2009年11月04日

江戸時代から伝わる秘伝のタレって少しだけ、大丈夫か?って気持ちが湧きかけます。

死期をわざと悟らせてくれるような、木枯らしを感じながらわたくしは今までは安住の地だと想っていたあの場所を歩いている。

先ほどまで、最期にあんなにも行きたかったこの場所。
わたくしの中でそう想い描いていた、この場所は実はそうではなく死期が迫った己だからこそ本質が見え、今まで知っていた場所とは正反対の場所であった。


わたくしの芯を激しく揺さぶり、果てしない負の感情が込み上げ溢れ出てくる。








……











『次回、乞うご期待!』




【ベーグルのモチモチ感が忘れられなくて】最終回!!





と、言うわけで、


【僕の好きな唄ランキング】〜ふざけた唄編〜2009'初冬版






《10位》
スコーピオン
(電気グルーヴ)

何があっても大丈夫だよと言う気持ちになります。


《9位》
BEEF
(奥田民生)

与論島にピッタリの唄だと今気づきました。


《8位》
チェリー
(POLYSICS)

人の唄をよくもまぁ、ここまでに仕上げられます。


《7位》
聖☆おじさん
(電気グルーヴ×スチャダラパー)

おじさん達が真面目にふざけた作品。


《6位》
ジラフ
(マイナスターズ)

勉強にもなります。


《5位》
midnightついてない…
(super butter dog)

大人の唄。


《4位》
服部
(ユニコーン)

誰ですか?


《3位》
FUNKYウーロン茶
(super butter dog)

僕は水の方がいいです。


《2位》
ハム食べたい
(くるり)


ラブソングです。
「ハムtime」のフレーズが秀逸!


《1位》
KILLER POMATO
(電気グルーヴ)

中学生の頃から聴いてますが、何度聴いても笑いかけます。




《時点》
FUNKY労働者、ヒゲとボイン、ヘヘヘイ、かっこいいジャンパー、ガリガリ君、etc.…




こっちのランキングの方が僕の本質な気がしました。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔