1月26日、第2回となる能登半島地震にかかる福祉支援関係機関打ち合わせ会議が開催されました。
石川県の1次避難所と2次避難所の中間に位置する1.5避難所に派遣中のしがDWATの活動や、各団体の状況、今後の見通しなどについて話し合いました。
避難所には介護ケアを必要とする方が多くおられるとのこと。なかなか次の2次避難先への受入が進まない状況があるとのことでした。また、現地のスタッフの疲労もかなりのものだということでした。
さて、2月から滋賀県社会福祉士会として、本会会員がしがDWATのチーム員として現地入りの予定です。