08cb1ff7.jpg

620f2d11.jpg

今さら、このアイドルの魅力をブログに書くなど、なんら新鮮ではない。けど、書きたい。ここ最近、音楽を聴いてもワクワクする事なかった、36才のオヤジが久々に痛快な気分になったのだ。

女性がメタルをやると(これは俺の偏見かもしれないが)、SHO-YAの寺田恵子とか相川七瀬的なヤンキーテイストが混じってたのに、BABYMETALにはそういったテイストを全く感じられない。いかにもアイドル歌謡なポップなメロディ、コーラス、掛け声にザクザクとしたスラッシュメタルのギター、曲によってはプログレみたいな構成なのに難解にならない。メタル愛でメタルやってる感じではなく、メタル成分を確信犯的にスマートに楽曲にまぶしてる。

ジャンルの崩壊もここまで来たか。

俺みたいに90年代半ばから2000年代前半の音楽リスナーには、色々とジャンル壁があった(今思えば馬鹿馬鹿しいが)。

わかりやすい壁は、小室とかビーイングなどの流行り物VSロッキンオン系の音楽、パンクVSメタル、ハードロック(もっと言えば音楽雑誌だと「ロッキンオン」系VS「BURRRN」)とか。

が、その頃から崩壊は始まっていた。大雑把に言っちゃえば、ニューヨークハードコアなんて、パンクとスラッシュメタルのミックスだし、2000年代に登場したマーズヴォルタはメタリックなギターとプログレッシブな構成でありながら、実験的でアバンギャルド、新たなオルタナティブのあり方を提示したとように思う。

でJポップだと、アイドル歌謡のポップなメロディを隠れ蓑に、アイドル歌謡から脱線した音楽的な事をやるってのは、モーニング娘。の「LOVEマシーン」以降、つんくがやっていた(「ここにいるぜぇ」はスカコアだし、「通学列車」は音響系で好きだなぁ。まあモーニング娘。の「ベスト!モーニング娘。2」は結構音楽的だと思う)。

アニソンもそうだろう。「らき☆すた」、「けいおん」の主題歌も萌えキャラを隠れ蓑にアバンギャルドな曲をカマしていた(友人にアニメ好きがいるので知っているだけです。俺個人はアニヲタではありません)。

けど、それらのリスナー層は交流してない感じ、一方通行な感じを覚えた。

上記のハードコア、マーズヴォルタといったミュージシャンは、コアなリスナーのファンがついていただろうし、モー娘。はアイドルとして大衆を騒がせても、音楽面での評価をあまり聞いた事がないし、アニソンもまた、アニソン故にかなりファン層も限定されている様に思う。

で、このBABYMETALに期待したいのだ。大衆に愛されながらアバンギャルドな音楽をやり、コアなリスナーにも愛されるみたいなあり方を。

俺がこのアルバムで好きなのは、3曲目の「ギミチョコ」。作曲は、元THE MAD MARKETS、現AA=の上田剛士。曲調もマッドの後期から見られていたAメロ、Bメロはいかついハードコア、サビで突き抜けるポップなメロコア。マッドだったら、ハードコアな部分は雄々しいデス声、シャウトになる所をちょっと足らない感じで「あたたたたた ずっきゅん! わたたたた どっきゅん!」と、素っ頓狂でマヌケでヌルい感じで済ませてしまうのだ。しかし、そこが良い。で、サビは甘~いアイドル歌謡。で、歌メロに反して、間奏のギターはこれでもか、とメタルメタルしてる奇妙な同居っぷりがおもろい。

12曲目の「ヘドバンギャー!!」はCOALTAR OF THE DEEPERSのNARASAKIが作曲。嬉しいではないか!で、メロディー、歌詞はXの「紅」をモロに想紀させる。これまた嬉しいではないか!
13曲目の「イジメ、ダメ、ゼッタイ」も素晴らしい。タイトルからもわかるが社会的に正しいメッセージの歌詞、こんなメッセージを持った曲って下手すりゃクサくて聞けない、白々しい空想的平和主義者みたいになり兼ねないんだが、合間の間抜けな掛け声が良い意味で馬鹿馬鹿しく、サビメロは戦闘物のアニメの主題歌みたいな感じで巨悪に立ち向かうみたいな感じで、こういった社会的に正しいメッセージのある物に対してどこか嫌悪感を覚えてしまう俺でもかっちょいいとすら思えてしまうのだ。

上記の曲以外にもかっこいい曲があるし、メタルファンは勿論だが、ラウドミュージックが好きな人はハマると思う。


とりとめのない文章ですいません。文中、熱心なBABYMETALファンにとって不快な言い回しがあったらごめんなさい。



人気ブログランキングへ←よかったら、クリックして下さい。お願いします。