福岡市教育委員会 ブログ部

ブログ部は福岡市教育委員会の広報を行う部活動です。福岡市立の学校の活動や教育委員会の取組などをブログを通して発信します☆ 教育委員会ブログ部は福岡市ホームページ内(http://www.city.fukuoka.lg.jp/)のソーシャルメディア一覧に掲載されています。

学校給食用物資展示会@第1給食センター

こんにちは、ブログ部ですojigi

今回は,福岡市立第1給食センターで行われた
「学校給食用物資展示会」の様子をご紹介します
tenjikai2018 (01)


今年の展示会には、92社もの食材取扱業者に出展いただき、
市立学校の献立作成を担当している栄養教諭の皆さんに対して、
地場産原料を使用した調理品アレルギー対応食材、既存の食材の新しい調理方法など、
537種類にも及ぶ様々なご提案をいただきました
tenjikai2018 (14)
 


福岡市の給食ではすっかりおなじみになった姪浜海苔を使った加工品や
市内で生産されている春菊を活用した「つみれ」!

tenjikai2018 (11)tenjikai2018 (12)


豊富な種類のパンや調理方法の提案!

tenjikai2018 (07)tenjikai2018 (08)


地場企業はもちろん、ご家庭でもおなじみのものなど,様々な食材が全国から集まりました

tenjikai2018 (04)tenjikai2018 (05)

tenjikai2018 (03)tenjikai2018 (10)



子どもたちにおいしい給食を届けるため、新しい食材を試食したり、
メーカーの担当者の方と意見交換したりと、栄養教諭の皆さんの熱心な姿
あちこちで見受けられました


また、当日は、第1給食センター調理受託業者の福岡市第1学校給食サービス様主催の
学校給食イベントが同時開催され、沢山の子どもたちや保護者の方々に参加いただきました
tenjikai2018 (16)
 

イベントは、センターの見学や給食試食、クイズラリー等の企画が盛りだくさんで、
参加された皆さんに楽しんでいただけたようです

tenjikai2018 (20)



また、テレビ局の方にも取材していただき、地産地消アレルギー対策などの
取組みを紹介していただきましたよ
tenjikai2018 (21-1)


最後に、参加した子ども達には、気に入った食材にシールを貼って、
給食で食べてみたいものに投票してもらいます

僕は,子どもたちに何に投票したかこっそり教えてもらいました

tenjikai2018 (21)


新たなメニューが仲間入りする来年のおいしい給食をお楽しみに


それでは


「昭和の福岡市再開発事業展」@福岡市総合図書館

こんにちは,ブログ部ですojigi


今回は,福岡市総合図書館で行われている「昭和の福岡市再開発事業展」に行ってきましたので,
その様子をご紹介します


昭和の福岡市再開発事業展



この展示は6月9日の「国際アーカイブズの日」(※)を記念して行われているそうです。

 ※世界中の公文書館の相互の連携を深め、文書・記録の保存や利用の活動を発展させることを
   目的に発足した「国際公文書館会議(ICA)」が平成20年6月9日に60周年を迎えたことを記念して、
   毎年6月9日が「国際アーカイブズの日」と定められました。



展示では,昭和40年代から昭和60年代にかけての千代地区や清川一丁目地区,渡辺通地区,
高宮地区,西新地区の再開発事業に関する資料が公開されていましたよ


展示会場



資料の中には,当時の街並みの写真や地域とのやり取りの書類など,
昔の福岡市を知る手掛かりが沢山あり,私も頭の中で当時の状況を想像しながら,
回ってみました

渡辺通一丁目写真

    「再開発事業施行前の渡辺通一丁目交差点付近(S41撮影)」


陳情書

            「地域から出された陳情書(要望)」
 


この展示は,以下の期間で実施されていますので, 
蒸し暑く,外出が億劫になりがちな梅雨ですが,快適な図書館で昔の福岡市を巡ったり,
読書を楽しまれてはいかがですか

○会期  平成30年6月1日(金)~7月1日(日)
      午前10時~午後8時(日は午後7時まで)
         ※6/18(月),25(月)は休館日です。

○場所  福岡市総合図書館 2階 文書資料室(福岡市早良区百道浜三丁目7-1)

○入場  無料

○展示に関するお問い合わせ
      総合図書館文学・文書課 文学・文書係(電話092-852-0607)

わたしたちの樹プロジェクト@下山門小

こんにちは,ブログ部ですojigi

今回は,下山門小学校4年生の児童たちが1/2成人式の記念環境学習の一環として
参加した「わたしたちの樹(き)プロジェクト」での植樹の様子をご紹介します

このプロジェクトは,「緑地化などの環境保全活動に役立ててほしい」と市民の方からの寄付により,
平成28年度から環境局が実施しています。
平成28年度は36校,平成29年度には44校が参加し,これまでにハナミズキキンモクセイクヌギなど
25種類170本以上の樹が植えられたそうです


下山門小学校には,株式会社アーバンデザインコンサルタントの藤井さんと
木下緑化建設株式会社の藤田さんと西日本短期大学緑地環境学科の太田さんに
お越しいただき,学習や植樹を手伝っていただきました

IMG_2297


まず始めに,藤田さんから今回植える「サツキツツジ」
どんなお花を咲かせるのか,どれくらいの大きさになるのかなどについて,
クイズを交えながら教えていただきました

IMG_2298


また,「木は生き物であること」や「木があることで色々な生き物が生かされていること」,
「街から木が減っていること」などについてもお話いただきました




そして,いよいよ植樹。
穴堀は,昼休みに児童たちが手伝ってくれていたみたいです

IMG_4759



今回は,1/2成人式の記念の植樹ということで,児童たちが将来の夢や目標を書いた
紙コップで優しく土をかけてあげました

IMG_2315IMG_2316

IMG_2328


紙コップには,スポーツ選手看護師ユーチューバーなど,様々な夢や目標が
書かれてましたよ


IMG_2286IMG_2332


また,藤井さんから「植物は話しかけると元気になるので,木に話しかけながら土をかけてあげてね。」と
お話いただいたので,サツキツツジに「自分も頑張るから大きくなれよ!」などの言葉をかけている児童も
いました


最後は,お世話になった藤井さん,藤田さん,太田さんにみんなでお礼を。
終わった後,早速,藤田さんに校内の他の木について質問するなど,
児童たちの身近な自然への関心が高まったようでした


IMG_2343


P.S.
下山門小学校4年生のみんな,サツキツツジに負けないくらいの成長を
楽しみにしているよ


記事検索
プロフィール

fukuoka_education

  • ライブドアブログ