福岡県警沖縄派遣裁判 第7回口頭弁論のお知らせ きてください。

福岡県警沖縄派遣費用住民訴訟原告団から。

福岡県警沖縄派遣裁判 第7回口頭弁論のお知らせ きてください。

原告のみなさん
市民のみなさん

第7回口頭弁論にきてください。

 10月17日(水) 福岡地裁は六本松に移転しました!
 午後2時    福岡地裁新庁舎前 情宣 
   2時30分 101法廷 口頭弁論開始。
        原告準備書面5を読み上げます。

どんな裁判ですか
福岡県警察本部長は違法に警察職員を沖縄に派遣し、福岡県に損害を与えた。よって、福岡県知事は福岡県警察本部長に、支出した警察職員給与額を県損害額として、賠償請求を行え!と請求し、同時に原告ら各自に万円の賠償せよ!と求めています。

どんなことが争点ですか
米軍ヘリパッド建設という日本政府の国策に、自治体警察を動員することが許されるのか。   
   警察庁の発出した7月11日付の「通知」は自治体警察である福岡県警を拘束するのか。
   沖縄住民の新基地建設を認めないという意思を示す表現行為を警察力で抑圧するのは、違法だ。
   福岡県警察本部長は損害を請求される「当該職員」である。

今回期日では、被告の的外れな主張に対して、準備書面5を読み上げ、反論し求釈明します。



おさらい (原告らの訴状より、引用編集)
●2016年7月10日に投開票が行われた参議院選挙沖縄選挙区では、内閣の沖縄担当大臣であった島尻安伊子候補が、新基地反対を掲げた伊波洋一候補に大差で敗れ、同基地建設に対する沖縄県民意思が明確に示された示された。翌11日に、沖縄県東村高江で、沖縄防衛局はヘリパッド(ヘリコプター着陸帯)建設工事を開始した。地元住民を始めとする強い抵抗が予想されたことから、同日警察庁は、警視庁を含む6都府県警察に対し、「沖縄県公安委員会から沖縄県警への特別派遣の要請が行われる予定であるが、派遣機関及び派遣部隊は次のとおりであるから、派遣態勢に誤りなきを期されたい」との通知を行い、その翌日である7月12日に、沖縄県公安委員会から各都府県公安委員会に援助要求が行われた。同日、福岡県公安委員会は、沖縄県公安委員会に対し、援助要求通りの派遣をする旨の回答を行い、遅くとも7月19日には、福岡県の機動隊100人(推定)が、高江現地に着任し、後に述べるように、明らかに違法な警備行動を行って、住民らに弾圧を加えた。
●10月28日、原告らは福岡県監査委員に住民監査請求を行ったが、12月13日却下された。
●2017年1月20日、福岡県知事は,福岡県警の違法行為により福岡県が被った損害額総額109,200,000円(機動隊員100人の基本給を182,000円として、その派遣期間の6け月分)を福岡県警察本部長に賠償請求せよ、と福岡地裁に提訴した。(その後、派遣警察職員には、超過金手当や特殊勤務手当が支給されていると、被告が明らかにしたが金額を明示しなかったので、金額不詳のまま、福岡県は福岡警察本部長に追加請求せよと求めた。)
●これまで、6回の口頭弁論期日があった。原告らは訴状と準備書面1から準備書面4を提出し、10月9日に被告準備書面3と準備書面4への反論となる準備書面5を裁判所に提出し、17日の期日で読み上げる。

原告ら準備書面5 のポイント
本件沖縄派遣を先行・主導したのは、警察庁からの通知を受けた福岡県警察本部長ではないのか。
●警察庁に存する違法と?福岡県警察本部長に存する違法

福岡県警察本部長に財務会計上の違法があるのてはないか。
●県の会計管理官には、支出命令者の県警会計課長が提出した証憑類は残置せず。?証憑類の返戻を受けた県警会計課長に本件支出の予算と法令適法性の立証・説明責任がある。
●依って、県警会計課長を指揮監督する福岡県警察本部長にその立証・説明責任があり、違法支出に関して福岡県から損害賠償請求を受ける「当該職員」に該当する。

警察職員給与秘匿の行政処分は、信義誠実の原則、アカウンタヘビリティー原則に違反している。

警察比例原則違反

求釈明
●警察庁が発した「通知」の法的意味
●派遣警察職員の基本給と諸手当の明細。本件損害請求額を確定するうえで不可欠である。
●本件支出命令につき会計課長が県会計管理官に示した証憑書類
●会計課長は「専決」しているのか。または福岡県警察本部長が知事から「委任」されたのか。

以上、文責は脇です。
福岡県警沖縄派遣費用住民訴訟原告団
092-651-4816








【弾圧続報 福岡】9月19日不当逮捕されたAさん、釈放!

【弾圧続報 福岡】9月19日不当逮捕されたAさん、釈放!

 9月19日、個人情報保護条例違反ということで、福岡県警博多署と公安3課が、Aさんを不当逮捕・勾留し、勾留延長までしたが起訴できずに、10月10日に釈放しました。Aさんはお元気そうとのことで、まずは良かったです。Aさん、おつかれさまでした。
 
 警察は、いいかげん、必要のない逮捕・勾留をやめろ!
 「犯罪」を証明するものがないから、
 とりあえず「自白」頼みで、逮捕・勾留しているのは明らか。
 こんな戦前・戦中のような捜査はもう時代遅れ。
 かといって、盗聴・盗撮も許されないからやるのか?
 本当は、盗聴・盗撮やっているくせに・・・。
 
 博多署は、公安といっしょに、市民の活動を妨害するな!
 どうみても、社会に向けてものいう市民をターゲットにしている。
 「治安」を守る公安と警察のタッグ?
  違うね。警察の「総公安化」だ。

 罪の証明もできないくせに、
「見せしめ」のめに「見込み」捜査する警察は解体しかない!

 

【関生大弾圧】許せない!威力業務妨害容疑で5人を「再逮捕」、新たに組合員3人を逮捕。

【関生大弾圧】許せない!威力業務妨害容疑で5人を「再逮捕」、新たに組合員3人を逮捕。

まだまだ続く、連帯ユニオン関西生コン支部への弾圧。
まったく、ひどい。権力は、とことん労働組合を潰すつもりです。

しかし、労働組合も負けてはいません。
9月21日には、大阪府警前抗議集会が開催され、たくさんの幟や横断幕が翻りました。
9月22日、エル大阪で開催された「労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集」では、350名の仲間が集まり、権力への抗議の声をあげました。
その前にもあとにも、連日の警察への抗議が繰り広げられています。

産経WEB WESTの記事を「容疑者」名を伏せて転載します。
*****

018.10.9 19:14更新

関西生コン支部幹部を再逮捕 別の出荷妨害容疑 大阪府警

 セメント、生コン業界の労働者らでつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部)の幹部や組合員計16人が、運送業者のセメント出荷業務を妨害したとして逮捕された事件で、大阪府警警備部と西成署は9日、別の業者に対する威力業務妨害容疑などで、関生支部副執行委員長、△△容疑者(52)ら5人を再逮捕し、新たに組合員3人を逮捕した。

 府警は8人の認否を明らかにしていない。8人の逮捕容疑は昨年12月12日午前7時~同9時ごろまでの間、大阪市西成区の生コン製造会社で、出荷業務を委託された業者のミキサー車の前に立ちふさがるなどして、業務を妨害したなどとしている。

 大阪地検は9日、9月に16人を逮捕した出荷妨害事件について、威力業務妨害罪で△△容疑者ら7人を起訴し、9人を処分保留とした。

*****
プロフィール

fukukyuen

福岡市民救援会の住所・電話
福岡県福岡市東区箱崎
3-33-10-402

Tel・Fax 092-651-4816

福岡地区合同労働組合気付
福岡市民救援会
福岡市民救援会メールアドレス
ff_qen2016☆yahoo.co.jp

☆を@に変えて下さい。

記事検索
ご入会案内
福岡市民救援会では、ともに活動する人、財政を支えてくれる人を募集中です。

☆月例会費☆
個人300円・団体1000円
*年間3600円の特別会員も受付中です。

☆郵便振替口座☆
記号番号 01760-3-72385
口座名 福岡市民救援会
例会のご案内 
毎月第2月曜夜、福岡市中央区で情宣と例会をしています。
時間や場所が確定しませんので、関心のある方は、お尋ね下さい。
ギャラリー
  • 「心神喪失で無罪の人」の入院施設を刑務所敷地内にっておかしくない?
  • 10月13日(土)13人死刑執行に抗議デモしましょう! 飯塚事件の講演も聞きましょう!
  • 10月13日(土)13人死刑執行に抗議デモしましょう! 飯塚事件の講演も聞きましょう!
  • 7月7日、「郡島恒昭さんを偲ぶ会」がありました。
  • 7月7日、「郡島恒昭さんを偲ぶ会」がありました。
  • 7月7日、「郡島恒昭さんを偲ぶ会」がありました。
  • 7月7日、「郡島恒昭さんを偲ぶ会」がありました。
  • 7月7日、「郡島恒昭さんを偲ぶ会」がありました。
  • 7月7日、「郡島恒昭さんを偲ぶ会」がありました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ