2009年11月

2009年11月16日

長靴を履いた女の子

理屈や常識では計りきれない生き物、『人』。

『人』は時には、予想もつかないような、行動に出ます。


98e074bd.jpg



この画像はですね、どういう角度から見ても解説、推測がなりたたない、そのような状態であると言えるでしょう。




【説、其の壱】

『忘れた。』






忘れるとすれば、雨が降っていて晴れた後に長靴が邪魔になり履き物を履き替えた事による例が1つ考えられますが、 ベンチに座って履き替えるならば長靴の向きは逆であるべきですし、立ったまま履き替えたとするならば、綺麗に揃い過ぎて居るわけです。

ベンチの下で片方脱いで足が汚れないようにベンチの上に上がったのならば、履き物を履くときに自然と長靴は目に入ります。


よって、履き替えてから忘れる説は信憑性が低いとされる。


そもそも、雨が止むのを見越したり、晴れ間で長靴を履きたくないような神経質な人は、そもそも長靴を忘れないでしょう。




【説、其の弐】

『自殺』






ベンチの背もたれから飛び降りて自殺をはかった。
これは、【説、其の壱】よりも信憑性は高いのですが、現実味にかけます。

自殺したい位に、考えが及んでしまう人ならば、ベンチの背もたれから飛び降りて自殺をはかろうとする事は無くは無いとは思います。

しかしながら、もしも自殺を実行したとして、命を落とせないので長靴を履いて帰ります。

もちろん、ベンチの背もたれから飛び降りて絶命しないとは言い切れませんが、ベンチの背もたれから飛び降りて、絶命する、ないし、重傷を負い救急車で運ばれてしまうような人は自分の力でベンチの背もたれから飛び降りれないのでこの説も有力では有りません。




【説、其の参】

『自殺に見せかけた他殺』






考えとしては面白いですが、自殺に見せかけた他殺を行えるような、勇気が有る人、自殺に見せかけた他殺を行えるような能力が有る人は、このような、何にも及ばないような事はしません。


もしも、その場で殺人を犯していたとして、さらにもしも、誰にも見られなかったとしたら、長靴を破棄します。

証拠を残して、捜査を撹乱するつもりの行為ならば、尚更、長靴を残さない方が良いです。



【説、其の四】

『拉致』






長靴を履き替えてる最中に車などで突然拉致された。

この説は状況からのみで考えると少し信憑性があります。

しかしながら、このベンチが有る通り商店街で人通りが沢山有りますので、 実質、拉致実行は真夜中か早朝ではないと実行不可能だと思います。


深夜に、雨が降ってたかどうこうよりも、深夜にわざわざ履き物の替えを持ち歩く人は、そうは居ません。
早朝にウォーキングをやる人は、雨ならやらないでしょうし、雨でもウォーキングするような意気込みが有る人はある程度歩きやすい靴で歩くはずです。
早朝にウォーキングやるし、雨でも行うし、換えの履き物を持つし、雨が止み履き替えるような人は、異常です。

よって不自然な推理となります。




【説、その伍】

『ダイイングメッセージ』
(亡くなっているとは限らないが)






何かの事件に巻き込まれた被害者のダイイングメッセージだとしたら、その緊迫し切迫詰まった状況で、しっかりと長靴が揃いすぎです。


自分の身に何か予期せぬ出来事が起きる気配を感じて、予めダイイングメッセージ的な物を残したならば、片付けられる可能性があるような事はしないはずです。

もっと言えば、なんのこじつけでもダイイングメッセージにはなり得ません。




【説、其の陸】

『やっぱり忘れた』


どのような状況であれ、ただただ忘れたのでしょう。



考えられないような間違いを犯すのも、また『人』であると。








雨の日の外出は、長靴を履けば快適だね!
大切な履き物も傷まないので、長靴を一つ持っておくのをお勧めします。
くれぐれもも、忘れないようにご用心を。

2009年11月15日

最近の与論島事情〜酒に恋焦がれて2009'〜

○JAのガソリンスタンドの電話の呼び鈴の大きさ



○ラーメン幻想の外の壁画を見た後の、どうしようもない気持ち。



○赤崎海岸付近に現れる足長おじさん。



○図書館に新しく出来た駐輪場の利便性の悪い作り。



○『ラビット』と言うメーカーのサンダルのオシャレさ。



○パチンコ屋スリーセブンの近くに繋がっている犬の吠えっぷり。


○川畑さんの自転車
(コースタル付近に出没、リアカー付き自転車)



○コンビニ、オーシャンの缶コーヒーの品揃えの良さ。



○酒屋フロントの弁当の美味さ。



○白いジープのあまりにアグレッシブな路上駐車。



○与論島は小学校四年生になると、自転車に乗って良い許可が得られるのですが、その新小学四年生達の自転車を買い与えて貰った4月のテンションの高さと無法っぷり。



○レストラン海岸通りのゴルゴ13の品揃え。



○女性郵便局員が全員シャツの裾を出している。



○少なくとも一台はセルシオが走ってる。



○僕の太り具合。

2009年11月04日

江戸時代から伝わる秘伝のタレって少しだけ、大丈夫か?って気持ちが湧きかけます。

死期をわざと悟らせてくれるような、木枯らしを感じながらわたくしは今までは安住の地だと想っていたあの場所を歩いている。

先ほどまで、最期にあんなにも行きたかったこの場所。
わたくしの中でそう想い描いていた、この場所は実はそうではなく死期が迫った己だからこそ本質が見え、今まで知っていた場所とは正反対の場所であった。


わたくしの芯を激しく揺さぶり、果てしない負の感情が込み上げ溢れ出てくる。








……











『次回、乞うご期待!』




【ベーグルのモチモチ感が忘れられなくて】最終回!!





と、言うわけで、


【僕の好きな唄ランキング】〜ふざけた唄編〜2009'初冬版






《10位》
スコーピオン
(電気グルーヴ)

何があっても大丈夫だよと言う気持ちになります。


《9位》
BEEF
(奥田民生)

与論島にピッタリの唄だと今気づきました。


《8位》
チェリー
(POLYSICS)

人の唄をよくもまぁ、ここまでに仕上げられます。


《7位》
聖☆おじさん
(電気グルーヴ×スチャダラパー)

おじさん達が真面目にふざけた作品。


《6位》
ジラフ
(マイナスターズ)

勉強にもなります。


《5位》
midnightついてない…
(super butter dog)

大人の唄。


《4位》
服部
(ユニコーン)

誰ですか?


《3位》
FUNKYウーロン茶
(super butter dog)

僕は水の方がいいです。


《2位》
ハム食べたい
(くるり)


ラブソングです。
「ハムtime」のフレーズが秀逸!


《1位》
KILLER POMATO
(電気グルーヴ)

中学生の頃から聴いてますが、何度聴いても笑いかけます。




《時点》
FUNKY労働者、ヒゲとボイン、ヘヘヘイ、かっこいいジャンパー、ガリガリ君、etc.…




こっちのランキングの方が僕の本質な気がしました。

2009年11月01日

手と手を取り合って、さぁ皆が皆でバラバラの方向へ進もう!手が痛くなるから。

本日はお日柄も良く、大変ご多忙、そして物凄くご多忙の中、そして足元が悪い中、足元だけではなく、臓器のどれか1つ位は多少は悪いであろう中、僕の日記を読むためにお集まりいただいて、誠にありがとうございます。



ひとえに「ありがとう」と申し上げてでもですね、これまで貴方達がですね、わたくし自身にして来たあらゆる暴言、暴挙、等々、些細な嫌がらせさえも含めましてですね、


わたくしは何一つ忘れてはいません!!



それをも踏まえましてですね、皆様に「ありがとう」を心より送りたいと思う次第であります。






【僕の好きな唄ランキング】〜2009年度改訂版〜


《10位》
The standard
(奥田民生)

《9位》
歌うたいのバラッド
(斉藤和義)

《8位》
僕らの音
(Mr.Children)

《7位》
男と女
(CHAGE&ASKA)

《6位》
さよならcolor
(super butter dog)

《5位》
月夜の散歩道
(エレファントカシマシ)

《4位》
Answer
(槙原敬之)

《3位》
うめぼし
(奥田民生ver.)

《2位》
そして僕は途方に暮れる
(ハナレグミ)

《1位》
ハローグッバイ
(くるり)






〈次点〉

「コーヒー」、「拝啓、ジョンレノン」、「依存症」、「想い出は夜汽車にのって」、「カレーの歌」、「東京」、「夏のスピード」、「Heaven's Kitchen」、「ダニー・ゴー」、「君との夜はいつも雨降り」、「すばらしい日々」etc.…





昨晩、寝付くまでこれを考えてました、福地大輔と申します。


本日の日記を以上にしまして、挨拶と変えさせていただきます。