが無い。
あまり引かない魚だった。

P4090220 (2)


あ〜烏賊喰いたいな〜!

P21c80199

2月下旬、前回ゾメさんが獲った所に。
昼頃にラーメン喰った迄は良かったが、その後1時間ほど移動してスマホが無い事件。

戻って探すと、磯に落ちてました。

P2180201

帰り道をいんぐりもんぐり帰っていると「パーン!!」 「プシュ!!」っと、缶ビールを開けた様な音。。
はい、パンクです。。
ホイールのキャップを外す六角レンチが無いとかスペアタイヤに空気が入ってないとか、
もう一つ言ったらスペアタイヤに亀裂が2か所あるとか・・・
ネタを作ってくれます。
前回ようやく今年初フィッシュしたゾメさん。調子こいたらこれです。。
みなさんもスペアタイヤ、確認した方が良いですよ。

釣りの方は、朝マズメにワンバイトだけ頂きました。    乗らんけど。。
魚体が見えたが、デカかった。 (笑)


3月に入り仕事で休日も忙しい中、久しぶりに土曜日休み。
行ってきました。

釣に行く日は選べないのが悲しいかなサラリーマン。
行ける時には行っとけ!!です。

風無しの波無し。。。

こんな時は、スーパーシークレットポイント。

今回は、少し北に移動して防波堤での釣り。 (笑)
朝マズメを外しての釣り。
自分を追い込んでみました。 爆

簡単に釣れそうで釣れない。    ナンパと同じ。

まあ、俺は簡単に釣るけどな!

PP3180210


実は簡単には釣れません。
一投目から釣れるかな?なんて思いながらキャストするが、1時間半ノーバイト。。

回遊  待ち。

ブレイク狙ってのキャストのスロー弱。  (笑)  ジャーク。
スロージャークが良く分からない俺ですが、釣れました。

ハッキリ言って、フックに助けられた気がする。
上唇の真ん中を貫通。
チョーさんの唇なら間違いなく貫通してたが、この唇に・・・・・
最近、針メーカー以外でも良いのがありますね〜
メーカー名はナイショですが。
今後これを使ってみたいと思います。

まあ、今回もワンバイト。
ワンバイトでもフックに助けられた1本。
そろそろ数釣りしたいな〜

ちなみにゾメさん、バイト多数。
カサゴ3にランカーエソ1   ツーバス1.
羨ましいわ!  爆

次回の釣行は、四拾九日過ぎてからかな〜。。。。


DSC_10466

昨日、遠征行ってきました。
予報では雪に爆風。
そんな時に行くなよ!って日に釣行。
でもね〜俺、今年は忙しい年なので行ける時には行っとけ!なのでGO!!
行きは、雪のため高速を下ろされ一般道雪道走行。。
スタッドレスデビューしたので楽しくてしょうがない。
ゾメさん助手席で緊張してました。 (笑)
ちなみに、帰りも下ろされました。 爆

朝マズメ、予定通りノーバイト。
ベイトが居れば爆釣パターンなのに・・・・・・
前回の回遊も無く。。。。

ボウズ逃れのヒラも・・・・
ベイトが居ないので・・・・

釣れないが、ダメ出しの為一通り舐めて歩く。
ゾメさんを見るとロッドが・・・・
かなり離れているが磯を走りランディングに向かう。
ゾメさん「ヒラや! エエやつや!!」
     「変なとこ掛かっとる!!」

P21101x86

ほんまや!! エエヒラやわ!! 爆

俺が叩いた後に掛けるとは・・・・・・と思ったが、青物やんか!
その後その場をやらしてもらい一発ガツンとバイトがあったが・・・
ブレイクで喰ってくる感じ。。
潮位も下がりダメっぽい。。
潮位がエエ感じになるのは17時前後。
そこまでは、待てません。。

二か所ほどポイント探し。
俺が釣ったのじゃないが魚を見れたので満足して帰りました。
先ほどまで、次回の準備したのは嫁には(^O^)ヒ(^-^)ミ(^・^)ツです。(笑)


このページのトップヘ