こんにちは!

「暑いですねー」と言うのが挨拶言葉のようになりました
皆さんの体調は如何でしょうか?


暑い日が続く夏ですが、人間の身体は季節によって強い臓器
弱い臓器があります。暑くなる夏に弱い臓器は?


体の中でも暑~い臓器は…「心臓」です

1分間に約5ℓの血液を全身に送ってくれていますので、熱を持つんですね。

その熱が体の中にこもって発散できず「心」に負担がかかりやすくなります。

但し、ここで言う「心」は「心臓」だけではなくて、東洋医学的に脳神経系も表します。
「心」が弱まると血液の巡りが悪くなり、血液が滞ります。

するとどうなるでしょう?

手足は冷たいのに頭はのぼせるというような「冷えのぼせ」状態になります。


それに熱が体の外に発散できずに

熱中症・動機・イライラ・立ちくらみ・
不整脈・狭心症口内炎・ふらつき・不眠・水分がやたら欲しくなる・尿が濃くなる
などの症状が出てきます。

すべて体の中に熱がこもった状態です。

車で言うとオーバーヒート状態ですね。

「心」の熱を冷ましてあげる事が大切です。


体を冷ます夏野菜を中心に、胃腸を温め消化を促進する薬味
【ショウガ、ねぎミョウガ、にんにく、シソ、山椒、柚子胡椒など】
を食事から摂るようにしましょう!


野 菜 :アスパラガス、オクラ、きくらげ、胡瓜、インゲン豆、トマトなど

果 物:ブルーベリー、ラズベリー、マスカット、メロン、西瓜、巨峰、桃、さくらんぼ、バナナ、パパイヤなど

魚介類:鮎(あゆ)、いさき、いしもち、イワシ、カレイ、かわはぎ、キス、スズキ、トビウオ、海老 など

冷房や冷たい飲食物は、体を温める気である「陽気」を
損ない、身体の回復力を低下させることになるので控えめにし、
温かく火を通したものを摂るよう心がけましょう(^_^)




下記は、最近行った、糸島の櫻井神社、櫻井大神宮です


櫻井神社ホームページから
「櫻井神社」は、福岡藩二代目藩主、黒田忠之公がご創建された「櫻井神社」と、
伊勢神宮の内宮・外宮の両宮のご分霊を奉じさせ、ご鎮座頂いた「櫻井大神宮」からなります。




IMG_20170620_112101





IMG_20170620_111701




IMG_20170620_110555





IMG_20170620_111456


とても気持ちの良い空気で、良い気を頂きました