福岡市教育委員会 ブログ部

ブログ部は福岡市教育委員会の広報を行う部活動です。福岡市立の学校の活動や教育委員会の取組などをブログを通して発信します☆ 教育委員会ブログ部は福岡市ホームページ内(http://www.city.fukuoka.lg.jp/)のソーシャルメディア一覧に掲載されています。

わたしたちの樹プロジェクト@下山門小

こんにちは,ブログ部ですojigi

今回は,下山門小学校4年生の児童たちが1/2成人式の記念環境学習の一環として
参加した「わたしたちの樹(き)プロジェクト」での植樹の様子をご紹介します

このプロジェクトは,「緑地化などの環境保全活動に役立ててほしい」と市民の方からの寄付により,
平成28年度から環境局が実施しています。
平成28年度は36校,平成29年度には44校が参加し,これまでにハナミズキキンモクセイクヌギなど
25種類170本以上の樹が植えられたそうです


下山門小学校には,株式会社アーバンデザインコンサルタントの藤井さんと
木下緑化建設株式会社の藤田さんと西日本短期大学緑地環境学科の太田さんに
お越しいただき,学習や植樹を手伝っていただきました

IMG_2297


まず始めに,藤田さんから今回植える「サツキツツジ」
どんなお花を咲かせるのか,どれくらいの大きさになるのかなどについて,
クイズを交えながら教えていただきました

IMG_2298


また,「木は生き物であること」や「木があることで色々な生き物が生かされていること」,
「街から木が減っていること」などについてもお話いただきました




そして,いよいよ植樹。
穴堀は,昼休みに児童たちが手伝ってくれていたみたいです

IMG_4759



今回は,1/2成人式の記念の植樹ということで,児童たちが将来の夢や目標を書いた
紙コップで優しく土をかけてあげました

IMG_2315IMG_2316

IMG_2328


紙コップには,スポーツ選手看護師ユーチューバーなど,様々な夢や目標が
書かれてましたよ


IMG_2286IMG_2332


また,藤井さんから「植物は話しかけると元気になるので,木に話しかけながら土をかけてあげてね。」と
お話いただいたので,サツキツツジに「自分も頑張るから大きくなれよ!」などの言葉をかけている児童も
いました


最後は,お世話になった藤井さん,藤田さん,太田さんにみんなでお礼を。
終わった後,早速,藤田さんに校内の他の木について質問するなど,
児童たちの身近な自然への関心が高まったようでした


IMG_2343


P.S.
下山門小学校4年生のみんな,サツキツツジに負けないくらいの成長を
楽しみにしているよ


学校給食に博多めんたいこ登場&製造業者との交流授業@田島小

こんにちはブログ部ですBlogPaint

今回、小学校の献立に、初めて「博多めんたいこ」が登場しました!

これに合わせて、3月1日には、福岡市城南区の田島小学校で、製造業者さんと
3年生の交流授業が行われましたので、その様子をご紹介します

tashima1tashima2


交流授業には、製造業者の㈱やまやコミュニケーションズの日下部さんにお越しいただき、
今回の給食での提供にあたって、給食の規格に合うように工夫したことなどについて、
教えて頂きました。

tashima4


交流授業の中で「めんたいこは何の魚の卵かわかる人?」との問いかけに
「サケ?」、「タラ?」との答えが・・・



「正解はスケトウダラです。」と模型を使って説明すると、
そのリアルな模型に子ども達からは「おーっ!」と湧き上がる声が

tashima6


また、子ども達は、スケトウダラが寒い時期に北海道近海やオホーツク海、ベーリング海などで獲れること、
卵を取ったあとのスケトウダラ竹輪やかまぼこの原料になること、朝鮮半島で生まれためんたいこが、
戦後の引き揚げとともに福岡に定着し、日本人の好みに合うように工夫され、新幹線の開通とともに
全国に広がったこと等を学びました。

tashima8tashima9


そして、いよいよ実食
「いただきます」の掛け声とともに、めんたいこがご飯の上にのせられ、
子ども達の口の中に。
子ども達からは、「おいしい!」「少し辛いけどごはんがすすむ!」と大好評

tashima5


㈱やまやコミュニケーションズの方々からも、「直に子ども達と触れ合うことが出来て貴重な経験でした」、
「めんたいこを給食で食べたことが記憶に残ってくれると嬉しい」との感想をいただきました


また、当日はテレビ局や新聞社、ネットニュース社の取材もあり、番組や記事に取り上げていただきました。

tashima11tashima3


子ども達の中には、めんたいこを初めて食べたという子もいましたが、
給食を通じて、子ども達が福岡の名産品であるめんたいこについて関心を持ち、
また、大人になって「給食にめんたいこが出ていたな」と思い出して懐かしんだり、
めんたいこの話題で盛り上がってくれたらなと思います

㈱やまやコミュニケーションズの皆さん、お忙しい中、交流授業にお越しいただきありがとうございました

ノルウェー着物プロジェクト完成披露会@舞鶴小

こんにちは,ブログ部ですojigi

今回は,昨年6月にご紹介した「ノルウェー着物プロジェクト」の
完成披露会の様子をご紹介します


完成披露会では,まず始めにこれまでのプロジェクトで取り組んだことについて,
みんなで振り返りをしました

IMG_2136



児童たちは,これまで,ノルウェーについての調べ学習やノルウェーからの留学生との交流,
着物のデザインづくり,友禅染体験など,色んなことに取り組んだようです
調べ学習デザインづくり

友禅染体験IMG_2125



振り返りの後は,児童たちの発表時間。
「世界の様々な国にそれぞれの伝統があること」「仲間と協力して最後までやり遂げる大切さ」
「自分の住む日本の良さ」など,このプロジェクトを通して,学んだこと感じたことについて
元気よく発表してくれました。
また,児童たちは,「始めは,自分たちに着物のデザインができるのか。」と不安だったようですが,
「ゲストティーチャーなど沢山の方の協力があり,やり遂げることができた。」と関わっていただいた方に対し,
感謝していました

IMG_2167



次に,今回のプロジェクトを立ち上げられた一般社団法人イマジンワンワールド代表((株)蝶屋社長)の
高倉さんからこのプロジェクトへの思いについて語っていただきました。
高倉さんは,2020年の東京オリンピック開催に合わせて,日本の文化を通して世界に何かおもてなしが
できないかというところから,今回のプロジェクトを始められたそうです。

IMG_2190IMG_2188
          インドをデザインした着物                                ミャンマーをデザインした着物


また,東京友禅の佐藤先生からも今回の着物の制作についての感想などをお話いただきました。
今回のような制作の仕方は初めてで,児童たちが考えたデザインをすべて着物に落とし込めるか
佐藤先生も不安だったそうです。

IMG_2193


そして,いよいよ完成したノルウェーをデザインした着物の披露。
会場のみんなの「3,2,1」の掛け声で,ステージのカーテンが開き,
それと同時に会場からは歓声が
着物には,トロルの舌ヴァイキングなどのノルウェーの特徴を表すものや
児童たちが考えたデザインがちりばめられていました

IMG_2197IMG_2218


児童たちは,近くで着物を眺め,自分が考えたデザインを見つけて喜んでいました

IMG_2204IMG_2209


その後,沢山の児童たちが,完成した着物を鑑賞した感想を発表してくれました

IMG_2220IMG_2222


最後は,今回のプロジェクトに携わっていただいたゲストティーチャーの皆さんと記念撮影

IMG_2231


高倉さんをはじめ,今回のプロジェクトにご協力いただいたゲストティーチャーの皆さん,
子どもたちに特別な体験をさせていただき,ありがとうございました



P.S.
このプロジェクトで完成した着物は,2020年東京オリンピックで採用されるかは,まだ調整中とのことです。
児童たちがデザインした着物を含め,このプロジェクトで作成された着物が採用され,世界に披露される日を
みんなで楽しみに待ちましょう

記事検索
プロフィール

fukuoka_education

  • ライブドアブログ