福岡市は新型コロナウイルスの第2波に見舞われています。 当院でも、感染防止に全力を注力し、診療を継続しております。 しかし、睡眠クリニックの構造上、発熱などの患者さんを隔離して診察することはできません。 発熱・咳などの、新型コロナ肺炎の疑われる患者さんの診療は当院では無理です。どうぞ、その場合には、発熱外来などの他院を受診ください。
終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査:夜間睡眠検査)は、健康維持のために必要不可欠な患者さんに限り、行っています。 その場合でも、個室で、厳重な感染防止を図りながら、行っています。
 どうぞ、皆様も、感染防止に万全を尽くし、この難局を乗り切られるように祈ります。
                       ふくおか睡眠クリニック 院長 福留武朗

緊急事態宣言で、行動自粛が強く求められています。 医療機関は平常通りの業務が
求められていますが、2週間の間の受診を制限させていただきます。
 当期間の間も、職員は待機しており、電話対応などは普段どおりです。 また、
 緊急性のある方、当期間内に受診が必要な方 などは受付ます。
皆様も、くれぐれも感染しないようにご留意ください。
                                                    令和2年4月8日

新型コロナ肺炎の感染が広がっています。

外来受診時に 以下のご協力をお願いします。
 クリニック内ではマスクを着用ください。
   お持ちでない方には、手製の簡易マスク(紙製です)を差し上げます。
 アルコールでの手指消毒をお願いします。
   待合室にウェルパスを置いてあります。
 受診時間の分散をお願いしています。
   待合室が込み合わないように、予約時間の分散にご協力下さい。
   過渡的に、月・水曜日も外来を開けております。
     夜間睡眠検査が再開した場合には、月・水曜日の外来は閉じます。
換気を保つために、窓・ドアは開けております。

以上、ご協力をお願いします。

↑このページのトップヘ