沖縄大弾圧に抗議する!

不当逮捕・家宅捜索、不当起訴を許さないぞ!仲間を解放しろ!起訴を取り下げろ!

福岡県警機動隊が沖縄から帰任したので、毎週金曜日の福岡県警抗議行動は一旦終了しました。

福岡の弾圧は、090-2396-1374に電話を!

【弾圧続報】2・20沖縄不当逮捕、奪還!!

  2月20日に沖縄辺野古ゲート前で、不当逮捕された新基地建設反対の仲間は、翌日夕刻に無事に解放されたとのことです。早期の解放良かったです。

 しかし、このように一晩で解放せざるを得ないような事を、事件として現行犯逮捕してしまう現場の警察に、「共謀罪」の捜査を任せると思うと鳥肌が立つ思いです。唾を吐いた(?)くらいで現行犯逮捕、こりゃ、「せめて唾を吐いてやろう」と冗談言っても逮捕になってもおかしくはない。現場捜査官の暴走は裁判所がチェックするというのも信じられない。今でも那覇拘置所には3人の仲間がたいした事件でもないことをでっちあげられて長期勾留されている。このように、「政治判断してる」としか思えない逮捕・勾留がある現状で「共謀罪」は、権力にとっては最強アイテムになるだろう。わたしたちは、権力者がさらなる権力をまとうことを許してはならない。共に闘おう!

 被逮捕者の方、お疲れ様です。支援のみなさん、ありがとうございました。

【弾圧続報】名護署は運動潰しのでっち上げ逮捕・勾留をやめろ!

   昨日、沖縄辺野古ゲート前で、新基地建設反対の市民が逮捕された。辺野古工事再開から初の逮捕である。容疑は公務執行妨害。機動隊員に唾を吐きかけたというもの。しかし、弁護士によれば、被逮捕者は抗議していて唾が飛んだだけで、故意に唾を吐いていないとの主張だ。そもそも、そんな唾くらいで公務執行妨害を適用すること自体が間違っている。そんなことで逮捕することは逮捕権の濫用だろう。

    以前に、福岡で500人の機動隊の過剰警備の中、デモをした市民が機動隊員に唾を吐いたとして、やはり公務執行妨害で警察署に連行されるということがあった。数時間後に解放された。そもそも、拘束・逮捕するような事案ではないからだ。

   しかし、警察に逮捕されることで受けるダメージは大きい。だからこそ、警察は反対運動する市民を微罪でも逮捕する。何も罪を犯さずとも事件をでっち上げて、市民運動の分断をはかり、運動を潰そうとする。

    今でも那覇拘置所には、反対運動の仲間が3人勾留されている。長い人は10月の逮捕だからもう4ヶ月。異常に長い勾留だ。この国は裁判もなしに、このような長期勾留ができる。これは憲法違反だ。仲間たちは早く釈放させようと、署名や声明、お手紙プロジェクトなど立ち上がっているが、釈放のめどはたたない。

   しかし、わたしたちが、ますます結束を固め抗うので「共謀罪」法案のようなものが出てくる。市民運動を犯罪組織と認定し捜査対象としようとする。
   
   わたしたちは、一つ一つの弾圧をはね返しつつ、政府の出してくる悪法をも、団結して立ち向かい、潰していかなければならない。もの言えぬ社会にしないために。基地のない戦争のない社会のために。

名護署は、市民を返せ!
名護署は、市民の表現の自由を奪うな!
名護署は、市民の身体の自由を奪うな!

画像は、2月21日琉球新報です。ツイッター仲間からお借りしました。

【弾圧速報】辺野古抗議で一人が不当逮捕

 新基地建設反対運動が続く沖縄で、本日20日午前にまたも弾圧が発生しました。キャンプシュワブのゲート前で抗議が行われていたところ、一人が機動隊員に拘束され、基地内に連れ去られたのち、公務執行妨害容疑で不当逮捕されました。

 おりしも辺野古の海にコンクリートブロックの投下が強行される中での弾圧です。絶対に許してはなりません。ゲート前では不当逮捕に対する抗議が行われています。速報として琉球新報の記事を引用します(Q)。

---------------------------
辺野古抗議で男性1人逮捕 機動隊員とのもみ合いで
2017年2月20日 12:07

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、名護署は20日午前9時30分ごろ、抗議行動をしていた50代の男性1人が機動隊員につばを吐いたとして、公務執行妨害の容疑で逮捕した。調べに対して男性は黙秘しているという。大型トラックなど9台が米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲートから搬入する際、市民と機動隊員がもみ合い、その際に男性が拘束された。男性はいったん基地内に運ばれた後、20日午前10時すぎに名護署に移送された。

 昨年12月に埋め立て工事が再開して以来、辺野古の抗議行動で逮捕者が出たのは初めて。

 新基地建設に反対する市民は拘束した理由の説明を求め、メーンゲートの前をふさいで抗議している。基地内への車両の出入りができなくなり渋滞も発生しているため、車両の出入りのたびに機動隊が市民らの強制排除を繰り返している。

 この日は市民ら約90人が抗議行動を実施し、機動隊員約80人が市民らを強制排除した。抗議行動の指揮を執っている県統一連の瀬長和男事務局長は「私たちは非暴力の抗議行動をしている。どのような理由で拘束したのか説明するまでゲートを封鎖する」と抗議の声を上げている。

 一方、米軍キャンプ・シュワブ沿岸で大型クレーン2隻が大型コンクリート製ブロックを投下している。1隻は午後11時すぎにクレーンをたたんだ。市民らは波が高いため、抗議船やカヌーでの抗議行動は行っていない。【琉球新報電子版】

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-447666.html
---------------------------
livedoor プロフィール
福岡市民救援会の住所・電話
福岡県福岡市東区箱崎
3-33-10-402

Tel・Fax 092-651-4816

福岡地区合同労働組合気付
福岡市民救援会
福岡市民救援会メールアドレス
ff_qen2016☆yahoo.co.jp

☆を@に変えて下さい。

ご入会案内
福岡市民救援会では、ともに活動する人、財政を支えてくれる人を募集中です。

☆月例会費☆
個人300円・団体1000円
*年間3600円の特別会員も受付中です。

☆郵便振替口座☆
記号番号 01760-3-72385
口座名 福岡市民救援会
例会のご案内 
毎月第2月曜夜、福岡市中央区で情宣と例会をしています。
時間や場所が確定しませんので、関心のある方は、お尋ね下さい。
ギャラリー
  • 【弾圧続報】名護署は運動潰しのでっち上げ逮捕・勾留をやめろ!
  • 福岡市民救援会第5回総会記念講演で「共謀罪と治安維持法」を学ぼう!
  • 不当弾圧許すな!!経産省前不当逮捕について緊急記者会見が開かれます。
  • 沖縄派遣費用住民訴訟に引き継ごう!仲間をとりもどそう!
  • 沖縄派遣費用住民訴訟に引き継ごう!仲間をとりもどそう!
  • 【ご案内】2月26日福岡市民救援会 第5回総会
  • 【ご案内】2月26日福岡市民救援会 第5回総会
  • 2014年の人権救済申し立てについて弁護士会の決定が出ました。
  • 2014年の人権救済申し立てについて弁護士会の決定が出ました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ