2011年06月16日

腹帯 必要性

腹帯 必要性

腹帯に関するマタニティや安産祈願の情報。戌の日の祝いとは5カ月目に入った最初の戌の日に腹帯を締めて妊婦と赤ちゃんの安産祈願をします。巻き方やさらし、種類、効果、犬印、必要性、神社(中山寺、寒川神社、水天宮)、ガードルなどを紹介します。

戌の日の祝いは「帯祝い」ともいい、一般的に妊娠5ヶ月目に入った最初の犬の日に、妊婦のおなかに腹帯(さらし布の帯のことで、岩田帯ともいいます)を巻く儀式の事を指します。その戌の日に子宝に恵まれたことに感謝し、また授かった赤ちゃんが健康に生まれてこられる様に祈祷をすると良いとされています。


腹帯は、お母さんの考え、産院の方針、ママ友達の影響などさまざまあると思います。腹帯を巻く理由には、【ママの体を冷やさないように守る】【大きなお腹と胎児を保護する】ことを目的にしていますので、必要に応じて付けたり外したりして構わないと思います。お母さんが楽で不便が無ければいいですよね。だった、お母さんのストレスは赤ちゃんへも影響しますしね。


あるアンケート調査によれば、76%に人が妊娠5ヶ月~7ヶ月目に腹帯を使用しているとの結果があります。気になるのは、使用しなかったという方は12%。締め付けられるからや、暑い、苦しい、つわりがきつくなった、上手く巻けない、産院ですすめられなかったなどの理由があがっています。


ぴったりフィットの腹帯


【腹帯】必要性の詳細については、上記ホームページをご参考下さい。


腹帯 人気 ランキング





fukutai_guide│腹帯