2018年12月10日

こんにちワン
もうすぐクリスマスですね
そして驚くほど急に寒くなりましたね
し・か・しそんな世間のイベントなんて受験生には・・・
というわけで、2月には国家試験を控え3年生はやっと目の色が変わってきました
今日は、1年生・2年生がはちまき会を行い、3年生を激励している様子です
IMG_4818
IMG_4824

1・2年生から心のこもったメッセージをうけとりました
IMG_4826

この思いを胸に今日からさらに頑張るぞー


これからますます寒くなります
体調を崩さないようにみなさんお気をつけ下さい
早寝・早起き・朝ご飯 リズムを崩さずに過ごしましょう







fukuokakango at 17:20コメント(0)

2018年12月06日

2年生は老年看護学Ⅱの中で加齢に伴う身体的な変化やその変化を踏まえての日常生活援助について机上で学習してきました
今回の演習は高齢者体験キットを使用して高齢者の身体的変化を体験することで日常生活のさまざまな場面にどのような影響があるかを考えました。また机上で学んだことを活かして日常生活援助を行い、どのような工夫や配慮が必要かも考えました
IMG_0055IMG_0066

グループで協力して体験キットを装着しました。
『身体が重い』『視野が狭い』『動きづらい
装着しただけで高齢者の大変さを実感したようです

IMG_0101
こちらは入浴動作について体験しています。
まずは関節が思うように曲がらず、手指の巧緻性も低下しているので服の着脱が大変
IMG_0154
浴槽に入るだけでもひと苦労状況に応じて自助具や介助が必要であることに気づきました

IMG_0073
排泄動作も体験しました
トイレットペーパーを切る動作が意外と難しい
IMG_0158
広告を見て、見やすいまたは見えにくい文字の大きさや色とは何か体験しています。
自分が見ている色味と高齢者が見ている色味の違いを学びました

IMG_0090
こちらはキッチンで棚を開けています。
高い棚は肩が上がらないので開けるのがとても大変

IMG_0111
体験後はグループワークを行い、高齢者体験をした学生、介助についた学生の視点から体験したことを共有しました。
加齢に伴う変化でどうしても1つ1つの動作に時間を要することやスムーズに物事が進められないもどかしさや生活のしづらさを高齢者は抱えておられることを体験することができました

『患者さんのペースを大切にしたい』
『見守りながらさりげない介助ができるようになりたい』
『職場では患者さんをせかしがちだったから気を付けたい』

など看護をする上で大切なことを学ぶことができました



fukuokakango at 09:00コメント(0)

2018年12月03日

こんにちは


第1科2年生は今、専門領域の実習に向けてオリエンテーションなどを受け本格的に始まる来年からの実習に向けて準備をしています。

2年生は、11月6日から22日まで一番初めの専門領域実習、老年看護学実習に行ってきました

DSCN1167

1グループ8~9人でそれぞれの病棟で実習を行いました
グループで協力し、老年期の特徴を考えた看護をみんな一生懸命考えていました
病棟での実習が終わって、学内時間には先生やグループメンバーに相談したり、情報共有したり、、
DSCN1168
患者さまに一番合った援助は何か、観察とは何か、、と考えています、、

最終日、、みんなほっとした表情、自分のこれからの課題も見えてきました

DSCN1164
今年も残すところあと少し
皆様、体調には気をつけてお過ごしください。




fukuokakango at 10:27コメント(0)
ギャラリー
  • 1科 3年課程 はちまき会
  • 1科 3年課程 はちまき会
  • 1科 3年課程 はちまき会
  • 第2科26回生 高齢者の日常生活動作を体験して
  • 第2科26回生 高齢者の日常生活動作を体験して
  • 第2科26回生 高齢者の日常生活動作を体験して
  • 第2科26回生 高齢者の日常生活動作を体験して
  • 第2科26回生 高齢者の日常生活動作を体験して
  • 第2科26回生 高齢者の日常生活動作を体験して