2005年12月27日

うしのおっぱいはいくつ?

 朝倉地域農業改良普及センターでは12月26日午後、消費拡大活動の一環として、甘木小学校学童保育所の1〜6年生約40人を相手に牛乳クイズと牛乳パック工作を行いました。クイズは「牛は何歳でお母さんになるの?」「牛の赤ちゃんは何キロ?」「甘木市には乳牛が何頭いるでしょう?」など全部で10問。子供たちは楽しみながら牛乳や地元の酪農について理解を深めることができました。クイズその後は組み立てるとANAのジャンボジェット機になるという特製牛乳パックを使った工作タイム。ちょっと難しかったようですが、みんな一生懸命組み立て、飛ばしっこして楽しんでいました。


←「さて何番でしょう!」「ハイハ〜イ」

工作 ここ数年、牛乳の消費が落ち込んで需給バランスが崩れ、乳価下落などの影響がでています。消費拡大のため全国段階では「牛乳に相談だ」キャンペーンが行われていますが、現場においても食農教育などを通じた消費拡大活動が必要です。朝倉地域農業改良普及センターでは消費拡大のため、今後も食農教育の機会提供などを行って参ります。
 ↑「どげんすっと?」「こげん切るとバイ」



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fukuoasa/50333783