平成20年2月29日付日本経済新聞(西14版)社会面(´▽`)朝倉2号です。平成20年2月29日付の日本経済新聞社会面に、今年11月、久留米市で第3回B−1グランプリが開催されるという記事が掲載されました。以下新聞記事より抜粋。

福岡県久留米市は28日、「B級ご当地グルメの祭典」と銘打って全国各地の安価な人気料理が集結するイベント、第3回「B−1グランプリ」を11月1、2日に同市で開催すると発表した。市や商工会議所などでつくる実行委員会と、ご当地グルメで地域活性化を目指す「まちおこし団体連絡協議会」の共催。10万人以上の来場者を見込んでいる。
(中略)
久留米市の担当者は「久留米はやきとり、豚骨ラーメン、筑後うどんなど、B級グルメが盛んなまち。イベントを機に魅力を全国にPRしたい」としている。

久留米の焼き鳥といえば、やっぱ豚バラでしょ!このB−1グランプリについては「公開座談会 ご当地久''留米 大結束!」と題して、久留米のB級グルメ、豚骨ラーメンや焼き鳥と、周辺地域で生産される豚肉を結びつけるきっかけにできないか、とご提案しました。ホントに久留米でB−1グランプリが開催され、全国から10万人のお客さんがみえるのですから、この機会を逃す手はありません。

19年9月のやきとり日本一フェスタ久留米出身の新聞記者、野瀬特別編集員さんの「日経ネット新日本食奇行」によると、今回のテーマは「中心市街地の活性化と街中観光」。東町公園と三本松公園がB−1会場で、真ん中の六角堂広場が久留米の物産展やB−1関連イベント会場となるそうです。B−1会場に出店する地元久留米の焼き鳥に豚バラやはかた地どりを提供するもよし、六角堂広場で吉井町のいっ一とんやはかた一番どりをPRするもよし。せっかくこんな楽しそうなイベントがあるんだから何かやろ〜よ〜。

 B−1グランプリ http://b-1gp.cande.biz/ http://blog.livedoor.jp/b1grandprix/

 B級久”留米天国 http://b.kurume-yakitori.com/

 久留米やきとり学会 http://kurume-yakitori.com/main.html

 日経ネット新日本食奇行 http://weekend.nikkei.co.jp/kiko/

 久留米市役所 http://www.city.kurume.fukuoka.jp/