2018年04月27日

第2科 3年生(25回生)専門分野Ⅱ・統合分野実習 中間報告会

  第2科 3年生が専門分野Ⅱ・統合分野実習の中間報告会を
 行いました。
    実習で学んだことを中心に、グループで発表しました。
         DSCN0944

  「患者の1日のスケジュールを把握して援助計画を立案し、実施する
 ことが、患者の状態に沿った援助であることを改めて考えました。」
 「痛みを伴う処置は患者に説明し、納得してもらうことで治療をすすめて
 いけることを感じました。」
 「入院時から退院を見据えた継続的な看護の重要性に気付きました。」
「保健指導のパンフレットを作成しましたが、患者に渡せたのが
 退院日だったため、評価・考察ができませんでした。もっと早くから、
 取り掛かり評価まですべきでした。」などの意見が出ました。

           DSCN0938                  
   司会者のおかげで進行もスムーズでした。

           DSCN0956

 グループ運営については、「何でも言い合えるグループだった
 ので、学生同士で時間を調整して、患者を待たせずに援助
 することができました。」という意見がでました。

 今後の課題については、「国家試験を意識して後半の実習に
 臨んでいきたいです。」という意気込みも
 さすがは、3年生ですね。
           DSCN0952

 後半の実習では、学生ぞれぞれが更に研鑽を積んでほしいものです。
 

 

fukuokakango at 18:09│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ギャラリー
  • 3科(通信制) 学校説明会
  • 1科(3年課程)卒業生が来てくれました
  • 1科(3年課程)卒業生が来てくれました
  • 1科(3年課程) 卒業生が同窓会代議員会に来てくれました
  • 第2科 2年生(26回生) 母性看護学沐浴演習
  • 第2科 2年生(26回生) 母性看護学沐浴演習
  • 第2科 2年生(26回生) 母性看護学沐浴演習
  • 第2科 2年生(26回生) 母性看護学沐浴演習
  • 第2科 2年生(26回生) 母性看護学沐浴演習