こんにちは、院長の福岡真理(しんり)です

私の子供の頃(昭和40年代、50年代)はヒーロー 対 怪獣の特撮物やアニメが
毎日のようにテレビで放映されており、私はそれらを観て大きくなりました。

「マジンガーZ」や「ゲッターロボ」がとにかく大好きで
ロボットや怪獣の絵を毎日画いていたように思います。


この夏休み、映画「パシフィック・リム」を観てきました
巨大ロボット 対 怪獣のハリウッド映画です。

当然のごとく、私の家族は誰ひとり観たがりませんので私ひとりで観てまいりました。
(小2の息子を誘ったのですが、「全く興味なーい。僕ポケモンがいい~」とふられました。


怪獣に人類が滅ぼされようとしているのを、主人公が操縦する巨大ロボットが戦い
人類を救う映画です!
そう、ストーリーなんてみんな同じ。どうでもいい。
子供の頃ワクワクしてテレビを観ていた気分をもう一度味わうことができたのです。

とにかく怪獣がコワイ!
ビル群の中を巨大ロボットと怪獣が戦うシーンはなんてエキサイティング!!
これこそ我々、ロボットもんで育った中年の映画です!!

まだ観ていないオヤジは映画館へ急げー