こんにちは。歯科衛生士の川上です。
だんだんと春に近づいてきましたね🌸
お出かけ日和ですがあまり外へ出られないのが残念です。

さて、今回はシーラントについてお話しします。
シーラントとは、小児によく行われる虫歯の予防処置です。
処置として、奥歯の溝をプラスチック樹脂の一種で埋めることになります。 主に生えて間もない6歳臼歯や奥歯に行います。🦷

メリットは、溝を埋めることによって食べカスやプラークが入って虫歯になってしまうことを防ぎます。
生えたばかりの永久歯は他の歯より低く磨きにくいことと、溝が深いのため虫歯になりやすいのです。

デメリットは、シーラントが外れてしまうことがあります。外れてしまうと溝が生まれてプラークが溜まりやすくなります。
ですので、定期予防処置に定期的に通っていただき外れていないかチェックすることが必要です。

また、シーラントをしたからと言って必ず虫歯にならないわけではありません。
仕上げ磨きや、正しい食生活は続けて気をつけていただきます。

メリットのほうが大きいのでぜひ、積極的に処置していきましょう🪥
保険の効く処置です。

気になることがあればスタッフへお尋ねください😄