福岡市教育委員会 ブログ部

ブログ部は福岡市教育委員会の広報を行う部活動です。福岡市立の学校の活動や教育委員会の取組などをブログを通して発信します☆ 教育委員会ブログ部は福岡市ホームページ内(http://www.city.fukuoka.lg.jp/)のソーシャルメディア一覧に掲載されています。

ジョブシャドウ@西日本鉄道株式会社

こんにちは,ブログ部ですBlogPaint

今回は,8月4日(木)に西日本鉄道株式会社で行われ,福岡市立福翔高校・福岡女子高校の計15名の生徒が参加した「ジョブシャドウ」についてお伝えします


※ジョブシャドウは、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が提供するキャリア教育プログラムで,生徒一人が、企業の社員一人に数時間 シャドウ(影)のごとくついてまわり、社員が仕事をする姿を通して会議の熱気や緊張感を感じ、一部の仕事も手伝いながら、仕事の厳しさを肌身で体験します。「仕事に打ち込む人の姿」を身近で観察する機会を得て、やがて訪れる進路選択・将来設計・職業選択に資することが目的です。


まずは今回お世話になる社員さんとの顔合わせですみなさん少し緊張されています。

DSCN5218

そして各部署に移動し「ジョブシャドウ」開始です

社員さんの背後にべったりと張り付き,仕事をする姿を観察します。

社員さんは,高校生にもわかるように仕事の内容や意義,会社の仕組みなども教えてくださったそうです。

高校生は,「少しだけ仕事をするというイメージがつかめた!」と話していましたよ。

DSCN5229


ジョブシャドウのあとは,社員さんとのディスカッション

高校生からは,「社会人と学生の大きな違いは?」「仕事のやりがいは?」「志望動機は?」といった仕事に関する質問から,「休日の過ごし方は?」「ストレス解消法は?」といった,プライベートに関するものまで,さまざまな質問が飛び交います。

社員さんは,ご自身の経験をもとに,高校生からの質問一つ一つに丁寧に回答をしてくださっていました

さらに,「学生時代に積極的に行動し,さまざまな人とコミュニケーションをとる機会をつくること」,「英語の勉強を頑張ること」といった,実用的なアドバイスも

高校生たちにとっては,社会人の方と交流ができ,大学進学や就職といった進路選択にするにあたって参考になることを存分に聴くことができる,貴重な機会となったようです。

DSCN5257DSCN5250

最後に,西日本鉄道株式会社の有働人事課長から,各生徒の名前と,西日本鉄道株式会社の社長のサインが入った「修了証」が手渡されました。

DSCN5267DSCN5222


有働人事課長からは,

『西日本鉄道株式会社には,バス・鉄道の安全な運行だけでなく,ホテルや不動産事業に至るまで社会的責任を伴う,大きな仕事がたくさんあるが,それを支えているのは社員一人ひとりの小さな仕事と努力の結集。高校生のみなさんも,コツコツと小さな努力を惜しまないでほしい。それがいつか,大きな力になる。そして,夢や目標をもち,それに向かって行動してほしい。』

というお話をいただきました。

DSCN5275



高校生たちにとって,職場を実体験し,働く人を観察することで,働くことの意義とその現実を認識できるようになり,また,将来の進路選択や職業観の醸成につながるよいきっかけになったものと思われます

お忙しいなかご協力いただいた西日本鉄道株式会社さんに感謝ですね

夢の課外授業@七隈小学校

こんにちは,ブログ部ですBlogPaint

今回は,7月15日(金)に6年生,78名を対象に,七隈小で行われた「夢の課外授業」の様子をお伝えします


※「夢の課外授業」は,二十一世紀倶楽部が主催し,各界で活躍する著名人を講師として小学校に招き,
児童が「夢」や「目標」を持つためのきっかけになることを目指したプロジェクトです。


講師は,Jリーグのアビスパ福岡などで活躍された元サッカー選手山下芳輝さん



かんかん照りのなか,校庭で山下先生の第1部の授業が始まりました

DSCN5182

まずは山下先生に指定された人数のグループを作るゲームでウォーミングアップ

猛暑にもかかわらず,子どもたちは元気いっぱいに校庭を駆け回っていました。

DSCN5189DSCN5190

次は,クラス対抗で,足並みをそろえるゲーム

ひとりひとりが「15歩」進んで,クラスの全員の足先をそろえることができたら勝ちというルール。

歩幅が大きい子が小さい子に合わせる,手をつなぐ,肩を組むなど,クラスのみんなでその戦法について
話し合い,試行錯誤しながら,勝利を目指します

子どもたちはこのゲームを通して,クラスみんなで力を合わせ協力することの大切さを学んだようです。

DSCN5193DSCN5207

最後はクラス対抗でのサッカー

みんなとーっても活き活きとしていて,楽しそうでしたよ

P1080712







第2部は,場所を体育館に移して,山下先生の講演会です

CIMG8373

山下先生は,運命的なものを感じてサッカーを始めたそう。

サッカー選手になりたくて,何よりサッカーが大好きで,「毎日ボールに触ること」を目標に小さな努力を重ねたとのこと。

試合で大敗するなど,悔しい思いをしたこともたくさんあったそうですが,それをバネにトレーニングに打ちこみ,
厳しい練習にも耐えたんだとか

山下先生は,ご自身の経験を通して,大きなを持ち続け,その夢に向かってコツコツと努力を続けることの大切さを
子どもたちに強く訴えかけていました


この講演を聴いた子どもたちからは,「夢や目標を持ってみようと思った」「私も,夢をあきらめず頑張りたい」
との感想が挙がりました。



子どもたちにとって,この「夢の課外授業」は,自身の将来の可能性を再発見するという大きな効果を
もたらしたようです。


自分の可能性を信じ,大きな夢を胸に抱いて,これからさまざまなことに積極的にチャレンジして欲しいですね

姉妹校交流@宮竹中学校

こんにちは,ブログ部ですBlogPaint

今回は,7月7日(木)~10日(日)にかけて行われた,宮竹中学校釜山広域市の華明(ファミョン)中学校の姉妹校交流事業の模様をお伝えします。

この事業は,異文化交流国際的視野を広げるためのコミュニケーションを行うことを目的に実施されています。


7月7日(木)

華明中のみなさんが福岡空港に到着ーー

今回のメンバーは,男子生徒5名,女子生徒5名,そして引率の先生3名(キム・チャンヒ校長先生,キム・ウンスク先生,パク・ミスク先生)の合計13名です


宮竹1

この日は,ホームステイ先の家族の方々との顔合わせが行われました
ホームステイ先は,宮竹中学校の生徒さんのご家族です
華明中の生徒さんは,すぐにご家族の方々と打ち解けられていましたよ

宮竹10宮竹11
  (ホームステイ先の家族との初顔合わせの様子)              (韓国の蹴鞠:チェギで交流)



7月8日(金)

宮竹中学校で,華明中学校の生徒さんを歓迎するため,全校集会が開催されました

宮武3宮竹2
  (宮竹中の生徒さんによる日本舞踊披露の様子)                         (華明中の生徒さんの紹介の様子)    


そのあとは,宮竹中の生徒さんと一緒に日本語での授業や給食も体験

宮武4宮竹5 
           (美術の授業の様子)                                      (給食の様子)


さらに,生徒会相互の交流や,ENGLISHクラブとの交流も

宮武6宮竹6


7月9日(土)

この日のメインイベントは,宮竹公民館で,地域の方々との交流会です

宮武7-2宮竹7

ゆかたの着付け体験や地域の方々が手作りされた郷土料理でおもてなしとーっても美味しかったそうです

宮竹8宮武8-2


7月10日(日)

交流事業も本日が最終日です
ホームステイ先の家族や地域の方々にも見送りを受け,たくさんの思い出を胸に帰路につかれました。


宮武9



今回の生徒間や地域の方々との交流は,日韓両国の生徒にとって,国際感覚を身に着けるよいきっかけになったようです。

また,この異文化体験は,文化の相互理解の深化グローバルな価値観の醸成の一助となり,
将来,子どもたちが国際社会において活躍するための大きなステップとなったことでしょう。

来月には,今度は宮竹中の生徒さんが華明中へ訪問されるそうですよ
釜山でも,たくさんの異文化を体験して,成長して帰ってきてほしいですね!






livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ