注:色々調査するうちに、若干、事実の食い違いが出てきましたので修正しました。
確認をお願いします。

【容疑となった事件】

624日朝、Kさんが居住する労組事務所で、Kさんは、保護課職員2名に面談を受けていました。

Kさんは、ずっと、事務所に住んでいましたが、運動や母親の介護で外泊することがあり、

連絡をとりにくいことがありました。そうした状況の中でKさんが転居した事実などないのに、保護課は一方的に「糸島に転居した」と決めつけ、それを理由に生活保護支給が、いったん打ち切りになってしまいました。


Kさんは、
打ち切りに対して抗議をし、保護の再申請しました

そういう状況下で保護課とKさんの再審査に関する話し合いを進めていました。


また、
Kさんは、精神状態が不安定で、保護課の検診命令で受診し、病院から通院指示も出ていました。


保護課は、そのように体調の良くないKさんの状態をわかっていながら、
Kさんに面談を申入れ、面談の席で、Kさんは、保護課職員に、どうしても触れられたくないことに触れられ気持ちが高まったと言っています。

Kさんは、当時の記憶がないと言っています。

保護課職員は、この時、Kさんに「何か」をぶつけられて怪我をしたと言っているそうです。

こちらも記憶は曖昧で、お互いに気分が高ぶっていたようです。

職員は、Kさんに「怪我をさせられて」すぐに、部屋を出て、10時半ごろ、110番通報したそうです。

職員の診断書は、全治1週間。


【逮捕】

62516時頃、佐賀駅で、Kさんは突然、佐賀県警数名に取り囲まれ、「緊急執行だ」と言われて移動を阻まれました。

Kさんは、福岡から移動して実家の佐賀に帰るところでした。

この時、Kさんは、福岡市民救援会の事務局長に「たくさんの警官に取り囲まれてる」と電話連絡しました。

弁護士とも電話で話しながら、10分ほどの攻防の後、福岡県警が逮捕令状を持ってきて、Kさんは傷害容疑で逮捕されました。

その後、佐賀から福岡へKさんの身柄は移送されました。

現在福岡県警東署にKさんの身柄はあります。


【家宅捜索】

626日、朝9時半頃、容疑の現場である労組事務所に家宅捜索が入りました。

同時に現場検証がありました。パソコンなど5点が押収されました。

組合員一名が立会い、押収品目録を発行させました。

トイレ含む全部屋を調べたそうです。      


【報道】

626日、朝日新聞にKさんの実名、年齢入りの東署発表の記事が掲載されました。

西日本新聞にも掲載されたとの情報ありましたが、確認できていません。


【勾留決定】

628日、勾留決定が出されました。

しかし、今のところ、接見禁止はついていません。

これまで、弁護士だけでなく一般面会もできています。

差入れ・宅下げもできています。

面会希望の人は、労組事務所の電話に連絡してください。


【何のための逮捕か?】

福岡市民救援会では、弁護士選任、接見、差入れなどしながら、

今回の事件の情報を収集していました。

今のところ、接見禁止などはついていないので、

これが容疑通りの傷害事件であるとして、

事件の翌日に令状を持って、福岡から佐賀まで追いかけての逮捕。

佐賀では、緊急執行まで使っている。

どうにも段取りが良すぎます。

保護課と福岡県警と佐賀県警による連携プレイ。


保護課から、彼女の家主は「次回は同席してほしい」と頼まれていました。

どこで、保護課の方針が変わったのか?

事務所の家宅捜索の仰々しさは何か?

一つには、生活保護バッシングであるということがいえるでしょう。

日本経済の低迷する中、生活保護制度に対する嫌悪を育て、社会の不満のはけ口としていく手法。

生活保護を申請することを思いとどまらせるための生活保護受給者ネガティブキャンペーン。

また、生活保護受給者であることを恥である、後ろめたいと思わせ、廃止届を出させるためのキャンペーン。

保護課に警察官OBを配置して、生活保護受給者を犯罪者扱いにするより、

ケースワーカーを増やせば、多くのトラブルは防止できるはずなのに、そうはしないのです。

そして、Kさんは、反原発運動などに積極的に参加していました。

これは、運動潰しの弾圧として、みんなで闘っていかなければならない不当逮捕です。

彼女は、精神状態がよくなかったのを保護課は知っていたのだから、

当然、彼女の健康状態に配慮した対応をしなければなりませんでした。

ところが、彼女を挑発し混乱させてしまったのです。

保護課の対応こそが責められるべきではないでしょうか?



【抗議行動と緊急会議】


6月30日(日)18:00 福岡県警東署


その後、緊急拡大会議 をします。
人手が必要なことがいっぱいあります。
福岡市民救援会の方もそうでない方もお集まり下さい。


一刻も早くKさんを奪還するために!!