※天皇制に問題あり!福岡連絡会にも所属するヒソカが、集会でお話することになって、所属を聞かれて、福岡市民救援会を名乗りました。もちろん、福岡市民救援会の宣伝のためです。でも、話した内容は戸籍制度。会場にチラシや宣伝用カードも置かせてもらい、チラシには福岡市民救援会の名前が出ていたから、だから、集会&デモ報告を「白い狼のため息」ブログから転載してもいいよね?(今更な言い訳)

やったぜ!!「いらんばい!天皇制4.29集会」&デモ

0068-2

 2019年4月29日、福岡市中央市民センターで、「いらんばい!天皇制 4.29集会」を開催しました。学者でもない弁護士でもない名もない市民4人によるお話会みたいな集まりに参加者が期待できなかった主催者で、レジュメは70しか作っていませんでした。ところが80を超える参加者でレジュメも椅子も足りず、ご迷惑をおかけしてすみませんでした。そして、ありがとうございました。

 最初の発題(問題提起) は「主権在民」として、脇義重さん(戦争法を廃止する会)でしたが、お話が丁寧過ぎて、レジュメのほんのはじめで時間がきてしまいました。持ち時間は1人20分です。

DSC_0050
 
次に「税金の無駄遣い」として、島田雅美さん(天皇問題を考える市民ネットワ一ク)、こちらは、元気一杯というより天皇への怒り一杯。こんなに天皇・皇室にお金を使うなー!と。

0056-2

 そして、わたし、「戸籍制度と天皇制」でした。まえだヒソカ、福岡市民救援会としてお話しましたが、時間がなくて、弾圧のことなど一言もなし。まあ、よかろう〜。戸籍制度の婚外子差別、婚姻届などについてお話しました。20年前の体験から最近のこと、法律が結構変わっていたので、調べるのが大変でしたが、まあ、なんとか伝わったかな? (わたしの画像はありません。自分で自分は撮れない^^;

 「神道の押しつけ」は、木村眞昭さん(浄土真宗僧侶)、こちらはもう、お話するのがお仕事でもあるので、素晴らしい喋り。羨ましいですね。身近な神道、正月のこと一つとっても、わたしたちに神道が染み込んでいること、指摘されると、そのとおりです。

0063-2

DSC_0047
DSC_0051

 そして、デモです。外に出ると、朝から振っていた雨が大降りです。それでも、元気いっぱい、木村お坊について歩き始めました。
DSC_0067

 天皇制はいらない!
 元号はいらない!
 天皇行事はやめよう!
 天皇代替わりは憲法違反だ!
DSC_0077

こんな感じでコールして、歩いていると、
「なんで、天皇はいかんと?」と通りすがりの少年に聞かれました。
「天皇制は差別の制度だからだよ」と言うと、
「え、なんて?」と少年が聞き返したので、
身を乗り出して、大きな声で繰り返してると、
横についていた公安Aが間に入り、少年に下がるように注意した。
それで、少年とのやり取りは終わった。
人民の美しい交流の始まりを公安Aは阻止したのだ!
・・・とかいう幻想はないけど、こうして公安が介入するのはおかしいよね。
揉めてもないのに警察が来て、揉め事になる過剰な管理抑制です。
 向こう側から、通りすがりで、大声で悪態つくお兄さんもおりました。
 一緒になって、コールしてみる若者もいました。
 ほとんど、いつもの休日ですが、いつもより、公安たちに緊張がありました。わたしたちを撮影するあのカメラは高そう。防水かな?公安も若い人ばかりです、自分たちの高齢化を感じます。
DSC_0093

0070-2

 しかし、天皇代替わりキャンペーンはまだまだ続く。次は何するかなー。

 とりあえず、みなさん、お疲れ様でした。明日はメーデーだね!