2009年09月12日

俺が開店しようとしている、猫カフェについて少し説明しよう。

そもそも、猫カフェの発祥は約10年前の台湾の「猫花園」とされていて

ここ数年、日本で各地に開店されて今に至っている。

基本的に喫茶店の中に、猫が数匹自由に歩き回っていて

お客はお茶を飲みながら、猫と一緒に過ごす事ができるのだ。

猫好きにはたまらないシチュェーションなのである。

猫と一緒に仕事をしたい!と考えた俺がなぜペットショップ

をしようと思わなかったのは、せっかく仲良くなっても猫は商品。

お客さんに買われてしまえば、もう会うことは出来ない。

ならば、猫を「店員」にすれば、別れることもなく、またお客さんに

可愛がってもらえば俺もうれしい。


さて、では猫カフェを開店するにはどんな資格が必要だろうか?

調べた所、法律の改正で、以前は届け出制だったが

現在では登録制となり、動物取扱業の「展示」の資格が必要なのだ。

その資格取得の為には、動物取扱業と同一職で6か月以上

の勤務経験がある者。または専門の学校を卒業した者に限られる

とあって、これまた資格取得まで時間がかかるのだ。

さらに調べると、条項に社団法人日本愛玩動物協会 の

愛玩動物飼養管理士の講習を受け、試験に合格した者も

同等の資格が与えられるとあったのだ。

早速、社団法人日本愛玩動物協会に問い合わせてみる。

すると、通信教育のプログラムがあると言う。俺はすぐさま

受講依頼をした。 2週間後、教本2冊と資料DVDが3枚届いた。


さあ!勉強だ!








プロフィール

fukukofumaru

訪問者数

    月別アーカイブ
    記事検索
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ