株式会社来夢の社長さんから悟コイン(さとりコイン)いただきました!
ありがとうございました!

悟コイン持つ私

カッコいいです!ホログラムが輝いております。

悟コイン表

裏側はこんな感じ。

悟コインウラ


しかし大半の人が「悟コインって何だ?」と思われていることでしょう。
私もまったく知りませんでした。

私がたびたびブログで取り上げているビットコイン。
ビットコインは仮想通貨、暗号通貨なので実体がないわけなんですが
そのビットコインを
「手でさわれるリアルな感触が得られるようにコインの形にしたもの」
といえそうです。


クリンプトカレンシーマガジンに記事がありましたので引用させていただきます。


ビットコインをリアルに体験できる悟コイン
暗号通貨または仮想通貨と呼ばれるビットコインを手中に収めることができる。そして、コインの中には0.001BTCが封入されている。ホログラムシールを剥がし、秘密鍵のQRコードを読み取ることでビットコインを取り出すことも可能だ。逆にsatoricoin.jpでコインに割り振られたシリアルナンバーを入力することでアドレスの確認が行えるので、デポジットしてコールドウォレットの役割も果たしてくれるだろう。


なるほどこの中には0.001btcのビットコイン情報が入っているというわけですね。
今1btcが4万円くらいですから
0.001btcだと約40円くらいです。
最後に出てくるコールドウォレットというのはインターネットに接続していない
状態でビットコインを保管する財布くらいの意味です。

coin01

ビットコイン界(?)では超有名な大石哲之さんも悟コインについて書かれています。

価値は人間の意識の外部には存在しない~SATORIコインを手に入れました。

この悟コインには追加で自分のビットコインを入れることができますので
大石さんはちょうど1btcにして持っておくのだそうです。
 


ということはたとえば数億円分のビットコインを入れることもできるはず。
価値を知らない子どもがひろったコインには実は莫大な価値があったのだ・・・
なんてストーリーも作れそうですね。


いやそもそもビットコインがようわからんのだ!
という方も多いでしょう(というかほとんどでしょう)
そんな方には私の描いた「まんがでわかる!ビットコイン」をぜひどうぞ!

(本作は株式会社bitFlyerさんでも勉強会の教材に使われています) 
まんがでわかる!ビットコイン表紙