2018年12月19日

第2科27回生 基礎看護学Ⅱ技術試験に向けて

1年生の基礎看護学Ⅱではフィジカルアセスメントを行う為に必要な身体所見の観察技術であるフィジカルイグザミネーションについて学びます
机上での知識をしっかり学習した上で演習に取り組みました

まずは
准看護学校時代に学習したバイタルサイン測定の手技を想起しながら、テキストを基に援助計画を1つ1つ確認しながら練習しました

DSCN2458

次に
授業で作成した解剖Tシャツを使用し肺や心臓などの位置を確認しながら胸郭の動きを触診しました

DSCN2460

こちらは胸部のシミュレーターを使用し、呼吸音が正常なのか異常なのかを考えました
学生同士で操作し、机上で学んだ順序で聴取し、異常呼吸音の性状を確認しました

DSCN2450

そして別のシミュレーターで瞳孔の確認をしています
正しい手技で正確に観察できているか、お互いで技術面の確認をしました

DSCN2160

学生皆で切磋琢磨しながら3回以上練習を行い、12月7日の技術試験は全員受験することができました
来年5月の基礎看護学実習を意識しながら今後も看護技術を高めていきます


fukuokakango at 10:10│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。